「相続プラン」の記事一覧

相続が争族になってしまった場合の手続きについて

相続プラン
相続紛争

紛争になった場合の手続き 1,調停分割 協議が調わない場合に、調停注1により分割する方法。 審判に先立って調停による分割が試みられるのが一般的。 調停分割は、家庭裁判所において調停委員2名が当事者に加わって協議を行い、分割を成立させる方法です。 審判と異なって、法定相続分には拘束されない。 調停分割が成立すれば、遺産分割協議書に代わる調停調書が作成される。 2,審判分割 調停が不成立に終わった場合に、家庭裁判所の審判により分割する方法です。 審判分割は、裁判の一種であり、裁判官は「遺産に属する物または権利の種類及び性質、各相続人の年齢、職業、心身の状態及び生活の状況その他一切の事情を考慮して行います(民法906)」。

事業承継、所有と経営が分離できていない場合問題が頻発する。

相続プラン
事業承継対策

事業承継のプロセスを考える 個人の相続プランに比べ事業承継プランは難度が格段に増えます。 なぜなら、相続に加え、会社への思い入れ、会社法、法人税、株主構成や財務状況。 環境面ではその法人が属する業界の環境面といったことも考慮した上でプランニングしていかなければならないからです。 中小法人では所有と経営が分離できていない場合が多く、事業承継がうまくいかにと事業が不安定になります。最悪の場合は、廃業に追い込まれるなど極めて大きな問題になるケースも有ります。 会社の所有権と経営権を一緒に後継者に引き継がせたいというのが通例ですが、その場合必要となってくるのが円滑な事業承継プランです。 とりわけ、自社株を円滑に後継者に取得させるこが重要になってきます。 ご存知のように会社は経営者によってその業績は大きく変わってきます。 従って後継者の育成が最大のポイントとなります。

相続で一番大切なのは、故人の思い継承していくことなのかもしれない。

相続プラン
相続

相続プラン研究 ファイナンシャル・プランニングの中心的な役割は、現在の経済状態を改善し、キャッシュフローを生みだし、そのキャッシュフローを有効に活用できるようにしていくことです。 そして、個人の家計分野において生活の安定化を測る上でもその周辺知識は極めて重要になります。 そしてまた、当然ながら会社経営においてもキャッシュフローは経営の要です。 したがって、キャッシュフローデザインは、個人のライフデザインや事業のビジョンを実現するために必要な所得や利益を獲得するという役目を担っています。 そして、そのプロセスの仕上げが次世代への承継ということになるでしょう。 承継や相続というと金銭的な側面のみにとらわれがちですが、それだけにとどまりません。

ページの先頭へ