ビジネスコーチング
masa

こんにちは、MSインテグラル・デザイン研究所の斉木です。 これは、私のビジネスを飛躍させたコーチングプログラムに私の体験をオーバーラップしたものです。

これまで私のビジネス体験を通して、なぜビジネスで失敗してしまうのか等をおおまかに解説させていただきました。

ここからは主にビジネス改善の考え方やその方法についての概要を解説しましょう。

ビジネススクールや一般的な起業塾などで学ぶものとは全くと言っていいほど異なる考え方もありますが、逆にそれこそが5年というとても短いビジネスの平均寿命を越えてビジネスを継続できる秘訣だと思っていただけたら幸いです。

実際私も今のビジネスを始めてから、既に16年が経過しました。それまでの経営経験も含めるとすると延べ28年ということになります。

余計なことや思いを手放すことから始める

前回の投稿で説明したように特性を言語化すると同時に、これから自分がやろうとしているビジネスの構図を描いてみたんです。

それで、「なんだバカみたいじゃん!」って思ったんです。

これまで求めてきたノウハウを自分が習得する必要はないということに気がついたんです。

皆さんは既にビジネスをはじめてるわけですから、その構図はもっとリアリティなものになるはずです。

それでその構図にあなたの名前がたくさん見当たるようでしたら、まことに残ですが、ビジネスの成功ではなく、失敗の道を歩いていることになります。

ビジネスプランとしてはまったく意味を成さないからです。

あなたの時間をただ奪っていくだけで、成果につながらないことを延々とやり続けても意味がありません。

間違ったやり方に従っている

これは間違ったやり方に従っているからです。

ですから、更に多くの方法を学んでもあなたの目標は達成されません。

うまくいきそうな方法を探せば探すほど本線から外れていきます。

  • 既に頭の中に情報がいっぱいで整理しきれないでいる
  • そこに更に詰め込もうとしている

それって自殺行為です。

自分で自分の首を絞めています。

私はラッキーでした。

既に知っていたはず

すでに経験を持っていたからです。

上手く行く方法が経験の中にあることに気がつくことができたからです。

一番自分が得意でやらなければならないことに仕事を絞る。

無制限に方法があるかのようなイミテーションの世界の中で、

  • 必要なことをチョイス
  • 要素を見出す

それがどれだけ自分のビジネスにプラスしていける可能性があるのかを考えてみるといいです。

世の中にはあなたがビジネスで成功できるように作られたものよりも、

「ビジネスをするために作られた商材」のほうが圧倒的に多いんです。

だから、一番自分が得意でやらなければならないことに仕事を絞ればいい。

そういうことに私は気がついたんです。

労働時間を半分以下にして収益性を向上させる。

そんな思考でビジネスを再構築しだしたら、仕事の時間が半分になったんです。

しかも、そうすることで逆に収益が30%強上昇しました。

そして更に、その状態がその後12年間継続しました。

(2年近く病気をしてため途切れましたが、また復活しはじめました。)

もちろんその時はこれほど長い期間継続できるなんて思ってもいませんでした。

やり方をもとに戻した

そのために、なにも特別な方法をとったわけではありませんでした。

ただ上手くいっている時のやり方に戻しただけです。

それで、その方法をクライアントさん達にも使い始めたら、どんどん成果が上がっていったんです。

クライアントさんの業績が2倍3倍になっていったんです。

まず、やらないことを見極め、それをやめてもらった。

とりあえず最初のうちはそれだけでした。

インターネットは凄い

また、ネットを使用し始めてから、海外在住の方を始め、たくさんの方と知り合うことが出来ました。

それまで(2004年)ネットのことは全くわからなかったので、ホームページすらありませんでした。

ところがネットをはじめて半年を過ぎた頃からポツポツと依頼が来はじめ、著名な方たちにもクライアントになっていただけました。

取材、執筆、出版のお話もたくさんいただくようになりましたが、スケジュールが合わず、すべてお断りしました。

こんなことはネットを活用する前はありえなかったことです。

これがインターネットの素晴らしさなんです。

  • 以前は距離感というのが、だれとビジネスするかの決定要素
  • インターネットによって、それが関連性にとって変わった

例えば、はじめて試みた通販ビジネスで、2年の間に約1300件強の契約ができました。

そして、10年以上もその収入が発生し続けています。(2017年の今も)

しかも、3年目以降からはランニングコストはかかっていません。

これはネットビジネスだから可能なことです。

距離ではなく関係性がポイント

現在は距離の近さではなく、私に解決策を提供してくれる人は誰なのか?

ということで判断され、距離感ではあまり判断されません。

ですから、その関係性に付加価値を与えなければならないんです。

  • 「あなたの独自の価値は何か?」
  • 「あなたの独自の売りは何か?」

そしてそのメッセージを伝えることであなたは成功できる。

ではそれをどういうステップを踏んで実現していくか?

そのことについてはあとからお話しますが、ちょっとこのことを強調したくなったんです。

多くの起業家が忘れていること

なぜなら、このことを多くの人が忘れてるからです。

  • 「求められていることは何か?」
  • 「自分だけにしかできない貢献はなにか?」
  • 「自分が今やらなければならないことはなにか?」

ということを忘れてしまい、その肝心要の部分を委託してしまうんです。

そうすると他の人も当然そういうことを委託してますから、あなたの競争優位性は当然なくなります。

なぜ、ツールを買えば買うほど苦戦するのか?

インターネットはうまく活用できれば、とても素晴らしいツールです。

一方で、安易に情報収集できるようになったことによって、効果のない誘惑に絡め獲られる機会が激増したことも確かです。

そして、この仕組みづくりに長けている人達は、あなに今までどおりでいて欲しいとおもっています。

なぜなら、その方が売りやすいからです。

彼らは、知っているのです。

ビジネスがずっと改善しないことを・・・

苦戦してしまう人とそうでない起業家の違い。

願望追求型の人には「このツールでお金が簡単に稼げる」とメッセージすれば楽に絡めとれるのです。

しかし、ビジネスの構造を俯瞰している人に対してその方法は絶対に通用しません。

「お金が簡単に稼げるツール」など、どこにも存在しないことを知っているからです。

また、得意分野のゾーンを持っているので、それ以外のオファーには反応を示さないのです。

そうするとビジネスの構造を俯瞰している人が欲しがるモデルというのは、非常に限定されてきます。

ですから、そこにまた何かを売るということは、非常に困難なわけです。

だから、あなたにはそのツールで溢れた状態、多くのノウハウを求める人のままでいて欲しいということになるんです。

ポテンシャルを完全に使用できない状態のまま、また新たなポテンシャルを求めてほしいと願っています。

彼らは、あなたに今まで通り願望を追求する人のままでいてくれることを祈っているのです。

あなたが今日からやるべきこと

あなたが今から始めなければいけないこと、それは・・・・・

メッセージをあけてみて、これが本当に自分のビジネスに必要なのか、ということを見極めなければならないということです。

わからなかったら、クライアントさんに必要かどうか聞いてみたらいいです。

下手をするとあなたが得ている成功例が本人そのものの伝記ではなく、セールスセミナーからだったり、セールスレターからだったりします。

ですから、本人がどうやって苦難を乗り越えてきたかが抜けているのです。

  • それは本物の情報じゃない
  • 本物の情報とはまったく別物
  • 肝心なところが抜け落ちた情報

そうしたものばかり観ていると、それに絡め取られて自覚のないままそうした思考になってしまうのです。

したがって、現状から目標地点まで行くために魔法のようなアイテムが必要になってくるわけです。

唯一の解決策はビジネスをすること

あなたの目指す目的地に到達するためには、実のところビジネスをする以外方法はありません。

  • あなたは、ビジネスというものをどのように解釈しているでしょうか。
  • あなたのビジネスに関する知識はどこから発生してるでしょうか。

実は、このことがわかっていない人がほとんどなのです。だからうまくいかないのです。

  • あなたのビジネスの知識が何処から来ているのか。
  • ビジネスについて知っていることは何ですか。
  • ビジネスに対するあなたの信念はどこから発生したのか。
  • あなたにとって、経営するというのは、どういう意味なのか。
  • 人生経験はあなたに何を教えてくれたか。

ほとんどの起業家は、ビジネスそのものを理解出来ないでいる。

ほとんどの起業家は、実際はビジネスについて知っているだけであって、ビジネスについては何も理解出来ていません。

これは「理解とはなにか?」

という「問」にも関連してきます。

理解とは、やり方がわかっていて(できる)、かつ、その対象の意味・内容がわかっていることです。

つまり、わかる×できるの重なる部分が理解の領域です。

あることについて高い知識をもっていたとしても、それを実益のため適切に活用することが出来なければ、その知識はビジネスとはかけ離れたものになります。

90%以上の人がビジネスを勘違いしている

あなたもどこかで聞いたことがあると思います。

  • 5年後にはビジネスの80%が消滅する。
  • そのまた5年後にはその80%が消えてなくなる。

つまり最初の10年で96%のビジネスが消滅しています。

もっとシビアな言い方をすれば、

  • 今日スタートしたビジネスが、90%の割合で消えてなくなる

これはビジネスの常識というものを鵜呑みにしているからです。

それが正しいやり方だとしたら、このような結果にはならないはずです。

ビジネスに関するスキルと知識が不足している

失敗するビジネスのうち90%は、事業主のスキルと知識不足が原因。(Dunn and Bradstreet)

ビジネスの失敗要因の70%は、事業主が弱みを認識していない、または、弱みを無視して助けを求めない(SCOR&U.S.Bank)

ですからビジネスについて知っていることと、実際に理解していることとは大きな乖離(かいり)があります。

これらのことからどういうことが言えるかというと・・・・・・

  1. やり方がわからないために失敗している。
  2. 弱みをカバーできないために失敗している。

したがって、創業当初の目的とは真逆の悲惨な結果になっています。

ではなぜ、このような悲劇を招いてしまうのでしょうか?

適切なステップを踏んでいない

適切なやり方で訓練してないからです。

弁護士は弁護士らしく考え、医者は医者らしく考え、その専門的な知識や経験を得ていくプロセスがあります。

ですから起業家にも起業家らしく考え、その知識や経験を得ていくプロセスがあるのです。

それは世間一般のビジネスの常識ではありません。

そしてそれは、自然には身に付きません。

最近、6000人受講してそのうち800人が起業した、と豪語しているビジネススクールのPRを見かけました。

受講生のうち起業したのは13%強、これをどう解釈するかはあなたの自由ですが、私からしたら考えられないくらい低い確率です。

このうち10年後も残っている企業がいくつあるかはわかりませんが、ほとんど消滅しているでしょう。

商才に点をつけてみる

今行っているビジネスをあなたの実績に基づいて点数をつけてみてください。

あなたのビジネスの実績を商才に換算するということです。

1点:多くを学んだけれども実行が伴わず、全く儲かっていない。

あなたが今もっている知識ではなく、あなたの現在の業績によって判断しください。

今の業績というものをビジネスのバロメーターにしてください。

知っていることや知識ではありません。

5点:既に儲かっていて勢いも付いている。そして周りからの助けもある。

しかし、利益を生んでいるのはあなた自身であり、あなたが仕事を辞めてしまったとしたら、キャッシュフローが止まる。

8点:ビジネスは成長しているがあなたがず~と働いている状態。

稼いでいるけれども、休暇は週に2回程度。

10点:あなたがいなかったとしてもビジネスが成り立っている。

金銭的にとても自由。時間的も自由自在に使える。

あなたのビジネスが今何点かというのを判断してみてください。

1点、2点、3点でしょか?

それとも5点でしょうか?

  • ビジネスで成功するためには何点にならなければいけないのか。
  • 何点じゃないと成功しているとはいえないのか。

ということも同時に考えてみてください。

それが、あなたのビジネスに対する知識と、目標との間にあるギャップです。

そのギャップを埋めるまでは、あなたが自ら掲げた目標に到達することはできないということになります。

信念が邪魔をしている

目標達成の妨げになっている信念があります。

ビジネススキルについて解説する前に、そのことが理解できていないとスキルが身につきませんので、それを先にお話させていただきます。

今から言うような信念があなたの中にあるとすると非常に問題になります。

それは、多くの起業家が持っていて妨げになっている信念です。

あなた自身の行動とあなたのビジネスを抑制し続けている信念です。

  1. 自信がない、頭が良くない。
  2. お金を稼いでからビジネスをはじめる。
  3. ビジネスの構築には時間が必要だ。
  4. 資金的な余裕がないからビジネスを始められない。
  5. 忙しくてビジネスをやる時間がない。
  6. 市場をセグメントして、ブログをはじめ、リストを集めてからビジネスを始める。
  7. チャンスが巡ってきたら起業する。
  8. 正しい戦術がわかれば成功できる。

もし上記のような誤った信念をあなたが持っているとしたら、今すぐにその信念を捨て去ってください。

すべて根拠の無い信念です。

ビジネスを始める自信がない、頭が良くない。

ビジネスを始めることは誰でも可能です。

先ほどの商才点数でいえば、、、、

0点近い人がビジネスを始めるのを助けたことがあります。

その人はうまくいきました。

学校で勉強がダメだった人がビジネスで成功しているのをあなたも知っていますよね。

ビジネスで成功するために頭の善し悪しは関係ありません。

ただビジネスにフォーカスして効果のあるプランを実行するだけです。

お金を稼いでからビジネスを始める。

最初にお金を集めてから起業する。

その考え方こそ、うまくいかない典型的な考え方です。

でもこれは皆がしっているビジネスの常識の一つです。

本当はお金が必要だからビジネスする必要があるのに・・・です。

お金があってもビジネスは始められません。

  • お金があるからということでビジネスを始める。
  • それを全部自分でやってしまう。

そうすると、ビジネスで成功することはできません。

先程の失敗した96%の仲間に入ることになります。

お金を稼ぐより、ビジネスを構築することの方が先です。

ビジネスの構築には時間が必要だ。

ビジネスの構築には時間はかかりません。

ビジネスを構築するのに多くの時間を割く必要はありません。

  • どんなリソースを持っているのか。(なくても問題ない)
  • どんな計画があるのか。
  • なにに情熱を感じるのか。
  • どんな強みを持っているのか。

これらのことがハッキリしていれば、ビジネスの構築は容易です。

因みに私が最初の起業で要した期間は16日でした。

税理士を探すのと製造元を確保する時間が必要だったからです。

何か自分に足らないものがあって、それを補ってからからでないとビジネスが始まらない。

そんな風にビジネスを勘違いしているから時が気になるのです。

リソースを揃える資金的な余裕がないからビジネスを始められない。

どこの誰にそのような馬鹿げた話を吹きこまれたのでしょうか?

ビジネスを始めるのに何の支障もありません。

因みに私は、3度の起業とも自分のお金は一銭も使っていません。

というよりも、お金が無かったので出しようがありませんでした。

確かにあれば助かりますが、お金の量の分だけ智慧を抑制することになります。

これはトヨタ自動車のマネジメントでも立証されていることです。

お金の量が多いと知恵がでてきません。

お金の量と知恵は反比例の関係にあるのです。

ですからビジネスがある程度回ってから色々手配すればいいのです。

私からしたら、ごく当たり前のスタートアップ方法です。

忙しくてビジネスをやる時間がない。

こういった表現をする人が本当にたくさんいます。

彼らは、ビジネスというものを勘違いしています。

ビジネスを試みることで、仕事にフォーカスする習慣が身につきます。

常に生産性を考えるようになり、タスク能力が向上します。

なぜなら、より得意なことにフォー カスするようになっていくからです。

副業でもいいからはじめてみたらいいです。

私の言っていることが納得できるはずです。

それに私の知る成功者たちの労働時間は非常に短いです。

5日といったところが平均値でしょうか。(コンテンツ系ビジネス)

月刊の実働日数が・・・です。

もっとも、規模が大きくなってくれば話は別でしょう。

市場をセグメントし、ブログをはじめ、リストを集めてからビジネスを始める。

これは、いつまでたってもビジネスがスタートできないパターンです。

マーケティング商材の漁りすぎ、或いはその類のセミナーや講座に入り浸った結果、このような考え方になります。

  • ニッチ市場
  • リスト
  • ブログ
  • メルマガ
  • Facebook
  • Twitter
  • アフィリエイト
  • セミナー
  • ローンチ

確かに、これらは全てビジネスを成功させるための要素です。

しかし、ビジネスそのものではありません。

ビジネスを始めるかどうかは、

「きちっとしたビジネスが存在しているかどうか」と云う観点から判断しなければいけません。

つまり、それが「確実に売れる」かどうかだけです。

先ほどの本やセミナー或いは講座等が何を目的としているのか?

そのビジネスの全体構造を考えてみてください。

いったい誰のためのものなのか?

チャンスが巡ってきたらビジネスをはじめる

ビジネスを考えていて始められない人、ビジネスになってない人は、全てこのパラダイムに自覚のないまま絡め取られています。

ただ待っていても誰もチャンスを与えてくれません。

チャンスは自ら作り出すものだからです。

きちっとしたビジネス(売れる)があって、オファーが発信できなければ何も起きません。

  • 始めるビジネスが明確
  • 使う利益モデルが明確
  • ビジネスを正しく理解している

上記の3つが揃っていれば、チャンスをつくりだすことができます。

正しい戦術がわかればうまくいく

正しい戦術がわかったところで、それがビジネスのクオリティーそのものを超えることはありません。

中には非常に効果のある戦術もありますが、それは、しっかりしたビジネスデザインがなければ作動しません。

すなわち、優れたビジネスモデルを真似てもそれを網羅する構造(戦略)が構築できていなければ無意味です。

例えば、WEBサイトを持っていても、そのサイトを取り巻くメディアが構築ができていなければ意味がありません。

これらビジネスの構造に対する無知が、ビジネスで失敗する人の原因です。

このような信念を持ってる限り成功できません。

なぜならビジネスに対して間違った信念を持っていることが原因で、仕事を追いかけるだけになってしまうからです。

しかし、ビジネスを構造的に捉えている俯瞰型の人にはこうした信念がありません。

ですから、正しいプロセスでビジネスを成長させていくことができるのです。

まとめ▼

多くの起業家はビジネスの出発点を間違えている。

ビジネスの本来の目的を見失っている。

間違った信念への執着によって、どんどん身動きが取れなくなっている。

ビジネスで用いるツールをビジネスそのものだと勘違いしている。

そうした商材に絡め取られ続けている。

ビジネスの唯一の解決方法はビジネスをすること以外ない、というところから今一度想起していって欲しい。

スタート地点がズレていたら、いつまでたってもゴールは見えてこない。

次回は「ビジネスの次元を変えるマインドセット、頑張ることをやめてマネーゲームに勝つ方法」です。

ではまた。

初回カウンセリング

何も準備していただく必要はありません。

お気軽にお申し込みください。

※即日のご対応はいたしかねますので、ご予約の際は7日程の余裕をもってご予約くださいますようお願い申し上げます。