起業
masa

前回は「損失を軽減する力と分散投資に依存し過ぎないマインドセット」でした。今回はファイナンス理論のベースでもある将来価値からの視点と現在価値からの視点などについて解説しましょう。

マネープラン研究:時とお金の価値

現在手元にあるお金の価値は、その金額以上に価値がある。

そこには時間の経過が加味されるからだ。

例えば、今手元に100万円があれば何かの目的にすぐに使うことができる。

しかし、銀行に預けておけばわずかであっても、そこには利息というものが付加される。

逆に必要なものがあっても手元に100万円がなかったら、金利を払ってどこからかお金を借りてこなければならない。

つまり、最終的には100万円以上のお金を返済しなければならないことになる。

このように貨幣価値というものは、時点と金額の組み合わせによって、異なってくるものだ。

現在の視点から見た将来の価値とは?

例えば、いま100万円が手元にあった場合、このお金の現在価値(P)は100万円だが、1年後の将来価値(F1)は当然ながら100万円ではない。

それを「F1=(1+r)n年という数式で表すことができる。

さらに、同じ条件の運用を継続できたとすると、数十年後にその金額はとても大きなものになる可能性がある。

もちろん、同じ金利が何十年も固定されるこなど現実的ではないが、金利差によって将来価値が大きく変わってくるのは事実だ。

将来の視点からみた現在の価値とは?

では逆に将来価値の視点から現在価値を見た場合はどうだろう?

例えば、金利が3%のとき、2年後に100万円にするためには、現時点でいくらあればいいだろうか?

それを「P=100万円/(1+r)n年」という数式で表すことができる。

上の式に当てはめると約942,596円ということになる。

したがって、約942,596円という金額を預けて2年間複利運用した場合、100万円に到達することを意味する。

ファイナンス理論には、金融商品の価値を決定するという役割がある。

その前提が、この将来価値から現在価値を求めるという考え方にある。

市場で決まっている価値は、市場参加者たちが、この考え方に基いて取引をした結果によって、その価値が決められていると考えるからだ。

注意点▼

ここで、注意したいことは、上記の2つの式は、あくまでも将来価値が確実でリスクがなく、将来価値の受取が1回のみの金融商品の現在価値、つまり現時点での理論価値を求めたものだということ。

リターン

投資の成果を測定する方法として、投資額に対してどのくらいのリターンを得たかというものがある。

投資額とその成果との比を投資収益率(ROI)、あるいは単に収益率といったり、リターンと称したりしている。

注意点▼

ここで注意しなければならないことは、リターンは利回りのことではないということ。

さらに投資成果は、投資から得られるもの全てであり、売却金額の他に配当、分配金、利子なども含まれる。

そして、売買の差額から得たリターンをキャピタルリターン、配当・分配・利子などはインカムリターンと言いう。

それが、キャピタルとインカムの両方からのリターンである場合、総合リターン・トータルリターン・配当込みリターンと表現される場合もある。

例えば、第t期の期末の配当、分配、利子などを含まない資産価格をPt、

配当、分配、利子は期末に発生するものと仮定してDtとする。

第t期の期首の資産価格は第(t-1)期の期末の資産価格と等しいのでこれをPt-1とする。

つまり、「第t期のリターンr1=第t期の収益額/第t期の投資額」という関係になる。

※Pt-Pt-1+Dt/Pt-1=Pt-Pt-1/Pt-1(キャピタル)+Dt/Pt-1(インカム)

実際にはリターンは、日次、週次、月次、四半期、半期、年次などさまざまな頻度で計算される。

そして、これらの計測期間と資金の投下、回収時点は必ずしも一致していない。

この場合リターン計測のためには、計測期間の開始時と終了時で対象資産を時価評価しなければならない。

例えば、10年前に購入して保有している株だとしても1年間のリターンを算出する時の投資額としては、1年前に時価で再投資したと考え、1年前の時価と現在の時価の差額とその間の配当の合計を投資収益として算出する必要が出て来る。

つまり、1年前に100円であった株価が現時点で110円になり、5円の配当があったとすると、1年間のキャピタルリターンは10%で、インカムリターンは5%ということになる。

次回は「過去のリターンは算出可能だが、将来のリターンを算出することは不可能」です。

ではまた。

ご相談・お問合せ

ライフデザイン、キャリアデザイン、キャッシュフローの改善・創造、ビジネスに関するご相談を承ります。
お気軽にお問合せください。

MSID研究所