ビジネス成功のカギ
masa

こんにちは、MSインテグラル・デザイン研究所の斉木です。このコンテンツは私のビジネスを飛躍させたコーチングプログラムに私の経験をオーバーラップさせたものです。

前回の投稿「3%以下の市場を取り合うことから離れて97%の市場に目を向けてみる 」では従来のマーケティングと邪道マーケティングの違いやそのスキルなどについいて解説しました。

今回はビジネス成功のカギとなる測定基準やプロセスマップ、プロジェクトマネジメントなどについて解説します。

測定基準を設ける

今行っている事が数値化されていないとしたならば、漠然としていて再現性のない偶然発生した現象でしかなくなるなります。

  • 測定できないものは管理も拡大も改善もできまない。
  • 測定基準の前提には、ビジネスの目的が必要。

測定基準の上位概念目標は、

あなたの人生における目標を達成するために、事業がどんな役割を果たすのか、という視点から物事を捉えていくものでなくてはなりません。

そして、この上位概念は一緒に仕事をする人達や取引先へのメッセージの役割を果たします。

ですから、”分かりやすい”ということが重要です。

そして、その上位概念目標は、

  • 人生や事業における測定基準を集めたもの
  • なおかつ達成度を計れるもの

でなければなりません。

お金の測定基準

お金と云っても金勘定のことではありません。

売上でも弱いです。

重要度の高いほうから税引き後利益、経営利益、売上総利益、つまり利益目標です。

もっと簡潔に云えばビジネスを行う本来の目的は自分がいくらお金をもらえるのかです。

従業員に払うお金でも取引先に支払うお金の量でもありません。

  • 質の高いお金をどれだけ自分がもらえるか

実存的に云うと「自分の生き方を全うするには、どれくらいのお金が必要だろうか?」

という言い方になるでしょうか。

したがって、自分の生き方を全うするのに必要なお金を見積もって確保することが最優先です。

それがビジネスをする目的です。

ビジネス価値の測定基準

そのビジネスが上位概念基準、つまり人生の目標を全うするだけの十分 なお金を稼ぐことができるか?

その答えが、もしノーならば、いくら面白そうなビジネスであっても諦めた方がいいです。

なぜなら、ビジネスは人生の目標を達成するために行うものだからです。

ビジネスは人生の目的・目標を達成するためのツールであって、あなたの欲求を満たすためのものではないのです。

ですから、重要な基準が満たされる可能性が薄いのであれば、違うビジネスを探す必要があります。

例えば・・・・「そのビジネスは多くの人が抱えている不満を解消できるものか?」

  • どのようなビジネスを目指すべきか
  • 理想の顧客は誰なのか

ということになります。

あなたの仕事はなんですか?

この質問に対して商品内容やサービス内容、職種を答える人が95%です。

その価値について明確に回答できる人はほとんどいません。

この問いに対してあなたが提供するものの価値を明確に回答できないとしたら、業績は今一パッとしないはずです。

因みに私の場合は「所得と余暇を短期間で3倍以上にする仕組みづくりのサポート」

あるいは「高収益化で、集客が不要になるビジネスモデルを3ヶ月で構築するサポート」ということになります。

上記の約束を果たすためには、

  • 管理基準
  • 営業基準
  • 業務基準
  • 顧客基準

などの測定基準の設定も必要になってきます。

多くの起業家の悩みは、ビジネスのどの部分を変えればいいか判らない。

何を変えればいいか判らないというところにあります。

その原因は測定基準を持っていないことにあります。

プロセスマップを作成する

ビジネスを自動的に改善して成長させるためのにはシステムが必要です。

そのシステムを構築することにおいてプロセスの管理はとても重要な要素になります。

やっていることをプロセスとして説明できないのならあなたは何をしているのか分かってない。

これはエドワード・デミングの言葉です。

このことを人に伝えるのに一番簡単な方法は、プロセスマップです。

例えば、

  • 始まりと終わり
  • アクション
  • 決定
  • 流れの形

を作ります。

この4つのサインでプロセスを簡単に俯瞰することが出来るようになります。

例えば、

  1. 市場を選ぶのは私の仕事
  2. その市場に対して5つのアクションをスタッフが選択
  3. それをまた私が1つ決定して、それをスタッフに実行してもらう。

なぜプロセスマップが必要なのかというと、プロセスマップによってものごとが最適化されていないことに気付くからなんです。

プロセスマップを作ることによって今ビジネスに何が起こっているか?

そしてこの先どのように進んでいくのか?

そのことを俯瞰できるようになるので、そこからまた新たなお金の流れを創造するチャンスが生み出されるのです。

プロセスマップ

「小さな仕事に分けてしまえば、何事も特に難しいことはない」-ヘンリー・フォード

プロジェクトマネジメント

ビジネスにおいてプロジェクト完了までのスピードを最速化し、利益を最大化させるためにはマネジメントが必要です。

あらゆる起業家にとってプロジェクトマネジメントは重要なスキルです。

しかし、ここで問題なのはプロジェクトマネジメントが何たるかを知らないまま素人感覚で実行してしまっているということです。

どういうことかというと、十分な訓練をしていないので、返って生産性を低下させてしまっているという事態に陥っているのです。

参考事例▼

例えば・・・・

仮にA,B,Cという3つのプロジェクトがあり、それぞれ完成するまでに3週間を要すると仮定します。

多くの起業家はこれを同時進行で行ってしまっているケースが非常に多いです。

つまり、プロジェクトがプロジェクトの足かせになってビジネスを滞らせている状態になっています。

ABC、ABC、ABCというパターン、これはプロジェクトマネジメントではありません。

このやり方だとABCABCA、となりAが完了すまでに7週間が経過していることになります。

賞味期限が9週間とするとお金が稼げる期間は2週間しかない計算になります。

次のBプロジェクトが完成するのはその一ヵ月後、つまりお金が稼げる期間は1週間です。

AB両プロジェクトの収益期間の合計は3週間ということになります。

ビジネスにおいて、プロジェクトの目的はなんでしょうか?

効率よく利益を得ることです。

したがって、生産性を向上させて収益を最大化することがプロジェクト化する目的です。

この方法だとプロジェクトが追加される毎に収益期間が短くなり、生産性は悪化していきます。

こうしたらどうでしょうか?

例えば・・・・

AAA、BBB、CCC

このプロジェクトの方法だとAが完成するのが3週間後で収益期間は6週間。

Bが完成するのがその3週間後で収益期間は3週間になります。

AB両プロジェクトの収益期間の合計は9週間になり、生産性が3倍向上します。

このシミュレーションでおわかりのように、1つのプロジェクトを完成させないまま、新しいプロジェクトを始めるのは、自分で自分の首をしめているのと同じことなのです。

多くの起業家はこのことすら気付いていません。

つまり、成果につながらない余計な問題が増えるということです。

  • なんで仕事が思うように進まないんだろう?
  • なんでなかなか成果に繋がらないんだろう?

そこには、間違ったカタチが存在しているということです。

生産性を倍増させる

実際、あなた1人ではビジネスは上手く生きません。

  • ビジネスで成功を収めるには、学ぶこと、やることが多すぎる。
  • たくさんの要素があって、それらを網羅できないとビジネスにならない。

そのことがわかっているので、ほとんどの起業家は、いろいろなことを学んだり、実行したりしています。

実はその行為によって、ビジネスの障害を自ら作り出してしまっているのです。

例えば、

  • 結果的に数分しか使わないものを何時間もかけて学んでないでしょうか?
  • 1回しか使わないかもしれないものに時間を使ってないでしょうか?
  • 下手をすると全く使わないものに時間を投資してないでしょうか?

これらのことは、ビジネスには必要ないことです。

だから、そこに時間を投資してはいけないのです。

  • ビジネスにマイナスになることを7割
  • プラスになることを2割

それが今の現状を生みだしています。

それでビジネスをやっている気になってしまっているのです。

つまり、感覚が麻痺した状態でビジネスを続けているのです。

一度しかやらないこと、数回しかやらないようなことは、誰かにやってもらったらいいのです。

ですから、何かをやる前に自分がやるべきことを慎重に選択する必要があります。

アウトソーシングすることは簡単でとても安価です。

しかし、ほとんどの人はアウトソーシングしようとしません。

アウトソーシングに対してネガティブなイメージがあるからです。

まずそのネガティブなイメージを改めてください。

起業家は、自分が得意なこと、やらなければならないことだけに、フォーカスすればいいのです。

一日は24時間しかありません。

私は時間は可能性だと解釈しています。

睡眠が8時間で仕事が8時間だとすると残りは8時間です。

この8時間をあなたはどのようなことに使っているでしょうか?

どうでもいいような非生産的なことにですか?

意義のある生産的なことにですか?

それとも極めて生産的なことにですか?

もし、生産性の低いことにあなたの時間を割り当てているとしたら、それはあなたの可能性を潰していることになります。

最初は小さいものから外注してみたらどうでしょうか?

自動化するために投資するのもいいでしょう。

非生産的なことは今直ぐやめましょう。

それを楽しんでやれるか?

得意な事に集中すればするほど稼げるようになります。

私はIT開発の技術についてほとんど知りません。

知る必要性がないからです。

それは誰かがやってくれることであって、私がやることではないからです。

実際大概のことは誰かが既に開発してくれているので、私が開発する必要がありません。

大きな利益は、より生産性の高いことにフォーカスする事によって生まれます。

逆に多くのことを自分でやろうとすればするほど、利益は逃げていきます。

自分のやっていることが上手く行かなくて、ストレスを抱えている人も中にはいると思います。

そんな時は是非、自分に問いかけてみてください。

  • 自分の強みはなんだろうか?
  • 自分のスイートスポットはなんだろうか?
  • 自分は生産性の高いことに毎日どれだけ時間を使えているだろうか?
  • それは今自分がやるべきことだろうか?

「自分がどういう者であるか理解したい人は、次のような問いを自分に向け、真摯に答えてみればいい。これまでに自分が真実に愛したものは何であったか?自分の魂を高みにあげたものが何であったか?何が自分の心を満たし喜ばせたか?これまでにどういうものに自分は夢中になったか?これらの問いに答えたとき、自分の本質が明らかになるだろう。それがあなた自信だ」-ショーペンハウアー

アウトソーシングを試みる時の注意点を1つご紹介しておきます。

  • アウトソーシングはプライスだけで決めてはいけない。
  • ビジネスは「安さ」ではない。

起業家が基準にすべきことは、プライスではなく生産性だからです。

  • プライスより、関係性、生産性、クオリティーを重視

ビジネスを成功させるために大切なもの、それは、、、、

お金ではなく信頼と時間(可能性)です。

あなたのビジネスは現在何点ですか?

自分のビジネスを評価してみてください。

例えば、、

  • ビジネスについてどの程度理解できてますか?
  • ビジネスを成長させるためのスキルは身についているでしょうか?
  • 時間の使い方については何点くらいですか?
  • ビジネスについてどれくらいの洞察力がありますか?

もしその点数が低かったとしたら、改善しないといけません。

今まで知らなかったことを謙虚に受け入れ、今あなたがやらなければならないことを実行して欲しいのです。

それが、あなたがビジネスで成功するために必要なことです。

そして、どうやってこれから点数を上げていくのか、そこに集中してください。

あなたがビジネスで成功したいのであれば、選択の余地はありません。

点数を上げていく以外、方法がないのです。

真剣にこの点数を上げていきたいという方のために、私の個人プログラムについてお話します。

なぜなら、それが私の専門分野だからです。

「デザイン思考によって人生を変革する」

それが私が追求し続けてきたことだからです。

私の強みは、

  • デザイン思考法によって、願望追求思考型の人を構造俯瞰思考型に変えていくことです。
  • そのプログラムに基づいて、半分の時間、4分の1の時間、10分の1の時間で目的地まで到達できるようにサポートします。

いずれにせよ、私が今まで解説してきたことについて、どのくらいの時間をかけるのか。

あなたがビジネスで成功したいのであれば、そのことを今決めなければなりません。

それは、あなた自身が実行していかなければならないことだからです。

私と一緒にやれば、もっと早く確実に到達できるというだけのことです。

ですから、今、決断してください。

あなたは決断しなければなりません。

もしあなたが私がこれまで解説してきたことを信じるのであれば、ここに2つの選択肢があります。

これを自分でやるか、それとも私と一緒にやるか?

私を信じてくれるなら話は簡単です。

決めなければならないのは、私と一緒にいつから始めるかだけですから。

そして、お話したことは全て私の経験に基づいたことです。

私も何か特別なノウハウが何処かにあればいいなと思った時期もありました。

しかし、そんなものは実際にはありませんでした。

あなたが成功するために学ばなければならないこと、やらなければならないことがあります。

ですから、本当にあなた次第です。

  • 何かツールを買う
  • ソフトウエアを買う
  • 商材を手に入れる

これらを手にしたからと言って成功できるわけではありません。

やるべきことをことをやらなければいけないのです。

何を手に入れるか、何を学ぶか、それはビジネスの成功とほとんど関係ありません。

厳しい言い方かもしれませんが、ビジネスの世界では、誰が手に入れるか、誰がまなぶかです。

そのためには、それを実行するための正しいガイダンスが必要です。

私が信じているのはこれまで解説してきた多くの知識、このサイトを構成している知識です。

それよりも確かなことは、私の経験と実績です。

それを深く理解する事が、本当の意味での利益保証だと私は信じています。

なぜなら、あなたが今からやらなければならないことが明確になって、

何をしてはいけないか、ということもはっきり分かるようになるからです。

  • ビジネスがどのように始まってどのように成長するのか
  • それを深く理解することが最強のスキル

であることを身を持って体験してきたからです。

今あなたのビジネスが好調だろうが、苦難の道をさ迷っていようが、そんなことは全く関係ありません。

今どんな状態だろうと全く関係ないんです。

だだ、今必要な事をやる。

そしてビジネスを成長させていくということだけです。

このプログラムは1対1でセッションしていきます。

そしてステップバイステップ方式になっています。

ですから最初からず~と1つずつ一緒にやっていきます。

出す課題はあなたのビジネスをどんどん前に進めるものです。

仕事をやっていただく中でどんどんビジネスが成長していきます。

そのために9つのステップがあります。

まとめ▼

ビジネスが苦しい。起業家になりきれてない。ビジネスについて理解していない。

成功している起業家は、常にビジネスの本質的なことにフォーカスし、自分のスキルを正しい方法に従って成長させ続けていくことに心を砕く。

ビジネスをどのようにして成長させていくのかを知らない。

本物の起業家は、ビジネスを成長させるための手順を知っているて、やりかたもわかっている。

あらゆるビジネスの方法を知ろうとする。そして習得することに膨大な時間だけを使う。

特徴、強みが利益を最大化させるということを熟知している。強みからスタートさせる。そして、その強みを強化することに出来る限り時間を投資する。

不利な土俵、他人が有利な土俵で戦おうとしている。

スイートスポットを作り上げ、優位性を保つことにフォーカスし続けようとする。

売れる方法をしらないから、成約率がよくない。継続できない。

売り込まずに売れるからストレスが少ないから行動が継続する。そして成約率が高く、高収益。

計画が無い。プランニングが下手。

計画があり、最短で目標が達成できるプランを持っている。

ビジネスに対する不安が先立ち、混沌としていて優先順位が分からない。

計画や測定基準がある。次にやるべきことが明確。不安は最小限に抑えられている。

学ぶ事に時間を使いすぎていて、実行できないでいる。ビジネスから逃げている。

システムとプロジェクトタスクを重視。それに基づくビジネスプランを構築し、実行しているので効率がいい。

魅力的に視える目の前の商材に飛びつく。戦術を習得する事に時間を使う。

ビジネスの知識そのものに投資する。問いを考える。戦略を考える。

ビジネスに対してイライラしている。不満が多い。

自分の強みを活かしたビジネスを愉しんでいる。アウトソーシングが上手いので生産性が高い。夢に日々近付いていることを実感し、自分のビジネスに確かな手ごたえを感じている。

ではまた。

初回カウンセリング

何も準備していただく必要はありません。

お気軽にお申し込みください。

※即日のご対応はいたしかねますので、ご予約の際は7日程の余裕をもってご予約くださいますようお願い申し上げます。