コーポレートファイナンスという考え方

法人を設立する目的は、利益を上げ、企業価値を高めというる事だけではありませんが、ここではファイナンスにフォーカスしてお話したいと思います。

企業価値を高めるということを簡略すれば債権者に対しては利息を払い、株主に対しては満足する利益をもたらす行為ということになります。

企業価値の定義とは

それでは企業価値とは何でしょうか?

ファイナンスの視点からすれば、

  • 事業から生み出す将来キャッシュフローを一定の割引率で割り引いた現在価値

という一見すると小難しい理論になります。

これはコーポレートファイナンスの分野で、

  • DCF(キャッシュフロー割引)モデル
  • フリーキャッシュフロー・バリエーション

と呼ばれているもので、人的資本や金融資産の評価にも基本的に共通する考え方です。

割引率って何のこと?

人的資本の場合、個人が将来得られると予測されるキャッシュフローの期待収益率である様に、企業の場合もその企業が将来得るであろうキャッシュフローの必要収益率ということになります。

必要収益率って何のこと?

  • 資金提供者である株主が要求する配当などのリターン
  • 債権者が要求する利子を支払える利益

上記2つが、必要収益率ということができます。

そしてコーポレートファイナンスの領域ではこの必要収益率のことを資本コストと呼んでいます。

資本コストって何のこと?

この資本コストには、

  • 材料費や販売費・一般管理費といった会計上のコスト
  • 資本金と借入金・債券などを使用する資本使用のコスト

上記があり、これらをカバーする利益が上げられて初めて企業価値を高める事ができるということになります。

株主は毎月の配当と所有株の値上がり益の両方を期待し、債権者は利息の支払いと元本の回収を求めています。

企業はこうした両者の求める収益を最低限上回る生み出すことを求められています。

法人を設立するということはこういったゾーンに入るということを意味します。

企業が生み出す将来キャッシュフローとは

それでは、企業が生み出す将来キャッシュフローとはなんでしょうか?

  • 事業から生み出す営業キャッシュフロー

商品の販売やサービスの提供など、会社が日々の営業活動から得たキャッシュ量を示します。

つまり、その会社はいくらのキャッシュを1年間で生み出せるのか、その能力が明確に表れる数値です。

これは、キャッシュフローのなかで最も重要です。

企業価値とは

そこから投資キャッシュフローを引きます。

投資キャッシュフローとは運転資金や設備投資のことです。

それで残ったものがフリーキャッシュフローということにないます。

このフリーキャッシュフローを必要収益率(資本コスト)で割り引いた数値がその企業の現在の企業価値ということになります。

因みにこれを発行株式数で割ると1株あたりの理論株価を算出する事ができます。・・・・・・

本文「独立・起業計画の王道と邪道と資金繰り(借金はすぐに返済するな)」よりクローズアップ!

初回カウンセリング

小さな改善で大きな成果を!

将来が漠然としているからこそより大きな成長が期待できる。もしも、既に適切なプランがあるとしたら一気に飛躍できる。

あなたのライフデザインについて一緒に考えてみませんか?