セルフイメージとコンフォートゾーン

それからというもの何をやっても上手く行かず、アパレル関連4社を転々としました。

同じアパレル業でしかも得意だったはずのセールス。

セールス以外には何もしてないはずなのに上手く行きませんでした。

「僕の人生これからどうなっちゃうんだろう?」

目線が下がり、背中はだんだん丸まっていきました。

答えを導き出せないまま、もがき苦しむ日々が何日も何日も続きました。

全てのことが難しく思え、そして全てのことが良い結果に結びつきません。

「いったい何がどうなっちゃったんだろう」

自分の存在がだんだん薄れていって価値のない存在になっていくような気がする。

「なぜ、こんな状態に追い込まれてしまったんだろう、こんなパターンで自殺してしまう人って結構いるだろうな」

そんなネガティブなことしか考えられない日々が延々と続いたわけです。

傷ついたセルフイメージがコンフォートゾーン化すると最悪

この時は明らかにセルフイメージが最悪な状態だったわけです。

失敗したことを素直に受け止めきれないでいた。

意味のないプライドだけが、さらにセルフイメージを傷つけ、長い間、敗北から抜け出せない状態を何時の間にか作り上げていました。

そこがコンフォートゾーンになってしまったことを、長いこと気づくことができなかったのです。

人は生来から我が強く、負けを認められない生き物です。

それが返って回復を遅らせてしまうことになります。

スキゾとパラノのせめぎあいの中で生きている

事実を捻じ曲げ、物事を自分の都合のいいように解釈し、正当化して、そこ(パラノイア世界)に固定点を持ちながら抗い続けようとします。

その栄光らしき時期は、とっくに過ぎ去ってしまったというのに・・・・

現実世界(スキゾ)と理想(パラノイア)が交差する、何が何だかわけの分からない。

そのような状態でもただ1つだけ明確に私が確信をもてたことがありました。

それは、、、

この4社のうち2つは3年以内に消えるということでした。

実際、そうなりました。

そのことが、ある傾向からはっきりと読み取れました。

失敗する傾向が明確に表れる時

何から読み取れるのかというと、経営のやり方とかそういう表面上のことではなく、もっと根本的なところです。

気質と言いましょうか、もっとソーシャルな部分です。

特徴としては、言葉の使い方にそれが明確に現れます。

もっと重要なのは、その言葉の暗示的な意味です。

つまり、その言葉が何を言ってないのか?

本人も意識できない暗示的な部分にその本質があるわけです。

訓練によってコノテーションを読み取れるようになる

これは訓練していくと、そういうことが読み取れるようになります。

ビジネスでも、これとまったく同じことが言えます。

コノテーション(暗示的意味)が読み取れないでデノテーション(明示的意味)ばかりが気になる人は、ビジネスでも上手く行かないです。

私の場合、能動的な訓練によってではなく、受動的な訓練によって強制的に身についたわけですが・・・・

世の中には、これを生まれつき持っている人もいます。

そういう人って尋常じゃなく仕事が出来たり、人気があったりします。

そして、一流と言われる人に多く存在しています。・・・・・

本文「カッコよく振る舞いたい!それがエネルギーの源だった。」よりクローズアップ!

初回カウンセリング

何も準備していただく必要はありません。

お気軽にお申し込みください。

※即日のご対応はいたしかねますので、ご予約の際は7日程の余裕をもってご予約くださいますようお願い申し上げます。