「縁」をプランニングする必要がある

原因も結果も結局は自分が作りだしているに過ぎない。

そして、結果を変えるのは自分の力によってではない。

人やモノやコトとの縁によってでしか結果は変わらない。

縁によって表れる現象が異なってくるからだ。

その縁する人やモノによって抱く感情が異なってくるからだ。

あなたも経験があるだろう。

この人といると何だか楽しくなるけど、

あの人といると何だかムカついてくるといったことが、、、

つまり、しっかりプランニングしなければならないのは「縁」なのだ。

素晴らしい人との出会いや人生を変えるきっかけとなるような出会い。

それは偶然には訪れない。

したがって、そうした人やモノ、あるいはコトと出会えるような仕組みを意図的に作らない限り結果は変わらない。

ものごとは偶然には起こらないからだ。

「真理を弁え知らず、学識の深い人にことがらの意義をきかないならば、みずから知らず、疑いを越えてない人が、どうして他人の心を動かすことができるであろうか。」-釈尊

人はお金の算段や旅行計画、仕事を企画したりはするが、素晴らしい「縁」を得る仕組みを作ろうとはしない。

結果のすべてが変わるというのに、そうしたプランニングを軽視して怠ってしまう。

「計画をたてるのはとても楽しく、快感をともなう。

長期の旅行の計画を立てたり、自分の気にいるような家を想像したり、成功する仕事の計画を綿密に立てたり、人生の計画をたてたり、どれもこれもわくわくするし、夢や希望に満ちた作業だ。

しかし、楽しい計画づくりだけで人生は終始するわけではない。

生きていく以上は、その計画を実行しなければならないのだ。

そうでなければ、誰かの計画を実行するための手伝いをさせられることになる。

そして、計画が実行される段階になると、様々な障碍、つまずき、忿懣、幻滅などが現れてくる。

それを一つづつ克服していくか、途中で諦めるしかない。

では、どうすればいいのか。

実行しながら、計画を練り直していけばいいのだ。

こうすれば、楽しみながら計画を実現していける。」

これはニーチェの言葉の和訳だが、ニーチェが言うように、計画が実行される段階になると、様々な障碍、つまずき、忿懣、幻滅などが現れてくる。

それを一つづつ克服していくか、途中で諦めるしかない。

途中で諦めるくなら最初から実行しないほうがいいのかも知れない。

でも、障碍、つまずき、忿懣、幻滅に向き合い、計画を練り直し、それらを克服できた時、そこには必ず「縁」の存在があるはずだ。

本文「他でもない、あなたの法則を作り上げ、「縁」をプランニングする」よりクローズアップ!

初回カウンセリング

小さな改善で大きな成果を!

将来が漠然としているからこそより大きな成長が期待できる。もしも、既に適切なプランがあるとしたら一気に飛躍できる。

あなたのライフデザインについて一緒に考えてみませんか?