自給290万円をたたき出すマインドセット

実際にはそのよな生き方をしている人は稀だとは思いますが、人は本来であれば、最低限の衣食住を満たすものさえあれば、生きていけます。

その意味で、99%のセールスマンは、本来必要のないものを売りつけている「詐欺師」だ、と言えるでしょう。

「詐欺師」という言葉に過剰に反応する人がいるとしたら、その人はおそらくセールスが苦手な人でしょう。

ここで1%を残したのは、私の知らないところで「詐欺師」ではないセールスマンがいるのではないか、という不安からです。

この演繹的な発言への批判を回避したいという弱さでもあります。

では、99%のセールスマンが売っている「本来必要のないもの」

それは、一体何なのでしょうか?

売っているのは言葉の差異

それは「差異」を生み出している情報、すなわち言葉が使われるかたちです。

現代社会では、言葉の差異によって「消費欲」を煽り続けています。

本当はもう何も必要ないはずなのに買い続けているわけです。

そして、私たちは否応なくこの「構造」に自覚のないまま絡め取られています。

また、この構造によって個々の人生設計が大きく左右されているのです。

マインドセットの補足

例えば、衣服。

同じ衣服であっても「レアもの」「有名人の愛用品」「季節の新作」「数量限定」「製造にまつわる物語」といった言葉の差異が、新たな消費を無限に作り続けます。

これによって、すでに「衣服(A)」を所有していたとしても、新たな「衣服(B)」が不必要という心理にはならないわけです。

つまり、衣服(A)と衣服(B)の差が「言葉」で作られたもので、なおかつ実質的にはほんのわずかな違いしかない、あるいはまったく違いがないにも関わらずです。

事実はコピー、言葉がオリジナル

そう、人は商品そのものではなく、商品の差異である”言葉の使われるかたち”にお金を出していると言えます。

そして違った視点で考えるならば、「言葉がオリジナルであって事実がコピー」という見方もできます。

因みに私たちがよく活用しているシミュレーションとは、フランスの思想家、ボードリヤールが提唱した概念シミュラークルを作り出すことを云います。

シミュラークルとは、複製としてのみ存在し、実体をもたない記号、つまり模造(コピー)のことです。

私たちが差異(言葉)の消費社会に取り込まれていく中で、自覚のないまま、その「差異」自体が「実体」になっていくわけです。

すなわち、商品は本来の使用目的(デノテーション)を離れて、差異を生み出す情報(コノテーション)になるということです。

本文「成長できる環境を強制的に作りだす方法、その名は無一文!」よりクローズアップ!

初回カウンセリング

小さな改善で大きな成果を!

将来が漠然としているからこそより大きな成長が期待できる。もしも、既に適切なプランがあるとしたら一気に飛躍できる。

あなたのライフデザインについて一緒に考えてみませんか?