「不動産投資と活用」の記事一覧

ワンルームマンション投資

不動産を運用をするに当たってはその特性を理解し、関連する知識を身につけていく必要がありますが、その領域は非常に広く深い。

  • 不動産は預貯金や有価証券とは異なり、不動産独自の特性を持っている。
  • 不動産は個別性の強い資産、探せば類似したものはあるが、まったく同じというものは存在しない。
  • 時間の経過とともに周辺の環境も変化していくので、必ず現地に赴いて調査することが必要。

などの不動産特有の知識に加え、運用の知識、税務に関する知識、法律関係の知識などをはじめ、人の心理と言うものを知る必要もある。

なぜなら、売買を成立させる上でもっとも重要なポイントが売り手と買い手との願望に折り合いをつけることだからだ。

また、ご存知のように、不動産は土地の私的所有権は認められているが、一方では国民共通の貴重な資産としての側面がある。

例えば、国土利用計画法・都市計画法・建築基準法などによって、様々な規制があり、自分の所有地だからと云って自由に取引や利用が出来るわけではない。

そして不動産のもう1つの特長は複雑な権利関係が成立するというところにある。

例えば、Aが所有する土地にBの借地権が設定され、その借地上のBが所有する建物にCの賃借権とDの抵当権が設定される。

このように複数の権利を同時に存在させることができてしまう。

また不動産には複数の評価価値基準が存在するため、評価の方法についても知っておく必要がある。・・・・

このカテゴリーでは不動産に関する一般的な知識を始めとして、不動産の売買、投資、賃貸、法律、税務、そしてビジネスに至るまで様々な側面から不動産運用と言うものを解説している。

初回カウンセリング

小さな改善で大きな成果を!

将来が漠然としているからこそより大きな成長が期待できる。もしも、既に適切なプランがあるとしたら一気に飛躍できる。

あなたのライフデザインについて一緒に考えてみませんか?

成功率が高いと言われているワンルームマンション投資で、 なぜ失敗してしまうか?

不動産投資と活用
ワンルームマンション投資

不動産投資といえば、ワンルームマンションというぐらい、ワンルームマンションへの投資は不動産投資の中心的存在です。 新築、中古を問わずワンルームマンションの取引状況は非常に盛んで、投資カテゴリーにおいてもワンルームを投資対・・・

不動産取引におけるデュー・デリジェンスと不動産に関する民法の規定

不動産投資と活用
不動産デューデリジェンス

不動産取引とファイナンシャルプランニング、№8 不動産取引におけるデュー・デリジェンスの重要性とその調査項目について、権利関係や公法上の規制等についての調査方法、不動産に対する権利を保護し、取引の安全を図るために権利変動・・・

不動産投資の会計上利回りの欠点、投資判断の基準、そしてレバレッジ効果

不動産投資と活用
不動産 運用

不動産投資とファイナンシャルプランニング、シリーズ№4 前回の投稿では不動産の投資分析のポイントと収益改善のポイントについて主に解説したが、今回は不動産投資利回り、つまり、不動産投資収益率についての解説から始める。 不動・・・

ページの先頭へ