「マネープラン」の記事一覧

投資信託が浪費信託にならないように運用設計を修正する

マネープラン
投資信託

投資信託の仕組: さて、資産運用の中でよく知られている商品といえば、なんといっても投資信託でしょう。 では、投資信託とはいったどのようなものなのでしょうか? 今回は投資信託の基本的な仕組みについて、解説していくことにしましょう。 金融資産運用研究:投資信託の仕組み 投資信託には、少額で多くの銘柄に投資できるという特徴があります。 ではなぜ少額で多くの銘柄に投資できるのでしょうか? まず最初に投資信託の商品が「投資信託運用会社」で作られます。 それを主に証券会社、銀行、郵便局などの「販売会社」を通じて販売します。 多くの投資家から集めたお金は、一旦ひとつにまとめられ、資産管理を専門とする、「信託銀行」に保管されます。 投資信託運用会社は、信託銀行に集めたお金をどう投資するのかを考え、その実行を信託銀行に指図します。 そして、運用会社の指図を受けた信託銀行が株や債券の売買を行なう という流れになっています。

複利運用の旨味は長期運用が前提、分散投資は無知に対するヘッジだ!

マネープラン
福利

複利と分散投資: なぜ資産を運用する必要があるのでしょうか? まずは、資産運用が本当に必要なのかどうかを知ることが大切です。 また、資産運用を始めるのは早ければ早いほどいいと言われていますが、それはどうしてでしょうか? 本当に早ければ早いほど有利になるのでしょうか? 資産運用が本当に必用なのかどうか、 そして始めるとしたら、本当に早いほうが有利なのか、 それらをあなたと一緒に探ってみたいと思います。 資産運用は必要性なのか? 例えば、資産運用が必要だとする理由は何でしょうか? まず、今後ますます進む少子高齢化にともない、公的年金が減額されていくという背景が大きな理由とされています。

投資信託の仕組みを知って、ファンドではなく「投資に目を向ける」ことを学ぶ

マネープラン
生命保険

マネープラン研究:投資とファンド 自分で資産運用に取り組むのは面倒だと言う方は、資産運用会社の力を借りるという手段もあります。 しかし、一口に資産運用会社といっても各社で過去の実績や初期費用が大きく異なります。 そもそも人気のあるヘッジファンド会社は表立って新規投資家を募集していない場合もあります。 したがって、一般的に私たちに馴染み深いファンドは投資信託ということになるでしょう。 そして、リスクを誰かに依存する以上、不明確な状況下で行われる行為は、すべてあなたの責任(自己責任)であるということを忘れないでください。

なぜ、投資家は不確実な状況におかれると効用を最大化するように行動するのか?

マネープラン
マネープラン

マネープラン研究:プロスペクト理論 プロスペクト理論では、合理的投資家は、不確実な状況においては期待される効用を最大化するように行動するものだと断定している。 また、一般的な投資家は危険を回避する傾向が強いため、次のような効用関数を持つとも・・・ 少し分かりづらい理屈だと思うが、ついてきて欲しい。 合理的だとされる投資家の効用は、資産の規模が大きくなるに従って、資産が増えたときの単位あたりの効用は減少していくという性質を持っている。 以下の参考事例をみて欲しい。

行動ファイナンスの知識をライフデザインに活かす

マネープラン
行動ファイナンス

マネープラン研究:行動フアイナンス 不可能ではあるが、仮に市場が効率的であるとすると、情報が適切に価格に反映されていることになる。 そのためには、次のような意思決定プロセスを経て、情報を価格へ伝達する必要があるだろう。 つまり、仮説ではあるが、次のようなプロセスが存在することになる。 意思決定プロセス 情報 認識 分析 評価 価格 意思決定のプロセスは上記の順番で行われる。 上記の順序だとすると、まず投資家サイドが合理的だということが前提になる。 投資家サイドが合理的でないと、情報が適切に価格に反映されないからだ。 投資家が合理的であるとすると、、、、、 認識・・・意思決定に関わるあらゆる情報を入手することができる 分析・・・偏見や感情などによって客観性を失うことなく、情報を分析できる 評価・・・効用関数に基づき期待される効用を最大化するように行動する

市場において利用可能な情報を的確に反映して、価格は決定されているのか?

マネープラン
マネーゲーム

マネープラン研究:効率的市場仮説(EMH) 市場が効率的であるなら「市場の効率性」というのは必須条件になる。 またそうであるとすると、並みの努力で、人並み以上の利益をあげることは非常に困難だろう。 言い換えれば「市場の効率性」とは、どういうことなのか、また何を意味するかを知ることが、投資成果を判定する場合に最低限の知識だといえる。 株価、債券価格、為替レートなどの資産価格は、そのアセットクラスに投資して得られる将来キャッシュフロー、つまり、将来の配当や金利によって決定されます。 そうだとすると、将来にわたって生み出すキャッシュフローについて、どのような情報に基いて判断していくかによって、その価格を決めることになるるでしょう。

価格決定モデルの考え方と運用成果評価の手法を学んで投資家の仲間入りをする

マネープラン
キャッシュフローデザイン 共分散

マネープラン研究:資本資産価格の決定モデル 前々回の投稿「ポートフォリオ理論、ポートフォリオのリスクと期待リターンの算出」では、ポートフォリオとしてのリスクとリターンの関係を解説しました。 いま新たに、リスクのない資産に・・・

市場リターンに対する証券のリターンの感応度を示す尺度を理解する(上級者向け)

マネープラン
ベータ計算

マネープラン研究:ベーダ(β)の推定 前回の投稿「慎重に投資銘柄を選んで分散投資しても避けられないリスクがある」では、分散投資によって消去できるリスクと分散投資によっても消去できないリスクについて、また、市場リターンの分散1単位との証券と市場リターンの共分散の比であるβの考え方などについて解説しました。 今回は、実際の月間リターンデータを用いて実証分析を行った結果の解説からスタートします。 日本FP協会CFPカリキュラムより抜粋 図表2-19は、2009 (平成21)年1月から2011 (平成23)年12月までの3年間の月次リターンデータを示したものだ。 横軸に市場リターン、縱軸にA社(旭硝子)のリターンをとり、その関係をプロットしている。

慎重に投資銘柄を選んで分散投資しても避けられないリスクがある(上級者向け)

マネープラン
2つのリスク

マネープラン研究:2つのリスク 前回までで、相関係数が+1未満の証券を組み合わせた場合に、個々の収益率の変動が相殺しあうことによってポートフォリオ全体のリスクが部分的に消去できるということはご理解いただけましたでしょうか? そして、分散投資を行ったからといって、すべてのリスクを消去できるわけではなく、分散投資によって消去できないリスクもあります。 システマティック・リスク(ベーダ)と非システマティック・リスク 例えば、iという証券のリターンが次のようなモデルによって表現すると仮定しましょう。 rit=αi+βirM,t+[誤差i,t]

分散投資によってリスクがゼロになる場合とリスクがなくならない場合

マネープラン
ネガティブ思考

マネープラン研究:分散投資は必要か? キャッシュフローデザインの目的は、何と言っても現在の経済状態を改善し、キャッシュフローを生みだし、そのキャッシュフローを有効に活用できるようにしていくことにあります。 そして、個人の家計分野において生活の安定化を測る上でもその周辺知識は極めて重要になってきます。 そしてまた、当然ながら会社経営においてもキャッシュフローの知識は要になります。 したがって、キャッシュフローデザインは、個人のライフデザインや事業のビジョンを実現するために必要な所得や利益を獲得するという役目を担っています。

ページの先頭へ