「タックスプラン」の記事一覧

確定拠出年金

キャッシュフローをデザインするということは、現在の収支バランスを改善し、継続的にキャッシュフローを生みだし、そのキャッシュフローを有効に活用できる仕組みを所有するということです。

そして、個人のライフデザインにおいて、その生活の安定化を測る上でもその周辺知識は極めて重要になってきます。

そしてまた、当然ながら会社経営においてもキャッシュフローは経営の要です。

したがって、キャッシュフローデザインとは、個人のライフデザインや事業のビジョンを実現するために必要な所得や利益を獲得する役目を担っています。

しかしながら、個々には税負担というものがあり、これを免れることはができず、生産されたもの全てを得ることはできないというのが世の中の仕組みです。

つまり、この税金を負担した後のキャッシュフローである税引き後キャッシュフローをいかにして獲得していくかということが、キャッシュフローデザインにおいて最も重要な点になってくるのです。

このカテゴリーでは、あらゆることに関わってくる税金について解説しています。

「誰かがか作り上げた世の中の仕組み」を言い換えれば、税を徴収するための構造であるともいえます。

したがって、税に関して知るということは、あらゆる営みにおいて大きなアドバンテージです。

ご相談・お問合せ

ライフデザイン、キャリアデザイン、キャッシュフローの改善・創造、ビジネスに関するご相談を承ります。
お気軽にお問合せください。

MSID研究所

10種の所得にかかる税金とそのポイント(一時所得・その他)

タックスプラン
確定拠出年金

タックスプラン研究:一時所得その他 一時所得の意義(所法34①) 一時所得とは、利子所得、配当所得、不動産所得、事業所得、給与所得、退職所得、山林所得、譲渡所得以外の所得のうち営利を目的とする継続的行為から生じた所得以外の一時の所得で、労務その他の役務または資産の譲渡の対価としての性質を有しないものをいう。 一時所得の金額の計算方法(所法34②~③) 一時所得の金額=収入金額―収入を得るために支出した金額―特別控除額。 収入を得るために支出した金額とは、収入に係る行為または収入に係る原因の発生につぃて直接支出した金額をいう。また、特別控除額として、最高50万円控除できる。

配偶者のパート収入の金額により夫婦の可処分所得に違いが出る

タックスプラン

パートタイマーと税金について パート収入は給与所得とされるが、妻のパート収入の多寡により、夫婦の可処分所得に違いがある。妻のパート収入をどこまでに抑えるかということも1つの課題である。そこで、夫の給与収入と妻のパート収入の具体例を挙げ、所得税(住民税は考しない)の違いを見てみる。 【前提条件】 給与収入には、家族手当は含まれない。 家族手当は、妻の課税所得金額がゼロのとき、月額3万円支給される。 夫の所得控除額は、配偶者控除及び配偶者特別控除を除き、一律150万円とする。 妻の所得控除は、基礎控除額38万円のみとする。 パート収入等が103万円以下の場合には、配偶者特別控除の適用はない。 平成28年分の所得である。

10種の所得にかかる税金とそのポイントをおさえて使えるお金を増やす。

タックスプラン
不動産運用

所得税に関する知識はファイナンシャルプランを実行する上においてとても重要です。 また家計の見直しなど、キャッシュフローを改善する上でも欠かせない知識です。 そして更に、会社経営等においても、税の知識によって大きなアドバンテージを得ることができます。 10種類の所得と税金について学ぶ 不動産所得 不動産所得の意義(所法26①) 不動産所得とは、不動産、不動産の上に存する権利、船舶または航空機(不動産等という)の貸付け(地上権または永小作権の設定その他他人に不動産等を使用させることを含む)による所得(事業所得または譲渡所得に該当するものを除く)をいう。

タックスプラン研究:各種所得金額の計算とポイント

タックスプラン
個人年金保険の税務

利子所得の金額 利子所得の意義(所法23①) 利子所得とは、公社債及び預貯金の利子並びに合同運用信託、公社債投資信託及び公募公社債等運用投資信託の収益の分配(利子等という)に係る所得をいう。 公社債には、国債、地方債などのほか、会社以外の法人が特別の法律に基づいて発行する債券及び国外で発行される債券も含まれる。 預貯金には、銀行その他の金融機関に対する預金及び貯金のほか勤務先預金等が含まれる。 合同運用信託とは、金銭信託及び貸付信託などをいう。 また、公社債投資信託とは、中期国債ファンドなど公社債のみに投資運用される投資信託をいい、株式に投資運用されるものは配当所得に分類される。

所得税の仕組みが理解できると社会の仕組みが透けて視えてくる

タックスプラン
税金対策

タックスプラン研究:個人の所得と税金 所得税の特徴と非課税所得の概要、基本的な計算方法、所得の分類、所得控除など、所得税を計算する上で特徴的な部分が理解できるように解説していきます。 また個人事業者とサラリーマンとの課税方法の違い、各種所得の金額から生じた損失を他の所得と通算する損益通算の制度、繰越控除の制度、青色申告制度や青色申告者の特典についても触れます。 所得税の特徴 所得税は、個人が1年間に得た利益(所得)に対して課税するものである。 従って、その課税の対象が個人であることから、計算の簡素化などを目的として特徴的な計算をしている点が多くみられる。 その特徴をつかむことで、所得税の課税体系及び計算方法が理解できる。

タックスプラン知識を身に着けて経済的なアドバンテージを手に入れる

タックスプラン
キャッシュフローゲーム

タックスプラン研究:始めの一歩 ファイナンシャルプランの目的は、現在の経済状態を改善し、キャッシュフローを生みだし、そのキャッシュフローを有効に活用できるようにしていくことにあります。 そして、個人の家計分野において生活の安定化を測る上でもその周辺知識は極めて重要になってきます。 そしてまた、当然ながら会社経営においてもキャッシュフローは経営の要になります。 したがって、キャッシュフローデザインは、個人のライフデザインや事業のビジョンを実現するために必要な所得や利益を獲得するという役目を担っています。 しかしながら、個々には税負担というものがあり、これを免れることはができず、生産されたもの全てを得ることはできないのが世の中の仕組みです。

ページの先頭へ