お金を捨てる

こんにちは、MSインテグラル・デザイン研究所の斉木です。

私は、買い物リストを作ってから買い物に行きます。

そして、そのリストをズボンの左ポケットに押し込む癖がある。

その左ポケットに今回は、引き出したばかりの5万円を入れていたらしいのです。

それで条件反射でリストと一緒に、その5万円をゴミ箱に投げ入れてしまった。

お金が手元を離れる瞬間にそれと気づいたのですが、その行動を抑止できなかったのです。

その偶然の出来事から得た感覚や類推したことについてこれからお話したいと思います。

お金を捨てると爽快な気分になる

昔、預金残高が1215円になり、無一文同然になったことがあります。

お金を捨てた瞬間、その時と類似した感覚が蘇りました。

それで、その感覚があまりにも心地よかったので、その5万円をゴミ箱から拾い上げ、手元にあった37,000円を足して、また改めて捨ててみました。

今度は意識して捨ててみたわけです。

すると、さらにその爽快感が増したのです。

そして、そのゴミ箱にある87,000(円)を眺めている内に色々な感情が湧いてきました。

やっぱり、紙とインクで出来ている

お金の解釈は人によって異なると思いますが、私はお金を情報の一部だと思っています。

その数字で表された情報を保証をしてくれる仕組みがあるから、世の中で通用しているのだけで、保証してくれる機関や誰かの存在がなければ、紙に数字と絵を書いたものでしかないからです。

したがって、ゴミ箱に無造作に投げ入れられた瞬間、私が、それはお金だと主張しない限り、ゴミの一部に過ぎなくなったわけです。

その空間に私以外の人間がいれば、そうはならないでしょうが、あいにくそこには私しかいなかった。

したがって、私がそれをお金だと認めない限り、それは、ゴミの一部でしかないわけです。

考え方は自由であることを再認識した。

そして、お金であることを私が認めた瞬間にそれはまたお金として蘇る。

それをどう扱うのか。

その選択権は全て私にあるわけです。

世の中のルールに当てはめれば、それはまたお金として機能する。

でも今の私のルールからすれば、それはゴミの一部に過ぎない。

実に愉快で、爽快で、同時に何か特別な力を得た感覚さえあります。

でもどこかに未練が残っている

しかし、どこかに未練があるような感じが残ります。

やはり、それはお金なんだろう。

物心がついた時からそのように教えられてきたから、その類似性からは、なかなか逃れることが出来ないわけです。

その考え方に保険をかける

そこで、私は自分の心理に保険の機能を働かせてみました。

私が、ゴミ箱に手を伸ばして拾い上げ、これはお金だ、と認識すればいつでもお金として認めてもらえる。

それまでは、ただのゴミとして扱われる。

という考え方に保険をかけてみました。

すると、その未練らしきものは私の感情の中から消え去りました。

保健機能が不安と安心のバランスを改善する。しかし・・・

保険機能に依存することによって、安心が生まれ、不安とのバランスが取れたからだと思います。

2時間後にゴミ箱の中身が気になり始めるまでは、87,000(円)のことはすっかり忘れていました。

気づくとゴミ箱がいつものようにいっぱいになっていました。

その状況を見て自分でも驚いたわけです。

保険のシステが、資本主義に結びついた精神面の副産物として発展してきたことを改めて感じました。

そして、保険のシステムで完全にリスクを無くすことは出来ない。

ということも・・・

この爽快感を共有したい

他者にも同じ爽快感を味わってもらおうと思い、何人かに話してみることにした。

そこで、

  1. ストーリーを話す。
  2. 相手が抱いた感情に対して質問する。
  3. 思考プロセスを伝える。
  4. 行動に移してもらう。

という順番で進行することにしてみました。

ストーリーを伝える

類似性の少ないと思われる4人を選んで話をしてみました。

それぞれに違う反応もありましたが、お金をゴミ箱に捨てる行為を想像しただけで抵抗感がある。

というところは4人とも共通した部分でした。

質問をしてみる

そこで、なぜ実践してもいないのに、違和感を感じるのか聞いてみました。

「お金は大切なものだから」

では、なぜ大切なものだと思うのか?

  • お金を稼ぐのは大変
  • お金がないと困る

と思っているから、という解答でした。

そこで、さらに質問を続けました。

お金を稼ぐのに大変な思いをしたことがあるのか?

実際にお金がなくて困ったことがあるのか?

いずれもないという解答でした。

ではなぜ、大切なものだといえるのか?

皆考えているようでしたが、沈黙が続きました。

そのタイミングで次のステップに入りました。

自分の思考プロセスを伝える

  • 誰かの常識や教育によって思い込まされた幻想
  • お金は情報の一部であり、その解釈によって性質が変わってくる
  • その時空において、決定権を持っているのは、唯一自分だけ
  • リスクヘッジするため思考に保険をかける(権利行使の期限を決める)

(「お金の知識不足でビジネスや人生に損失を招いていませんか?」もご参照ください)

上記のことを丁寧に解説してみたところ、

4人のうち3人は実際にお金をゴミ箱に捨てた。

私の言っていることが納得できた。

という報告をいただきました。

そのプロセスをまた伝える

その2日後、2人の起業家とお茶する機会を得ました。

つまり、

  • これまで話してきた自分の行為と思考プロセス。
  • 他者に同じ爽快感を味わってもらいたくて取った行動。
  • そしてその結果

を別の角度、別のカタチで話す機会を得たわけです。

3時間ほど会話したでしょうか。

大して面白いアイデアもなかったので、解散することになりました。

しかし、その後のたった15分の会話から予想外の話が飛び出しました。

その話というのが、、、、

2年で1億円プロジェクト

なぜ、彼は3人の時にそれを切り出さなかったのだろう?

もう一人の起業家の話がつまらなかったからか?

そう思っていたのは私だけかもしれませんが・・・

そこで語られた話が「2年で1億円プロジェクト」でした。

例えば、元金20万円を月利30%で回すという話です。

それだと、軽く一億円を超えます。

しかも、それをオートメーションで行うのです。

そう聞いてビックリする人もいると思いますが、投資の世界では別に珍しい話でもありません。

そして理論上、不可能な話でもありません。

実際に今のところ彼は月利30%で回っていると話していました。

その他にも、途中まで上手くやっていた人は何人か知っています。

それが上手く行かなくなって、私のところに相談に来たので知っているのです。(笑い)

また、そのシステムだとロスがでるので、特注のシステムをオーダーしている。

それが完成すれば、さらにパフォーマンスが向上すると彼は話してくれました。

投資の肝はメンタル

しかし、そこにはメンタル面が大きく関わってくるので、長期的に良い状態を続けるのは非常に難しいです。

例えば、20万円を30%複利(月利)で運用すると2年後には約1億560万円になります。

経過月数 金額(単位円)元金20万円
1ヶ月後後 260,000
2ヶ月後後 338,000
3ヶ月後後 439,400
6ヶ月後 965,361
10ヶ月後 2,757,169
12ヶ月後 4,659,617
15ヶ月後 10,237,178
18ヶ月後 22,491,081
20ヶ月後 38,009,927
22ヶ月後 64,236,777
24ヶ月後 108,560,154

あなたは、このシミュレーションのどのあたりで精算したくなりましたか?

イメージしただけで、怖かったり、持ちきれずに精算したくなるはずです。

メンタルを維持し続けることが、如何に難しいことなのかご理解いただけると思います。

つまり、この仕組みの完成のカタチは・・・・

特注オートメーションシステム+投資メンタルコントロール=2年で1億円プロジェクト。

そのようなイメージになるのではないかと思っています。

このプロジェクトに私が参加する資格があるのか

「多くを得ようと画策するものは、多くを失うことが多い」

少欲知足を心情とし、いつでも、どこでもキャッシュフローを生みだす方法を標榜する私にとっては、ある意味、このプロジェクトは毒になるものかもしれない。

しかし、精神修養を重ねてきた自分の力量(モノに絡め取られない)を今一度試されているような気もする。

このプロジェクトに参加してメンタル面を構築しきれるのか?

自分自身が取り込まれないで、サポートし続けることが可能なのか?

コンテンツの一部として扱っていいものか?

いざとなった時に、クライアントの暴走を抑えることができるのか?

そもそも自分は、このプロジェクトに参加するに相応しい人物なのか?

そこが問題!!

そのシステムが完成するのは12月末とのこと。(2017年3月、既に完成して実験段階)

そこから、少しの期間自分で試してみて、それからどうするか决定することにしよう。

まとめ

偶然、5(万円)というお金をゴミ箱に捨てたという自分の行為から学んだことがあった。

もしかしたら、学びを得るために何かを買う必要もなければ、求める必要もないのかもしれない。

ただし、外側にそうした固定点がないと不安に陥るので精神安定剤的な役割としては必要なのかもしれない。

「学びは日常生活の中にある、何も何処かへ出かけたり、場所を移す必要はないのだ。」と言った師匠の言葉を思い出した。

そこからの想起で「目的が違う。。変えろ!」という叱咤激励と「食うために生きるな!活きるために食え!」という教えの記憶も蘇った。

ではまた。

初回カウンセリング

小さな改善で大きな成果を!

将来が漠然としているからこそより大きな成長が期待できる。もしも、既に適切なプランがあるとしたら一気に飛躍できる。

あなたのライフデザインについて一緒に考えてみませんか?