ミッドライフ・クライシス
masa

こんにちは、MSインテグラル・デザイン研究所の斉木です。 今回は、キャリアデザインについて取り上げてみました。

キャリアデザイン研究

キャリアデザインの80%は偶然の出来事によって決まる」これは、スタンフォード大学のジョン・D・クルンボルツという教授が、多くの事例から導き出した結論。

彼は、キャリアを形成していくための努力のほとんどが、偶然の出来事によって台無しになってしまう、ということを言っているのだろうか?

安心して欲しい、決してそのようなことはならないからだ。

では、偶然に起こる80%をコントロールすることは不可能なのか?

大丈夫!100%ではないが、コントロールすることは十分可能だ。

キャリアデザインとは何か?

キャリアデザインと聞いて、あなたはどのようなことを想い浮かべるだろうか?

専門的な分野や専門職、あるいは資格取得をイメージする人も多いことだろう。

言葉にはデノテーション(明示的意味)とコノテーション(暗示的意味)の2つるがあが、・・・・

Careerの意味を辞書で見てみると、「生涯、経歴、履歴、(特別な訓練を要する)職業、生涯の仕事、疾走」となっている。

またDesignの方は、「下図を作る、デザインする、設計する、(…を)計画する、立案する、企てる、つもりである、(…を)予定する」という具合に解釈されている。

Design∋人生設計

「Designの中には人生設計という意味もある」というようなPRを何処かで耳にした覚えもある。

キャリアデザインをあえて日本語の意味に置き換える必要もないだろう。

辞書の解釈などにとらわれず、どのようなことも、もっと自由に解釈したいものだ。

キャリアデザイン(career design)とは、他者に依存することなく、自らキャリアを形成していくための設計を自ら立案していくこと、というのが一般的な見解になるだろうか。

キャリアデザインの共通認識と類似性

またキャリアという言葉の響きをどう感じるかは個人によって異なるだろう。

言葉には一般的な共通認識と個人の類似性とが混同しているからだ。

つまり、あなたのキャリアと私のキャリアに対する解釈は異なるはずだ。

所有している能力ではなく、経験や体験などによって蓄積された類似性の話をしている。

このキャリアをデザインするという試みは、欧米に遥かに出遅れ、日本では平成に入ったころから重要視され始めたように思える。

私のビジネスキャリアは1980年からスタートしたが、そのころにはキャリアデザインという言葉すら存在していなかったように思う。

その背景には、近代以前の特徴である世襲社会という、個人がキャリアを自由に選択することが難しいような社会環境もあったという理屈も成り立つだろう。

また、終身雇用という制度によって、個人のキャリア形成の主導権を会社側が握っているという時代が長く続いたことも、その1つの要因だとする考えもあっていい。

だからといって、終身雇用制度そのものが「悪」だったとは言い切れないだろう。

終身雇用制度という中の一部の機能や人が、終身雇用制度を盾に個人のキャリア形成を抑圧してきたに過ぎないのだから。

キャリアデザインの意味が変わった

しかし、今やその終身雇用制度は姿を消し、代わりに派遣社員・契約社員などの形態をとりいれる企業も増え、雇用形態は多様化した。

一方で、正規雇用者に対して彼らが生活できるギリギリの賃金で雇用し、副業禁止という枷をはめて「ゆとりを生み出す道」を阻害している企業も中には見受けられる。

技術革新によって一瞬生産性が向上したような時期もあったが、グローバル化によって有利な企業とそうではない企業の格差が生まれ、生き残りをかけた戦いがそれぞれの市場において今日も展開されている。

そして、その格差は、今後益々大きくなっていくことが予想される。

そうした社会全体の煽りを受け、産業構造や就業構造も変わることを余儀なくされてきたのだろう。

キャリアデザイン能力そのものが問われている

こうした世の中の流れによって、自分のキャリアを会社に委ねる時代は遠い昔に過ぎ去った。

自主的にキャリアを設計し、そして選択していくという、「キャリアをデザインする能力」そのものが個人に求められる時代になったのだ。

企業が世界を相手にしたサバイバルゲームの中で生き残るには、組織のクオリティーを高めるしかない。

したがって、できる限り個人の能力や人的資産を向上させておかなければ、その組織からはじき出されてしまうだろう。

参考▼

個人の能力や人的資産を向上させる方法については「パーソナルデザインのコーナー」で詳しく解説しているので、そちらを参考にして欲しい。

また、各々のライフイベントやリスク度合いの違いによって、キャリアの選択は当然異なる。

例えば、今後、結婚や出産、マイホームの取得などの予定が控えている人と、そうでない人ではキャリアデザインが違ったものでなければ困る。

偶然の出来事によってキャリアの80%が形成される?

また、その設計が順調に推移していたとしても、会社の倒産や転勤などによって変更を強いられるケースもあるだろう。

そしてまた、大病や事故などの予期せぬ出来事によって、待ったなしでキャリアデザインを変えなければならない状態に追い込まれることがあるかもしれない。

参考▼

リスクを回避する方法については「リスク回避と保険のコーナー」で詳しく解説しているのでそちらを参考にして欲しい。

スタンフォード大学のジョン・D・クルンボルツ教授は、多くの事例からキャリア形成に関して次のような結論を導き出した。

この変化が激しい時代には、キャリアは予期しない偶然の出来事によって、その80%が形成される」と。

また、キャリア形成途上において、こうした不測の転機は「計画された偶然」であり、予定外の出来事は逆に「望ましいものである」とも言っている。

この理論は、計画された偶発性理論( Planned Happenstance Theory)と訳されている。

偶然を意図的・計画的な段階へと変える試み

だからといって、予期できない出来事が80%だから流れに身を任せるしかないという話ではない。

この理論において重要なことは、予期しない出来事をただ待つだけでなく、自ら想起できるように積極的に取り組み、意識を集中して、その偶然を意図的・計画的な段階へと変えていくべく努力するというところにある。

これを実践するための具体的な行動指針として彼は次の5つを示している。

  1. 「好奇心」⇒たえず新しい学習の機会を模索し続けること
  2. 「持続性」⇒失敗に屈せず、努力し続けること
  3. 「楽観性」⇒新しい機会は必ず実現する、可能になるとポジティブに考えること
  4. 「柔軟性」⇒こだわりを捨て、信念、概念、態度、行動を変えること
  5. 「冒険心」⇒ 結果が不確実でも、リスクを取って行動を起こすこと

つまり、上記の5つを怠れば、キャリアデザインの方程式は多くとも20%以下の部分にしか適応できない、ということになるだろう。

この提示をどう落とし込めばいいのか?

この5つの戒めらしき行動指針をご覧になって、あなたはどのように思い、どのように感じただろうか?

この5つの試みを常に考え、実践できる人間が果たしてこの世に存在するのだろうか?

もし、仮に存在するとしても、キャリアデザイン全体を編成できるような設計図(標準)をつくり上げるのは至難の技だろう。

なぜなら、現代のような攻撃的で混沌とした環境下では、標準そのものが固定されたものではなく、戯れの中に存在してしまうことになるからだ。

しかし、人知を越えた知恵と理論を所有することがあれば、それは可能になるかもしれない。

次回はそれが可能である一つの例をご紹介したいと思う。

ではまた。

ご相談・お問合せ

ライフデザイン、キャリアデザイン、キャッシュフローの改善・創造、ビジネスに関するご相談を承ります。
お気軽にお問合せください。

MSID研究所