行動ファイナンスについて

ファイナンス理論における意思決定は本来合理的であるべきですが、その心理状態によっては、人はしばしば合理的とはいえない意思決定をします。

これは投資領域のことだけではなく、貯蓄、消費、借り入れ、保険加入など生活のさまざまなシーンで起こり得ることです。

そして、ここには個人のバイアスが大きく関与しています。

バイアスとは類似性、つまり個人の体験や経験に基づいて形成された考え方の癖といったところでしょうか。

個人の意思決定におけるこうしたバイアスには一定のパターンがあると仮定して、分析し、それらのバイアスを回避することによって合理的な意思決定が行えるように導いていく1つの手段、それが行動ファイナンス理論というものです。

儲けるよりも損したくない

行動ファイナンス理論が指摘している代表的なバイアスに収益に比べて損失を過度に嫌う「損失回避性」があります。

これは「人はそれぞれが持つ相対的な評価基準である参照点を基準として利得に対してよりも損失に対してより多く価値が減るという判断をする」とされるプロスペクト理論、このプロスペクト理論が行動ファイナンス理論の中核となっています。

現状維持を好む

環境が変化し、望ましくないアセットアロケーション(複数の異なった資産に配分して運用する)にもかかわらずそれを変更しようとしない。

また、身近に感じる日本株には多く投資するけど、新興国はじめ馴染みのない他国の株式や債券にはあまり投資しようとしない。そうしたカントリーバイアスなどを誘発する現状維持バイアスがあります。

総合的な未来の価値よりも目の前のことが大事

現在の小さな利益に目を奪われ、将来の中長期的な利益を逃してしまう。現在の低いコストに目を奪われ、将来の高いコストを見逃す双曲割引的な考え方をしてしまう。

すなわち、今は割引率が高いが将来に向け割引率が減少していきメリットが薄くなることがわかっているのに、思わず利用してしまう現状志向バイアスがあります。将来金利が高くなる段階型金利ローンなどが代表的なものです。

意味もなく中間的なものを選んでしまう

人は与えられたものの中で、さしたる理由もなく中間的なものを選んでしまう。これはある意味、極端性を回避する行動といえます。

例えばハイリスクなものとミドルリスク、ローリスクの金融商品が合った場合、思わずミドルリスクの商品を選択するという傾向があります。

この場合、本質的な違いを吟味して選択したわけではなく、あくまでこの三種類の金融商品を比較した中での相対的評価のみで下した結論でしかありません。

自分のリスク許容度や商品そのものの特性に基づくものではないので結果的に誤った選択を行ってしまう可能性 が強いです。

代表的なものに弱く、近道(ショートカット)が好き

人は何かを選択するときに十分な分析をせずに特定の特徴や記憶をよりどころにして簡単に判断してしまう傾向があります。

ものごとの一部分を見て全体を判断してしまう代表性バイアスがあります。

また特定の状況を判断するときに関連の記憶を元に判断してしまう近道選びという傾向もあいます。

根拠のないカテゴリーを作りたがる

家計の収支を食費、娯楽費といったように分類するように、お金に独自のカテゴリーを作って、その中で相対的に判断していこうとする傾向があります。

上手く活用できると合理的に作動するのですが、間違えると悲惨です。例えばギャン ブルなどで得たお金は、あぶく銭というカテゴリーに分類されると一気になくなる傾向があります。

ところがギャンブルを職業にしている人は、そうした行動はしません。実際わたしの知人にもそうした人がいます。

このような独自分類性をメンタル・アカウンティングという言い方をしたりします。

フレーミングしたがる傾向がある

また、特定のフレームを作ってそれで物事を判断していこうとする傾向もあります。

例えば消費者金融のCMで「10万円を1ヶ月借りて、利息はわずか500円玉三枚」というキャッチフレーズがあるとします。

一見すると、とても安い利息に感じてしまいます。あなたもそう感じてしまったら要注意です。

なぜなら10万円と1500円という現金の価値というフレームにとらわれてしまうからです。

ところがこれを鵜呑みにして借入を起こしてしまうと、「年利換算で18%」という極めて高い金利を支払う羽目になってしまうのです。

自覚のないまま、こうしたバイアスが常に働いていることを認識しておいてください。

本文「年代別ライフスタイルのポイントと認知バイアスを知る」よりクローズアップ!

初回カウンセリング

小さな改善で大きな成果を!

将来が漠然としているからこそより大きな成長が期待できる。もしも、既に適切なプランがあるとしたら一気に飛躍できる。

あなたのライフデザインについて一緒に考えてみませんか?