エンタ-テイメント系会社員

エンタテインメント系会社員 54才

新卒で入社した会社でずっと音楽ビジネスに携わってきました。

40代後半に会社から与えられたチャンス、子会社を設立して自身は専務に収まり、見よう見まねで新規ビジネスを意気揚々と始めました。
しかし、予定していたビッグアーティストの不参加という想定外の状況があり、そのうえ、ビジネスの本質を理解しないままの運営によって4年間の赤字経営を続けた後、会社の信用を失ない事業の終了を余儀なくされました。
そして行きついたのが管理部門。
音楽ビジネスから転身先としてはモチベーションの下がる異動です。
「ああ、これからは会社で淡々と働いていくのだろう」とたかをくくっていました。
ちょうど定年後のことを考え出すタイミングでもあったので、保険の見直しでもしておこうと思い、ファイナンシャルプランニング(FP)の相談目的でWEBで偶然見つけた斉木さんにアプローチして、初回カウンセリングを受けることになりました。
それが自分が考えていたものとは違い、ただのFPではなかったのです。
「保険の再設計をする前に、ご自分の人生のプランニングをします」と言われました。
自信喪失していた自分にとって、いまは目を背けておきたかったテーマであったのですが、「アプリを変える」「セルフイメージを高くする」などの斉木さんのお言葉に耳を背けることはできなかったのです。
これが「縁」というものなのでしょう。
それから2年半ほどお付き合いとなります。
毎回のセッションでは、本質的なことを何度も繰り返しレクチャーしていただきながら、自分、将来、人間関係、仕事、社会の見つめ方を学ばせていただいております。
そのレクチャーも哲学、脳科学、心理学、マーケティング理論、FP、コーチング、アーユルベーダーなどの幅広い見識と、斉木さんご自身の経験からによるもので、魂が揺さぶられる思いがします。
以来、移動先の管理部門で自分の「強み」のひとつである「コミュニケーション力」(実はそれまで気づいてなかった)を活かして、内向的な管理部門の「通気性」をよくし、率いたプロジェクトで管理部門としてはグループ会社で初の年間表彰をいただきました。
また「強み」を更に磨くため「コミュニケーションセミナー」への参加を勧めていただきましたが、いまでは休日にセミナー講師をするまでになっております。
そして諦めていた昇進を迎えて、会社人生で第4コーナーを回っても、新たな展開が開けたのです。
セッション始めた当初に何度も行った「人生に望むこと」で列挙した事柄(仕事、趣味、ライフスタイルなど)の半分以上が実現しています。
いまでは自分の「強み」を発見して磨くことが最大の関心ごととなりました。
この後の10年20年先のライフプランニングを斉木さんとワクワクしながら設計中です。

初回カウンセリング

小さな改善で大きな成果を!

将来が漠然としているからこそより大きな成長が期待できる。もしも、既に適切なプランがあるとしたら一気に飛躍できる。

あなたのライフデザインについて一緒に考えてみませんか?