起業するということはリスクを背負うことではない。

将来のリスクと不安を軽減するために起業するのだ、というのは有名な話。

起業する、起業したい、できれば起業したい、起業には興味ない、あなたはどのタイプでしょうか?

難なく起業してしまう人もいれば、起業に憧れを抱いたまま人生を終える人もいます。

ではその違いはいったい何なのでしょうか?

モチベーションをしっかり確保する

モチベーションとはやる気ではなく動機です。

例えば、

  • なぜその事業をするのか
  • なぜ自分でなければならないのか
  • なぜ独立できるのか

といった根拠です。

モチベーションは最強の武器

そして、その動機の強さは、将来にわたっての強い礎となります。

逆に言えばこの動機が曖昧なうちに起業してしまうと、一時的に成功したとしてもその成功は短命に終わります。

また、一度失敗してしまうと、再び起業しようという勇気がなかなか持てないものです。

ですから、「動機」は事業の根幹を成す最も重要な要素ということになります。

そして最強です。

サインを見逃さない

起業できない人の典型的なパーソナリティーは「準備が整わないと起業できない」という考え方をする人です。

なぜそう考えるのか?

その考え方はどこから来ているのか?

日進月歩、スピード化している時代に完璧な準備をしていたら、時代は変わってしまいます。

このような思考の人は起業する人ではなく、起業に憧れを抱いたまま埋もれていく人です。

つまり、「準備が整ってないからまだ早い」というその言葉には、「事実を捻じ曲げ、自分の生き方を正当化しようとする」ルサンチマン的な感情が潜んでいます。

ただ、「準備が整ってないからまだ早い」という言葉を自分自身に言い聞かせ、実行することから逃げているだけなのです。

起業して成功している人は、「動機」が明確です。

そして、ルサンチマン的な感情は弱いです。

また、「起業していいよ」というサインを見逃さなかった人でもあります。

本文「起業する人と起業に憧れを抱いたまま埋もれてしまう人との違い」よりクローズアップ!

初回カウンセリング

小さな改善で大きな成果を!

将来が漠然としているからこそより大きな成長が期待できる。もしも、既に適切なプランがあるとしたら一気に飛躍できる。

あなたのライフデザインについて一緒に考えてみませんか?