「リスク回避と保険」の記事一覧

個人事業主の法人成りを生活設計と保障設計の両側面から検討する

リスク回避と保険
法人成り

生命保険とリスク研究:個人事業主の法人成り 個人事業主の生活設計と保険設計について法人成りした方がいいかどうかを検討してみましょう。 現状の把握 キャッシュフロー表の作成 修正キャッシュフロー表の作成 必要保障額の算出 上記の手順に従って以下のケーススタディーを一緒に考えてみましょう。 1,家族構成、収入、支出、貯蓄額などを把握する。 山田太郎さんの家族構成

生命保険とリスク研究:サラリーマンの生活設計に則した保険設計の手順。

リスク回避と保険
サラリーマン向け保険設計

生命保険とリスク研究:サラリーマン向け保険設計の手順 サラリーマンの生活設計とそれに基づいた保険設計の事例 現在の環境や家計の状態を把握。 キャッシュフロー表作成。 修正後のキャッシュフロー表を見て検討。 必要保障額の算出。 1,現在の家族状況や家計の状態を把握する 吉田太郎さんの家族構成

中小企業の経営者なら知っておいてた方がいい企業保険の税務

リスク回避と保険
企業保険の税務

生命保険とリスク研究:企業保険の税務 企業保険を活用することによって、リスクを軽減できることは経営者であれば承知しているだろう。 また、企業保険の税務知識は、あらゆることを決断しなければならない、中小企業の経営者にとって重要なことだ。 税務のコントロール如何では、会社の運営と従業員の生活を支える利益を損なう可能性があるからだ。 死亡退職金、弔慰金支給を目的とする企業保険 生存退職金の支給を目的とする企業保険 特定退職金共済制度 1,死亡退職金、弔慰金支給を目的とする企業保険について 従業員や役員の遺族に支給する死亡退職金、弔慰金を企業保険の保険金を利用する。 従業員・役員が自助努力で死亡保障を充実させるために利用する。

生命保険とリスク研究:遺族年金の仕組みとその注意点(遺族厚生年金編)

リスク回避と保険
遺族厚生年金

生命保険とリスク研究:遺族厚生年金 (1)死亡者の範囲 ①故人が、死亡当時、下記のいずれかに該当すること。 a)厚生年金の被保険者(すなわち、在職中) b)厚生年金被保険者期間中に初診日のある傷病で、初診日から5年以内の者 c)1級、2級の障害厚生年金受給権者 d)老齢厚生年金の受給権者または受給資格期間を満たした者 ②上記a)、b)の場合は、死亡当時、保険料納付要件を満たしていることが必要。 ③上記a)、 b)、 c)を「短期の遺族厚生年金」(短期要件)、 d)を「長期の遺族厚生年金」(長期要件)という。 短期と長期では、遺族厚生年金の計算方法が異なる部分がある。

生命保険の死亡保障額の決定要因でもある、遺族年金の仕組みとその注意点

リスク回避と保険
遺族年金

生命保険とリスク研究:遺族年金 遺族年金は、遺族の生活を支えるための大切な資金源であるとともに、生命保険などの保障額を決める際に必要な要素の1つでもあります。 まずは、公的年金制度の遺族年金の概要から解説しましょう。 遺族給付とは ①公的年金制度の加入者または年金受給権者が死亡した場合に、生計維持関係など一定の要件を満たす遺族に支給される年金や一時金 ※公的年金制度とは、国民年金・厚生年金・共済年金のこと。 ②遺族基礎年金と上乗せ年金である遺族厚生(共済)年金がある。 ③国民年金には、第1号被保険者の独自給付として、「寡婦年金」及び「死亡一時金」がある。

生命保険の保障領域と環境とを照らし合わせ、ロスのない適切な保障を手に入れる

リスク回避と保険
老後の生活設計

生命保険とリスク研究:生命保険4つの保障領域 男性の平均寿命は80.79年で平成26年よりも0.29年増えました。 女性の平均寿命も87.05年と平成26年と比較して0.22年増えました。 ※平成27年簡易生命表より 合計特殊出生率は1.46(平成27年)と前年を0.04上回わりましたが、依然として低い水準に留まっています。 このような高齢化と少子化により全人口に占める65歳以上の人口の割合は26.7%(平成27年)と前年よりも更に0.7%上昇しています。 つまり、4人に1人以上が高齢者ということになります。 また、75歳以上の人口を見てみるとこちらも上昇を続け、8人に1人が75歳以上というのが今の現状です。 少子高齢化が社会保障制度に重大な影響を及ぼす中において、自助努力による経済的な準備がますます重要になってきます。

生命保険の機能で会社と経営者のリスク軽減する方法(プランニング編)

リスク回避と保険
生命保険プランニング

生命保険とリスク研究:生命保険のプランニング 必要資金 死亡退職金、弔慰金、事業承継資金を準備する。 ①死亡退職金 死亡退職金の税務上の適正額は、功績倍率方式で考えると、在任年数によって適正額が増加することになる。 役員報酬月額×役員在任年数×功績倍率 ②弔慰金 弔慰金は、死亡が業務上かどうかで適正金額が異なるため、提とする。 役員報酬月額×36カ月 ③事業承継資金(自社株の買い取り資金) 自社株の買い取り資金は、個人の相続税課税も考慮して、金額を決定する。 保険期間 あらかじめ勇退時期が決定されている場合は、在任期間の死亡保障があればよいので、勇退時期を満期とする保障でいいです。 ただし、同族会社や中小企業の場合では勇退時期は決まっていないケースが多く、そのため保険期間をある程度余裕を持って設定するようにします。

生命保険の機能で会社と経営者のリスク軽減する(事業承継資金編)

リスク回避と保険
自己啓発メンター

生命保険とリスク研究:事業承継資金 経営者が死亡した場合、法人の存続が危うい状態になることがあります。 法人として次の後継者に経営を譲った場合の対策については後述しますが、ここでは、経営者個人として事業承継するために法人ができる資金対策として事業保険を考えます。 相続対策自体は、経営者本人が個人として準備しておくことです。 また、前述の退職金や弔慰金も遺族の相続対策には充当できます。 しかし、それ以外に法人として事業承継を手助けすることができる方法が自社株の買い取り制度です。 自社株(金庫株)とは 会社の所有権を持っている経営者が所有している自社の株式を「自社株」といいます。

生命保険の機能で会社と経営者のリスク軽減する(役員退職金・弔慰金規程)

リスク回避と保険
役員退職金

生命保険とリスク研究:役員退職金・弔慰金規程 「役員退職金・弔慰金規程」はあくまでも内規であり、労働基準監督局や税務署などに届けるものではありません。 規程は「株主総会」か「取締役会」のどちらかで作成し、承認を得ることになります。 その後の改定は、株主総会で作成・承認した場合は、株主総会で、取締役会の場合は、取締役会で行います。 規程の作成・承認手続きは、 「規定」の見本を提示⇒「取締役会」で「規定」の作成と承認⇒「規定」制定に関する取締役会の「議事録」作成と保管という手順です。

生命保険の機能を利用して会社と経営者のリスクを軽減する方法

リスク回避と保険
パートナーへの貢献

生命保険とリスク研究:経営者リスク軽減 今回は法人の役員、従業員にとっての人的リスク、企業活動を取り巻くリスクとその対策などについて、業種別及び個別企業の状況に応じて適切なリスクマネジメントや保険設計の提案方法を解説しましょう。[/char] 経営者のリスクとは? 会社の経営者は、非常に多くの責任を担っています。 例えば、経営上の課題を解決するためには、利益を上げるための努力・工夫が必要であり、人材の採用・育成、金融機関や取引先との付き合い、場合によっては資金繰りなど、会社を継続していくための経営上の責任は広範囲にわたります。 また、会社が一つの人格(法人格)を持つ以上、その資産を継続していくためには、経営者自身の健康管理、後継者の育成、事業承継の責任なども背負っていくことになります。

ページの先頭へ