「老後プラン」の記事一覧

老後プラン研究:財形年金の活用方法、そのポイントと注意点

老後プラン
財形年金

財形年金について 老後資金づくりに限定した「財形年金貯蓄」 事業主を通じ、従業員が給与天引きで積立貯蓄をしていく「財形貯蓄制度」の一部。 積み立てる商品は勤め先が契約している銀行、証券会社などの金融機関の商品。 非課税枠がある。 給与天引きで手軽に貯められる。 財形融資制度が利用できる。 受取年金は個人年金保険のように雑所得とはならず非課税。 などのメリットがあるので、積極的に活用したほうがいい。

小規模事業者のための年金制度のポイントと注意点

老後プラン
小規模企業

小規模企業共済について 小規模企業共済とは、国の作った「事業主の退職金制度」のこと。 従業員が20人以下(卸売業・小売業・サービス業は5人以下)。 企業の事業主や役員が事業を廃業・退職した場合の備え。 生活の安定のための資金や事業の再建などのための資金をあらかじめ準備しておくための共済制度。 独立行政法人中小企業基盤整備機構が運営。 一定の要件を満たせば、個人事業主の配偶者や継従者など共同経営者も2名までなら加入できる。 小規模企業共済の特色 掛金は全額所得控除。 共済金は一時払いまたは分割払いと一時払い、分割払いの併用。 ※分割払の場合は一定の要件がある。 一時金は退職所得扱い、年金は公的年金等として雑所得扱い(公的年金等控除の適用あり)

中小企業退職金共済制度と国民年金基金の基礎知識

老後プラン
中退共

中小企業退職金共済制度について: 国の援助で中小企業が退職金制度を持てるようにすることが目的。 独立行政法人である勤労者退職金共済機構・中小企業退職金共済事業本部が運営。 中退共の特色 ①掛金の一部を国が助成する。 a)新たに加入する事業主に掛金の2分の1(上限5000円)を加入後4カ月日から1年間 b)新たに加入する事業主について、パートタイマー等短時間労働者の掛金が4000円以下の加入者がいるときは、掛金月額2000円の場合300円、3000円の場合400円、4000円の場合は500円をa)に上乗せする。 c)1万8000円以下の掛金月額を増額する事業主に増額分の3分の1を増額月から1年間 ②掛金は全額損金または必要経費として計上できる。

企業年金制度の基礎知識(キャッシュバランス編)

老後プラン
キャッシュバランス

キャッシュバランスプラン キャッシュバランスプランは、確定給付企業年金法によって新たに認められた年金制度のこと。 ※確定給付企業年金法は、平成14(2002)年に施行された。 確定給付型年金制度と確定拠出年金制度の両方の特徴を持つ。 ハイブリッド型・混合型 従業員ごとに仮想個人口座を設定 各人別に定めた拠出額を仮想口座に累積 一定の再評価率に基づく利息を付与して運用 最終的に積み立てられた金額が支給額 運用の利率である再評価率を固定しない。 あらかじめ定めた客観的な指標と連動させることによって、運用のリスクを軽減している。

企業年金制度の基礎知識(確定拠出年金編)

老後プラン
確定拠出年金

確定拠出年金は、拠出された掛金が個人ごとに区分され、掛金と運用収益をもとに給付額が決まる年金制度だ。 そして、掛金の運用指図は、加入者自らが自己責任で行うところが、他の企業年金とは大きく異るところだろう。 確定拠出年金の加入対象者 企業型 個人型 1,企業型 厚生年金基金等の企業年金制度(中退共、特退共を除く)を有する企業。 確定拠出年金を採用した企業の従業員が加入対象。 2,個人型 上記以外の企業の従業員。 自営・自由業者等(国民年金第1号被保険者)。 確定拠出年金制度の加入

企業年金制度の基礎知識(確定給付企業年金編)

老後プラン
確定給付企業年金

公的年金で不足する老後資金を、自主的な努力によって賄わなければならないような状況が、さらに顕著になってきた。 そのため、確定拠出型の年金制度の創設や確定給付型の企業年金なども労使の自主性を尊重しつつ制度整備が行われている。 確定給付企業年金について 確定給付型の年金とは、将来受け取る年金額を確定し、それに基づいて掛金を決める仕組みだ。 新たに厚生年金の一部を代行しなくてもいい基金型企業年金(基金型という)。 労使合意の年金規約に基づき外部機関で積み立てる規約型企業年金(規約型という)。 という2種類の確定給付型の年金がある。 従来の制度から切り替える場合には、「基金型」「規約型」のどちらも選択できる。 適格退職年金から「基金型」に移ることも可能。 厚生年金基金から「規約型」に移ることも可能。 確定拠出年金(企業型)への移行も可能。

老後プラン研究:企業年金制度の基礎知識(厚生年金基金編)

老後プラン
厚生年金基金

企業年金制度の基礎知識(厚生年金基金編) 企業年金とは、企業が主体となって年金を支給する制度だ。 その目的は、従業員の退職後の生活安定にある。厚生年金基金について 厚生年金の老齢厚生年金の給付の一部(報酬比例部分のみ)を国に代わって支給。 一定の企業年金を上乗せすることにより、老後について厚生年金よりも手厚い給付を行う。 厚生年金基金という特別法人を設立して運営にあたる。 厚生年金基金の特色 一定の割合で上乗せした給付を行う。 代行部分の1割以上が加算される。

退職後の医療、3つのうちどれを選択すれば損をしないで済むのか?

老後プラン
老後の健康保険

退職後の医療制度について 会社を退職した後、次にどの医療保険制度に加入するか選択する必要がある。 その際の選択しとして3通りが考えられる。 健康保険の任意継続 家族の健康保険の被扶養者 国民健康保険 (1)健康保険の任意継続被保険者 退職して健康保険の被保険者の資格を失った時点で、健康保険の被保険者期間が2カ月以上ある人が対象。 被保険者でなくなった日から20日以内に任意継続被保険者になるための手続きをする。 引き続き2年間にわたって健康保険の被保険者になることができる。 60歳未満の被扶養配偶者がいる場合に、最も多く選択されている方法だ。

老後生活の基盤、年金に関する税金等について取り上げてみました。

老後プラン
年金の税金

年金に関する税金等について 年金は老後の収入基盤だが、その年金も課税対象となっている。 だから、その税金の種類と計算方法を知って、実質手取り額を正確に把握することが必要だ。 公的年金等の税金について (1)支払い保険料 支払った保険料は、全額が社会保険料控除の対象。 具体的には、 所得税・住民税を計算する際に所得控除の対象。 法人が支払った公的年金の保険料については、原則として全額損金。

国のリバースモーゲージ制度と賃貸用不動産の投資、任意後見制度

老後プラン
リバースモーゲージ

任意後見制度とリバースモーゲージ 任意後見は、本人自身が将来判断能力の衰えた場合に備え、あらかじめ契約によって後見人を選任しておくという制度です。 リバースモーゲージ(持ち家担保融資)って何? リバースモーゲージとは、住宅・宅地などを担保にしてそこに住み続けながら老後の生活に必要な資金の融資を受け、死後にその住宅・宅地などを売却して元利金の返済に充てる制度です。 マイホームはあるが金融資産は少なく、年金などの収入も少ないという高齢者にとって、住み慣れたマイホームで生活しながら資産を現金化できる制度ということが言えます。

ページの先頭へ