「住宅プラン」の記事一覧

住いの省エネ化、耐震化、そして住宅売却と税金について

住宅プラン
住宅の耐震化

住宅の省エネ化と耐震化 より環境負荷の少ない住宅・建築物の開発・普及 躯体の断熱性や建築設備の効率性などの省エネルギー性能の高い住宅・建築物の普及を促し、省エネ機器の導入や再生可能エネルギー利用の促進との連携を図りつつ、住宅・建築物における省エネルギーを促進する。 改正省エネ法による住宅・建築物の省エネ性能の向上 大規模な住宅・建築物に係る担保措置を強化するとともに、住宅・建築物に係る省エネルギー措置の届出等の義務付けの対象について、一定の中小規模の住宅・建築物へ拡大するなどの改正省エネ法により、住宅・建築物の省エネ性能の向上を促進。 (改正省エネルギー法関連情報(住宅・建築物関係))

快適な住空間を手に入れるために必要なライフデザインの知識

住宅プラン
住宅売買

住宅プラン研究:住宅売買 住宅売買において、まず売買の目的物が契約書の冒頭に表示されます。 売買の対象となる物件を特定する事が目的なので、物件の所在、地番、地目、地積記載されています。 一筆の土地の一部の譲渡やマンション1室の売買などの場合には分譲地の区画番号、住戸の質番号などが表示されています。 売買価格については、消費税がかかる場合は消費税を含めていることとし、うち消費税が明記されている必要があります。 売買面積の取り決めは、土地の面積には登記簿面積と実測面積があると云うことを認識しておいてください。 通常の売買金額は実測面積によって決定します。 しかし、契約を急ぐなど何らかの理由で登記簿面積によって契約するケースもあります。 この場合は、後日測量して差額を精算することになります。

住宅ローンの返済計画とポイント、そして返済に困った時

住宅プラン
住宅ローン活用

住宅ローンの金利と返済計画のポイント ローンの申し込み時や契約時点で返済終了まで金利が予め決まっているものを固定金利型といいます。 返済期間によって金利が異なり、返済期間が短いほど金利も低くなっています。 借りる側にとっては低金利時は有利、高金利時は不利ということになります。 市場金利の変動に伴ない金利が変動するものを変動型といいます。 金利は6ケ月ごとに改定させますが、毎回の返済額は5年ごとに見直されるのが通常であるため、返済額が変わらない5年間に金利変動により利息の未回収(未払い利息)が生じた場合は、次の5年間で調整することになります。

住宅ローンの活用ポイントを押さええた上でライフデザインを考える

住宅プラン
住宅ローン

住宅ローンの種類とそのポイント 住宅ローンの知識があるかどうかは、ライフデザインを考える上で大きなポイントとなります。 住宅ローンには、公的融資と民間融資があるということはご存知だと思います。 公的融資としては、住宅金融支援機構、財形住宅融資、自治体融資があります。 ただし、住宅金融支援機構は、災害 復興住宅融資、住宅債券積み立て、住宅積立郵便貯金利用者への融資など一部の例外を除き、新規の融資は行っていません。 財形住宅融資は財形貯蓄を行ってい る勤労者を対象とした融資制度で、4つの方法があります。

住宅取得にかかる費用と住宅ローン控除について

住宅プラン
住宅ローン控除

住宅プラン研究:諸費用とローン控除 住宅購入には登記費用をはじめ、様々な費用がかかります。これらの費用は通常、手元資金から支払うことになるので、予め準備しておくことが必要になります。 費用の目安としては新築物件の場合は物件価格の3%~7%、中古物件の場合は物件価格の6%~10%程度が相場です。   中古物件の場合の仲介手数料は、その仲介により売買が成立した場合に仲介業者に支払う手数料のことであり、契約成立時に半金、手続き完了時に残りの半金を支払う「契約時半金、最終時半金」といったスタイルが普通です。   手数料の上限金額は決まっていて、簡単な計算方法は(契約金額×3%+6万円)×消費税です。

住宅プラン研究:自己資金の作り方と夫婦共有名義で住宅を取得するメリット

住宅プラン
自己資金

財形住宅貯蓄 原則として国内に住所を有する年齢55歳未満の勤労者で勤務先に「給与所得者の扶養控除等申告書」を提出している人に限られます。 なお、退職等による不適格事由が生じた場合は、非課税の適用を受けることはできません。 勤労者財産形成住宅貯蓄契約に基づき年齢55歳未満の勤労者が勤務先を通じて預入、信託、購入又は払込みをした預貯金、合同運用信託、有価証券、生命保険の保険料、生命共済の共済掛金、損害保険の保険料などで一人1契約に限られています。 勤労者の持家取得の促進を図ることを目的とした勤労者財産形成促進法に基づく財形住宅貯蓄を税金の面で援助しようとするもので、5年以上の期間にわたって 定期に給与天引き預入により積み立てることや住宅の取得等の頭金として払い出されることなどを要件として、元本550万円までの利子等について所得税を非 課税とする制度です。

マイホームを所有する意味とライフスタイルの多用性について

住宅プラン
住宅購入

住宅プラン研究:マイホームと多用性 個人にとって住宅(マイホーム)は、人生設計上の大きな買い物の1つでしょう。 またライフプラン上の大きな目標の一つと考えている方もいらっしゃるでしょう。 そして、住宅を取得するということは個人のライフスタイルやキャッシュフロー、資産形成に大きな影響を及ぼします。 住宅を購入し所有することが個人の資産形成にもなると解釈している方も多いことでしょう。 経済が高度成長していた時代には購入した土地の地価が上昇し、住宅の資産性は土地を中心に大きく増大してきま した。 しかし、時代が変わり、値上がりするのは都市部の一部だけで、地方の土地は値下がり傾向にあるという環境のなかにあって、 建物自体の資産価値の 増大が一部目だってきました。

住宅購入時の諸費用と住宅ローンに影響する3つの要素を知って、住宅プランを仕上げる

住宅プラン
相続税法と不動産

住宅プラン研究:ライフデザイン 住宅は、一般的にみて人生で一番大きな買い物といえます。 それだけに、必要な費用を正しく見積もったうえで、無理のない住宅資金計画を立てる必要があります。 ここで注意したいことは、購入の際、オプションの追加などによって大幅に予算を超過してしまう傾向があるということです。 売る側は、ローンが組めて売れたらいい、銀行側は返済可能であれば問題ない、でも、私たちはそこで一度深く深呼吸をして、もう一度、それが無理のない金額かどうかを検討する必要があります。 返済は何十年もの長期にわるわけですから、ちょっとの金額の差が何百万の違いになることを忘れないでいてほしいのです。 そして、まず考えておきたいのが、住宅購入時には現金で用意しなければならないお金のことです。 無理のない借り入れをするためには、最低でも物件価格の2割以上の頭金を準備しておくことが望ましく、この分は現金で用意する必要があります。

ページの先頭へ