性格+アプローチ=ブレイクスルーへの道筋

ライフプランを考える際のポイント

  • 自分の性格(タイプ:体質+類似性)を知る。
  • 人生に望まないことを明確にする。
  • 人生に望むことを明確にする。
  • 理想の一日を想定する。
  • あなたが本当に実行可能なものを明確にする。
  • それを細分化して、すぐ実行可能なレベルにまで落とし込む。
  • 正しい実行ステップを計画する。
  • プランニングへのアプローチを改善つつ最適なものに仕上げていく。

という手順で行なうことが重用になります。

残念ながら、順番を間違えることによって余計な問題を作り出してしまっているケースがたくさん見受けられます。

もっとも大切なことは、ライフプランは、あなたの人生における「豊かさ」を最大化することを目的に行うものだということです。

それだけに、あなたの性格(タイプ)を知るということが非常に重要になってきます。

ライフプランの事例

Mさんは長年勤続していた不動産会社を辞めて1年前に独立しました。Mさんは非常に勤勉な方で、朝5時30分に起床し、夜8時まで働き、この1年間で相当な成果を収めました。

しかし、極度のストレスからか、激太りをし、体調を崩したことがきっかけで、事業の方も暗雲が立ち込み始め、私を訪ねてきたのです。

彼の場合は、働き過ぎが原因で、体調を崩したり、極度のストレスを生み出していたわけではありません。

仕事の時間帯が彼に合っていなかっただけでした。

前職の経営者から「早起きは三文の徳」と言われて、それを忠実に守ろうとしていた、そのことが彼を苦しめ、体調に影響し、極度のストレスのトリガーになっていました。

つまり、彼は早起きに適している体質ではなかったのです。

会社員ですと融通のきく時間というのは限られますが、自営業に近い状態であれば何とでもなります。

そこで、起床時間を2時間ずらし、最もエネルギーが高くなる10時~11時の時間帯を思考することに集中してもらい、昼食を挟んでその後の4時間ですべての仕事を終えるようにプログラミングし直したところ、体調は回復し、1ヶ月で7Kg減量でき、売上も30%増えました。(昨年同月対比)

ここで行ったことは、ただ起床時間を遅らせ、彼がやる必要のない仕事をアウトソーシングしてもらっただけです。

起業や独立が何のためにあるのか?

その目的は個々に異なっていてもいいと思いますが、人生を犠牲にしてまですることではないと思います。

仕事のために人生があるのではなく、人生の目的のために仕事のやり方や仕事そのものをチョイスする必要があるのではないでしょうか?

(タイプの見分け方について詳しくしりたい方は、「心と体をよりクオリティーの高い次元へ導く方法とは?」をご参照ください。)

本文「ライフプランを作成しても自由な時間とお金が増えない理由」よりクローズアップ!

初回カウンセリング

小さな改善で大きな成果を!

将来が漠然としているからこそより大きな成長が期待できる。もしも、既に適切なプランがあるとしたら一気に飛躍できる。

あなたのライフデザインについて一緒に考えてみませんか?