エンタ-テイメント系会社員

エンタテインメント系会社員 54才

新卒で入社した会社でずっと音楽ビジネスに携わってきました。

紆余曲折もありながら、マーケティング、プロモーション、プロデュースと音楽ビジネスの様々な分野で経験を積むことができたのは、脱落していく人間が多い業界にあって、ラッキーなことだったと思います。

そして40代後半にその頃のボスにチャンスをもらいました。彼には大きな尊敬の念を抱き、また信頼も得ていると実感していました。

子会社を設立して私は専務に収まり、見よう見まねでアーティストマネジメントの新規ビジネスを意気揚々と始めました。その利益構造とアーティストのラインナップをみても、成功しない理由など見当たらないと確信していたものです。

しかし、予定していたビッグアーティストの不参加という想定外の状況でつまずき、そのうえ、マネジメントビジネスの本質を理解しないままの運営によってスタッフやアーティストから突き上げられる日々。4年間の赤字経営を続けた後、いよい会社から信用も失ない事業の終了を余儀なくされました。

最後となった株主総会では、自分を抜擢してくれたボスに、自分の名前を読み間違られるという切ないエピソードもありました。いかに信用を欠いていたかが伺えます。

会社は4年半で解散となりました。ずっともがき続けていたので、少しホッとしたというのが本音でした。

そして行きついたのがグループ会社の管理部門。

音楽ビジネス部門から転身先としてはモチベーションの下がる異動です。

「ああ、これからはここで淡々と働いていくのだろう」とたかをくくっていました。

心のバランスを崩してその筋のカウンセリングにもいってみました。

ちょうど定年後のことを考え出すタイミングでもあったので、保険の見直しでもしておこうと思い、ファイナンシャルプランニング(FP)の相談目的でWEBで偶然見つけて、斉木さんにアプローチして初回カウンセリングを受けることになります。

それが自分が考えていたものとは違い、ただのFPではなかったのです。

「保険の再設計をする前に、ご自分の人生のプランニングをしてもらいます」と言うではありませんか。

自信喪失していた自分にとって、いまは目を背けておきたかったテーマであったのですが、「アプリを変える」「コンフォートゾーンを上げる」「言葉をコントロールする」などの斉木さんのお言葉に耳を背けることはできなかったのです。

異動に関しては「会社がもう一度こちらに戻ってこいというメッセージだ」と一喝されました。

それから2年半ほどお付き合いとなります。

毎回のセッションでは、本質的なことを何度も繰り返しレクチャーしていただきながら、自分、将来、人間関係、社会、将来の見つめ方を学ばせていただいております。

それは哲学、脳科学、心理学、マーケティング理論、FP、コーチング、アーユルベーダーなど幅広い見識と、斉木さんご自身の経験からよるもので、いつも魂が揺すぶられる思いです。

以来、移動先の管理部門で自分の「強み」のひとつである「コミュニケーション力」(実はそれまで気づいてなかった)を活かして、内向的な管理部門の「通気性」をよくし、率いたプロジェクトで管理部門としてはグループ会社で初の年間表彰を受けました。現在は10以上のプロジェクトを同時にマネジメントしています。

また「強み」を更に磨くため「コミュニケーションセミナー」への参加を勧めていただきましたが、いまでは会社外でセミナー講師もしております。これ自体も自分のUSPの要素として取り入れていくことが目的です。

そして諦めていた昇進を迎えて、会社人生で第4コーナーを回っても、新たな展開が開けてきました。

セッション始めた当初に何度も行った「人生に望むこと」で列挙した事柄(仕事、趣味、ライフスタイルなど)の半分以上が既に実現しています。

いまでは自分の「強み」を発見して磨いて活かしていくことが最大の関心ごととなりました。

この後の10年20年先のライフプランニングを斉木さんと引き続き設計しております。

エンタテインメント系会社員 54才

初回カウンセリング

あなたの利益を最大化するための、はじめの一歩です。

何も準備していただく必要はありません。
お気軽にお申し込みください。

※即日のご対応はいたしかねますので、ご予約の際は7日程の余裕をもってご予約くださいますようお願い申し上げます。