環境が強制的に能力を育む「何を誰と学ぶか」

結局、最も嫌っていた180度違うともいえる保険セールスの仕事を選び、どうせならということで、国内最大手の保険会社を選択しました。

当然それを選択するだろう、という自分なりの納得感もあったからです。

そのことについては、機会があれば、またお話させていただきます。

ともあれ、その保険会社の代理店研修制度によって、短期間で驚異的な数字を上げ日本一になりました。

私が参加したのは、生損保代理店研修制度というものでした。

仮研修2ヶ月中にノルマが課せられ基準を満たさないと本研修に移行できない。

本研修期間は3年間で、3ヶ月毎に査定があり、基準を満たさないと解雇。

売上と資格の基準があり、営業成績が良くても資格が取得できなければ、最終段階で代理店としては独立できない。

その場合は、転職するか、どこかの代理店の従業員になるかを選択するという制度でした。

ゲスな言い方をすれば、人の本質的な部分を煽りまくっていく制度だったとも言えます。

ただ、当時の私にはこの環境は好都合でした、だから選択したとも言えます。

飢餓状態を能動的に作り出す能力

先の投稿でお伝えしたとおり最初の2ヶ月は苦労したものの、その後は生存リスク強調プランニングとスト-リーを売る戦法で売りまくり、誰もが羨むだろう、悠々自適の研修生時代を送りました。

この研修制度の3つの大きな欠点が補えれば、個人も会社ももっと潤ったに違いありません。

独立できるのは20%を下回るという、その信じがたい生産性の低さが、この研修制度を如実に語っています。

解雇された同僚を心配するよりも、明日は我が身かもしれないという恐怖感を生み出すその制度に、当時憤りを感じていたのは私だけではないでしょう。

しかし、私は、この代理店制度によって、永遠にお金には困らない環境を作り出す能力を得ることができました。

StarvationとMenace

研修プログラムの要点は、セールス、プライオリティー、タイム、タスク、資格取得、これらのマネジメントとそれらに関するスキルの取得、それからOJTなどです。

その本質はStarvation(飢餓)、Menace(脅迫)の状態を作り上げることにあったと言えます。

これはフルコミッションの仕組みを導入した時点で発生することだとも言えます。

見方を変えれば、その苦痛から逃れたいために、上記の全てを実行せざるを得なかったということです。

これを俯瞰してセールスに取り組んでいけるようになると、相当フラストレーションを軽減できますが、残念ながらそれを教えられる人がほとんどいません。

したがって、コミッションセールスの世界にいるほとんどの人がこのことを理解できないために、余計な苦しみを背負いながらセールスしているのです。

本文「成長できる環境を強制的に作りだす方法、その名は無一文!」よりクローズアップ!

初回カウンセリング

小さな改善で大きな成果を!

将来が漠然としているからこそより大きな成長が期待できる。もしも、既に適切なプランがあるとしたら一気に飛躍できる。

あなたのライフデザインについて一緒に考えてみませんか?