「不動産活用」の記事一覧

競売不動産 競落人

不動産を運用をするに当たってはその特性を理解し、関連する知識を身につけていく必要がありますが、その領域は非常に広く深い。

  • 不動産は預貯金や有価証券とは異なり、不動産独自の特性を持っている。
  • 不動産は個別性の強い資産、探せば類似したものはあるが、まったく同じというものは存在しない。
  • 時間の経過とともに周辺の環境も変化していくので、必ず現地に赴いて調査することが必要。

などの不動産特有の知識に加え、運用の知識、税務に関する知識、法律関係の知識などをはじめ、人の心理と言うものを知る必要もある。

なぜなら、売買を成立させる上でもっとも重要なポイントが売り手と買い手との願望に折り合いをつけることだからだ。

また、ご存知のように、不動産は土地の私的所有権は認められているが、一方では国民共通の貴重な資産としての側面がある。

例えば、国土利用計画法・都市計画法・建築基準法などによって、様々な規制があり、自分の所有地だからと云って自由に取引や利用が出来るわけではない。

そして不動産のもう1つの特長は複雑な権利関係が成立するというところにある。

例えば、Aが所有する土地にBの借地権が設定され、その借地上のBが所有する建物にCの賃借権とDの抵当権が設定される。

このように複数の権利を同時に存在させることができてしまう。

また不動産には複数の評価価値基準が存在するため、評価の方法についても知っておく必要がある。・・・・

このカテゴリーでは不動産に関する一般的な知識を始めとして、不動産の売買、投資、賃貸、法律、税務、そしてビジネスに至るまで様々な側面から不動産運用と言うものを解説している。

ご相談・お問合せ

ライフデザイン、キャリアデザイン、キャッシュフローの改善・創造、ビジネスに関するご相談を承ります。
お気軽にお問合せください。

MSID研究所

不動産競売のポイント、競落人が引き受けなければならない事とは?

不動産活用
競売不動産 競落人

競落人が引き受けなければならないこと 賃貸借期間が満了しても法定更新されることにより、買受人は賃借人に対し更新を拒絶するには正当事由を要することとされています。 先順位賃借権 これは、先順位賃借権は借地借家法の適用があるためです。 つまり、先順位賃借権とは、抵当権設定登記前に設定された賃借権のことで、賃借権付不動産の購入に該当するということです。 また、抵当権の設定登記と賃借権の設定の前後は、各々の対抗要件の具備の前後によります。 ※先順位賃借権は競売による買受人に対抗できる。 では、抵当権設定登記後の賃借権の場合はどうでしょうか?

不動産活用研究:不動産競売のポイント、手続きの流れとその内容

不動産活用
競売

不動産活用の研究:競売 競売とは債権者が債務不履行状態になった債権を回収するための法的手続きです。 債務者とは抵当権者等のことで、債務不履行とは債務の本旨に従った債務の履行をしないことを言います。 競売の概要 債権者の申し立てにより裁判所を通じて、以下の手順によって行われます。 担保の目的となっている不動産を強制的に処分(売却)。 債権者はその売却代金より弁済を受ける。 誰でも裁判所の定める方法によって競売不動産を買い受けることができます。 ただし、債務者は買受の申出はできません。 なぜなら、そもそも債務者にそれだけの資力があるのならば、弁済を優先すべきだからでです。

相隣関係は所有権に関するものだけど、思っているよりその範囲は広い

不動産活用
相隣関係

民法では、209条から238条まで、相隣関係に関する規定が置かれています。 相隣関係の規定とは? 隣接する不動産を所有する者相互間の権利の調整を図るものです。 また、相隣関係は、所有権に関するものですが、地上権にも準用され、さらにその性質上、永小作権や土地賃借権についても準用すべきものと解釈されています。 ただし、規定はなく、あくまでも準用すべきものという解釈です。 民法209条1項本文、隣地使用権(立入権) 必要な範囲内で、隣人(隣家に居住する者)の承諾を得た上で、隣地の使用を請求することができます。 例えば、境界またはその近くで、建物などを築造・修繕したりする場合です。

不動産取引の注意点、境界や相隣関係でもめると訴訟に至るケースもある

不動産活用
境界

不動産活用の研究:境界 境界や相隣関係に問題が生じると、それを解決するために訴訟に至るケースもあります。 ですから、不動産を売買する際には、このお隣との区分とうのは非常に重要です。 では、まず境界とは何かということですが・・・ 境界とは、土地を区画する公法上の区分線のこと 不動産登記法上から見ると、土地は1区画ごとに地番が付されていて、1区画を一筆の土地として取り扱っています。 この一筆の土地と一筆の土地との境(筆界)が公法上の区分線というわけです。 土地の範囲を確定するために測量を行い隣接地との境界を明確にしておくことは、土地の売買や土地の有効活用を考えた場合必要なことです。

誤った買い物をして失敗しないように、不動産広告のルールを知っておこう!

不動産活用
不動産広告

不動産活用の研究:広告のルール 不動産の広告については、宅地建物取引業法第32条や「不動産の表示に関する公正競争規約」などによって規制されています。 ※宅地建物取引業法第32条:誇大広告の禁止。 ※公正競争規約:公正取引委員会の認定を受けた不動産業界の自主的な広告規制。 公正競争規約の明示すべき事項と表示が禁止される事項(特定事項の明示義務) 一般消費者が通常予期できない不動産の地勢、形質、立地、環境等に関する事項 取引の相手方に著しく不利な条件で一定のもの 上記に該当するものは明示してなければならないことになっています。

不動産取引を安全かつ円滑にしていくために必要なこと

不動産活用
不動産チェック

不動産活用の研究:安全と円滑化 不動産登記制度は、不動産取引の安全と円滑化を図る制度です。 そのためには、不動産の物理的概要と、権利関係を公示する必要がります。 そこで、不動産登記法では、土地や建物の所在、位置などの図面(地図・建物所在図)を登記所に備えることにしました(不動産登記法14条)。 これは、区画を明らかにするためです。 不動産を取引する際には、地図(公図含む)を閲覧する必用がある 不動産の取引を行う際には一定の要件で作成された地図を閲覧しておく必要があります。 一定の要件とは以下の様なことです。

不動産を調査する側の動きを知って不動産取引を有利に運ぼう(不動産登記編)

不動産活用
不動産

不動産活用の研究:不動産登記 (1)申請主義の原則 不動産登記手続きは、原則として、当事者の申請によって開始され、かつ申請を受けた事項についてだけしか登記手続きを進めることができない。 ただし、裁判所または官公署の嘱託によってなされる場合もある(同法16条)。 また、表示の登記は登記官が職権で行うことができる。 (2)共同申請の原則 登記は、登記権利者及び登記義務者が共同で申請することを原則としている(同法60条)。 したがって、登記権利者のみの単独申請が認められるのは、表示の登記や仮登記、判決または相続による登記などの場合に限られる。

ページの先頭へ