そのビジネスが確実に失敗することが保証される。

例えば、最良の製品やサービスを既に持っていると仮定しましょう。

しかし、その製品やサービスをサポートする体制を整えておかなかったら、その事業計画を実現させることはできないでしょう。

どのようなことにでも当てはまりますが、デザインを怠ってしまったことによって、次のような悲劇に見舞われることになります。

思いつきによって、ビジネスを進めることになる。

計画された収益パターンが不安定になり、風穴の空いたようなビジネスモデルが完成する。

いい加減な設計図を基に家を建て、後で瑕疵問題があちこちで発生するようなものです。

不測の事態が頻発し、ビジネスの進行は大きく遅れる。

いい加減なデザインによってビジネスを行なうと、修正する頻度が増し、その結果、事業は大きく後退することになります。

そして、そのほとんどはデザインの段階で事前に回避できるものばかりです。

必要なことと不要なことの区別がつかない。

ビジネスの手順を設計していないため、必要なスキルや不足しそうなパーツを前もって知ることが出来ません。

その結果、必要以上に複雑なビジネスモデルに仕上がってしまい、それによって混迷します。

もっとたくさんの理由がありますが、デザインを怠ってしまったことによって何が起こるか理解していただけたと思います。

ビジネスを確りデザインしない状態で、とりあえず闇雲にビジネスをスタートさせることがどんなに危険なことか・・・

そこにはチャンスどころかビジネス生命を絶たれる危険性さえ潜んでいます。

ビジネスの進行中に確実に暗礁に乗り上げる

ビジネスデザインを怠ると、方向性が頻繁に揺らいでくるので、途中で面倒くさくなって手近なところで手を打ってしまうのです。

彼らと一緒にビジネスをデザインしていく過程でわかったこと。

それは、かれらはビジネスではなく、仕事をより多く作っているに過ぎないということです。

では、なぜそのようなことになってしまうのでしょうか?

そのビジネスが、起業家の個人的な都合を満たすために設計されているからです。

どういうことかというと・・・・

全く自分と同じような人間がいて、代わりに無報酬でその仕事を請け負ってくれる人が何処かにいることが前提となっているということです。

したがって、そのようなコピーが現れない場合には、永久に自分一人でやらなければならないことになります。

つまり、彼らを主体としてデザインされたビジネスが、人生を最悪にしてしまう最大の原因となっていきます。

言い換えれば、ビジネスデザイン間違えてしまった起業家は、そのビジネスに関して必要な人材を集めることが出来ないということです。

彼らができることと云えば、計画に基づくシステムや人の採用ではなく、偶然に出会うチャンスを待つことのみです。

本文「あなたの利益を最大にし、それを実現可能するための明確な利益モデルを形成しよう。」よりクローズアップ!

初回カウンセリング

小さな改善で大きな成果を!

将来が漠然としているからこそより大きな成長が期待できる。もしも、既に適切なプランがあるとしたら一気に飛躍できる。

あなたのライフデザインについて一緒に考えてみませんか?