ペーパーアセットという名のポンジスキーム

FP業務を通して理解できたことがありました。

それは、、、、

どこまでも顧客に寄り添っていくというこは、非常に難しいことだと言うこと。

そして、最も衝撃的だったことは、収入に限界を感じたり、稼げなくなってくると、「お金に働いてもらいましょう。」

という誰かの言葉に絡め取られ、更にお金と時間を略奪されている人が世の中にはたくさんいるということでした。

つまり、売りサイドの情報に見事に絡めとられている人がワンサカいるという事実。

インターネットビジネスや自己啓発商材に絡め取られて自滅しそうになった人もたくさんおります。

しかし、金融商品関係は、それとは比較にならないほどたくさんの事例があるのです。

あなたも幾つかご存知だと思います。

私は、2008年のリーマンショックを機に、それまでとは違う方向に事業方針を切り替えました。

なぜ、そうしたのか?

それまで扱っていたペーパー・アセット(現金や証券類)に限界と疑問を抱き始め、ファイナスの理論やキャッシュフローの原理そのものを

勉強し直しているうちに色々と分かったことがあったからです。

最終的に出した結論は、それまでの契約を全て他者に移管した後、金融商品仲介業者の登録を抹消するということでした。

しかし、この決断は容易なことではありませんでした。

事業の縮小だけではなく、現在の利益と未来に得られるであろう利益、そのすべてを失うことを意味していたからです。

なぜ、ライセンスを放棄したのか?

ではなぜ、そこまでしてこの業務を放棄したのか?

実に感情的な理由で申し訳ないのですが、ただ単純に嫌だったからです。

クライアントの利益が増えれば喜んでもらえる。

そう思って始めたはずの事業が、実はそのようにはならない。

ということに気づいてしまい、全然楽しくなくなってしまったからです。

このことがパートナーの考え方と一致したので、そのカテゴリーから辞退しました。

あなたは、「ポンジ・スキーム」というのをご存知でしょうか?

「金持ち父さん、貧乏父さん」の著者、ローバート・キヨサキ氏は、彼の著書の中で、投資信託はこのポンジ・スキームだ!と言い切っています。

ポンジ・スキームとは、「投資家が出資した資金を実際には運用せず、後から参加した出資者から集めたお金を以前からの出資者に、あたかも資金運用が行われ利益が生まれてたかのように偽って支払う、所謂、詐欺行為のことを意味するからです。

詐欺だ!と云ってしまうのは少々行き過ぎた感じもあります。

私にはそう云い切れる自身はありませんが、なぜ金融商品仲介業者の登録を抹消したのか?

この例からお分かりいただけたら幸いです。

本文「セールスによって人生を変える思考と人格が研かれる。」よりクローズアップ!

 

初回カウンセリング

何も準備していただく必要はありません。

お気軽にお申し込みください。

※即日のご対応はいたしかねますので、ご予約の際は7日程の余裕をもってご予約くださいますようお願い申し上げます。