「キャリアデザイン」の記事一覧

並外れた知恵と理論を一気に所有できる方法を知っている人

キャリアデザイン
インテグラル

人知を越えた知恵と理論を所有すること・・・ 例えば、トランスパーソナルな世界観を論理的に提示できるようになれば、それは可能だろう。 東洋と西洋、具体と抽象、意識とスピリチャルな領域(偶然)などを網羅し、包括的にデザインすることは出来ないだろうか。・・・・ もちろん、彼の理論を否定しているわけでも、肯定しているわけでもない。 理論はすべて後付されたものであり、現実に目の前で起きていることが真であると考えている。 多くの人が信じて疑わない科学的な根拠も、反証可能性がなければ真に科学的とは言えない。 だから、理論に従って実践したとしても皆が同じような結果にはならないことを、多くの実践者が理解している。 しかし、それがインテグラル・デザイン研究の動機となり「総体的設計図最適化」(Integral Design Optimization)を試みる1つの切っ掛けとなったことは確かだ。 だが、いざ始めてみると、それが如何に無謀であるかを嫌というほど思い知らされた。

キャリアデザインの80%は偶然の出来事によって決まるって本当ですか?

キャリアデザイン
ミッドライフ・クライシス

「キャリアデザインの80%は偶然の出来事によって決まる」これは、スタンフォード大学のジョン・D・クルンボルツという教授が、多くの事例から導き出した結論。 彼は、キャリアを形成していくための努力のほとんどが、偶然の出来事によって台無しになってしまう、ということを言っているのだろうか? 安心して欲しい、決してそのようなことはならないからだ。 では、偶然に起こる80%をコントロールすることは不可能なのか? 大丈夫!100%ではないが、コントロールすることは十分可能だ。 では、キャリアデザインとは何か? キャリアデザインと聞いて、あなたはどのようなことを想い浮かべるだろうか?

起業して長生きのリスクを軽減する、理想的な人生を実現するためにビジネスを所有しよう

キャリアデザイン
起業

キャリアデザイン研究:起業 人間の寿命が長くなり、誰もが人生を謳歌できるチャンスが増えましたが、同時に長生きに対するリスクも増加しました。 これをポジティブに解釈した場合、個人のキャリアデザインにおいて、1つのキャリアを生涯に渡って継続していくというスタイルから、一個人が多種多様なキャリアを形成できるチャンスが広がったといえるでしょう。 私は3度起業しましたが、その事業内容がすべて異なっていたため、少なくとも3つのキャリアがデザインされたことになります。 一方、社会環境に目を向けてみると、会社の平均寿命はさらに短くなる可能性があります。 そのため、個人が時間をかけて身につけたスキルであっても直ぐにアレンジしのさなければならない可能性も増えたといえます。

たった一人の個人事業主だったとしても、仕事の役割を明確にした組織図が必要

キャリアデザイン
組織図

役割分担が明確になる仕事の定義づけをする 仕事を個人の感覚のみで行っていている。 これが、やがてビジネスが崩壊していく原因の1つです。 では、どうすうれば個人の感覚から脱することができるのでしょうか? シンプルで効果的な方法としては、、、 組織図を作成する。 プロセスマップを作成する あなたがたった一人の個人事業主だったとしても、仕事の役割を明確にした組織図が必要です。 なぜなら、個人の感覚に頼ってビジネスをしているだけでは限界があるからです。

起業して成功した人の基本ステップ、そのルールと測定基準

キャリアデザイン
起業

キャリアデザイン研究:起業 なぜ、起業で失敗してしまうのか? 実は私のことです。 3度も起業してますからね。 失敗の原因を知る前に、まず成功者といわれている人達と何が違うのか? 成功者の行動を7つのステップに分割して解説します。 それにあたって、まずそのベースとなっている基本的なルールからお話します。 イノベーション⇒数値化する⇒マニュアル化する ビジネスの基本なルールはこの順番だ!ということです。 イノベーション(革新)

起業できる人と憧れを抱いたまま起業できないで終わってしまう人の違い。

キャリアデザイン
起業

キャリアデザイン研究:起業 起業するということはリスクを背負うことではない。 将来のリスクと不安を軽減するために起業するのだ。 というのはよく知られている話です。 起業する、起業したい、できれば起業したい、起業には興味ない、 あなたはどのタイプでしょうか? 起業に興味がない人は別として、世の中には難なく起業できる人もいれば、憧れを抱いたまま起業できないで終わってしまう人もいます。 では、その違いはいったい何なのでしょうか?

ページの先頭へ