「FPについて」の記事一覧

的確なプランを作成するための6ステップ

FPについて
行動ファイナンス

まず最初に行わなければならないことは、相談者(顧客)とFP(プランナー)との関係の確立です。 ファイナンシャル・プランニングの主体はあくまで相談者であり、その目的は、自己責任に基づくプランの自己決定にあるからです。 FPは、あなたがそこに到達するために専門家としてアドバイスをする形になります。 つまり、FPがあなたに対して教え諭すような関係は、あなたの自己決定を阻害する可能性があるので望ましくありません。

FPとライフデザインのあわせ技で人生を謳歌する

FPについて
fpサポート

FPとは、多様な個人の環境にマッチするようなファイナンスをプランニングしていくことです。 もし、あなたが企業経営者や個人事業者であるなら、個人的なファイナンスと共に、コーポレートファイナンスに関するプランニングも「FP」の領域ということになります。 そして、FPにはもう1つ、ファイナンシャル・プランナーという意味もあります。 ファイナンシャル・プランナーとは、ファイナンシャル・プランニングを行う専門家のことです。 具体的に云えば、FP(ファイナンシャルプランナー)は、 必要に応じて、他のエキスパートたちの協力を得ながら 個人のライフデザインに基づくライフプランに沿って ファイナンスに関する包括的なプランを立て 実行・見直しを援助し続ける 専門家のことです。

FP資格の最高峰、国際資格の認定者になるまでのプロセス。

FPについて
CFP

ァイナンシャル・プランニングは、「顧客の夢や目的に対して総合的な資金計画を立て、経済的な側面からその夢や目的を実現に導く方法」であるべきであり、その業務プロセスは、 「ライフスタイルや価値観、経済環境を踏まえながら、家族状況、収入と支出の内容、資産、負債、保険など顧客に関するあらゆるデータを集めて、現状を分析」 「ライフプラン上の目標を達成し、問題や不安を解決するために、相談者の立場で考え、長期的かつ総合的な視点で様々なアドバイスや資産設計を行い、併せてその実行を支援」 「必要に応じて、各分野の専門家のネットワークを活かしながら、個人の夢や目標に基づくライフプランを前提に、その実現のために様々な領域に渡る包括的なアプローチによって、必要なファイナンシャル・プランニングを実行」 ということになる。

ファイナンシャルプランナー(FP)について

FPについて
ファイナンプランナー

FPについて ファイナンシャルプランナーとして本来あるべき姿の独立系FPはまだまだ少ない。 そして、FPとして独立・起業したとしてもその存続率は極めて低いというのが現実だ。 実際、現在存在しているFPの大半は、金融商品を扱う組織の一員として金融商品などを販売するためにFP資格を所有しているといったケースがほとんどだ。 したがって、一般消費者から見た場合、ファイナンシャルプランナーは保険のセールや投資信託を販売する人というイメージが強いだろう。 しかし、ファイナンシャルプランナーの本来の目的は金融商品を販売することではない。 そして、金融商品を販売するためにその資格が存在するわけでもない。 では、ファイナンシャルプランナーとは、本来どういった存在であるべきなのだろうか?

ページの先頭へ