masa

こんにちは、MSインテグラル・デザイン研究所の斉木です。

今回はファイナンシャル・プランニングというスキルが本当に必要なのかどうか、考えてみたいと思います。

マネープラン研究

学ぶ、結婚する、マイホームを取得する。

子どもたちの受験、進学、そして子どもたちの自立。

子どもが自立した後の自分たちの生活、そして相続準備等。

人にはそれぞれのステージにおいて叶えたい、やっておきたいと思う人生上の目標や目的があります。

それらをかなえるためには、将来についてしっかりとした計画をたてておくことが大切だ、というのがごく一般的な考え方です。

人生は想定外のことだらけ

しかし、ここで1つの問題が浮上してきます。

しっかりと計画をたてたとしても、そのシナリオ通りに上手くいかないことの方が大半だという事実です。

例えば、何かの事情で計画を途中で諦めたとなると、そのプランを作成した労力は無駄だったということになります。

あなたもご存知のように、ライフプランを実行するにあたっては、お金が必要です。

常にキャッシュフローが右肩上がりに上昇していれば何も問題はないのですが、なかなか思うように行かないのが現実でしょう。

政治経験のない実業家がアメリカの大統領になる時代です。

このような想定外のことが、自分の人生にも良くも悪くも起こることは十分考えられることです。

そして、最初のアプローチを間違えてしまうと、その後生み出されたものすべてが大きな障壁となってしまうことがよくあります。

しかしながら、ライフプランの試みは先々のライフイベントのことを考えるきっかけとなったり、将来に対する漠然とした不安もある程度和らげる役目を果たすこともあるので、一概に否定することも出来ません。

つまり、ライフプランに依存せず、プランニングしたものと現状との関連性を俯瞰しつつ修正していくということが重要になってきます。

そのためにはライフプランの手順と照らし合わせながら、その経済的バックボーン理論であるファイナンシャルプランというものを知っておく必要もあるでしょう。

ファイナンシャルプランニングとは何か?

ここ十数年、デフレの状態がず~と続いています。

その影響で日本経済は非常に冷え込みました。

インフレになれば、物価が上昇し、その影響で貨幣価値が低下し、現預金は実質的に目減りしてしまうことになります。

そうなると消費に回さなければならないお金が増え、私たちの所得が増えないままだとすると、結果的に貯蓄がゼロということにもなりかねません。

このように個人のふところ具合にとっては悪い方向性の不確実性要素が増加してきた昨今です。

したがって、これからは今まで以上に多岐にわたるお金の対策が必要になってくるでしょう。

そのような時に、強い味方となるのがファイナンシャルプランということになるでしょうか。

ファイナンシャルプランは私たちの生活に直接的に関わる重要なものです。

ファイナンシャルプランニングは、何を教えてくれるのか?

ファイナンシャル・プランニングとは、あなたのライフプランに基づいて、あなたのライフプラン上で必要なお金を把握し、計画を立てていくことです。

このファイナンシャルプランニングを行うことによって、あなたの夢の実現が加速したり、目的や目標の早期達成も可能になったりします。

そこでファイナンシャル・プランニングを行うにあたって必要となる基本的な情報を以下にまとめてみました。

あなたの夢の実現、そして人生の目的や目標達成のお役に立てていただけたなら幸いです。

ライフイベントに必要な費用は?

人生にはかなえたい夢、そして目標がたくさんあると思います。

しかし、それらをかなえるためには大きな出費を伴うことも事実です。

したがって、そのときになって慌てないためにも、あなたと家族のライフイベントを把握し、今後いくら必要になるのかを予め抑えておきましょう。

就職活動費

リクルートスーツ、交通費、宿泊費など約16万円
株式会社ディスコ2016年度日経就職ナビ学生モニター調査より

結婚費用

結納 ・婚約 ~新婚旅行までにかかった費用総額約461万円(全国推計値)
※ゼクシィ結婚 トレンド調査2015より

出産費用

出産費用の総額(入院料、室料差額、分娩料、検査、薬剤料、処置、その他)約49万円
※厚生労働省「第78回社会保障審議会医療保険部会配布資料」より

教育資金

子ども1人当たりの総額(幼稚園から高校まで公立、大学のみ私立の場合)約969万円
※文部科学省「子供の学習費調査(平成26年度)」、「私立大学等の入学者に係る学生納付金等調査結果について(平成26年度)」

住宅購入費

住宅購入平均価格:建売住宅約3320万円、マンション約4250万円
※住宅金融支援機構「2015年年度フラット35利用者調査報告」より

老後の生活費

ゆとりある生活費と考えられる老後生活費の平均金額約35万円/月
※生命保険文化センター/平成25年度「生活保障に関する調査」より
高齢夫婦無職世帯の支出約28万円/月
※総務省「家計調査年報(家計収支編)」平成27年家計の概況より

介護費用

介護保険受給者1人当たり費用額1ヶ月約16万円
※保険給付額、公費負担額及び
利用者負担額の合計額
※厚生労働省「平成26年度介護給付費実態調査の概況」より
上記は平成27年4月審査分。

その他の費用も計画しておく

このように、人生にはさまざまなライフイベントが控えています。

上記に記載した内容は、主なライフイベントにかかる費用の目安をまとめたものです。

もちろん、実際にかかる金額は人によって異なりますが、いずれにせよ、ある程度まとまったお金が必要なことは確かです。

前もって、こうした費用を把握し、準備しておけば、将来への不安も軽減され、経済的にも無理なく対応することが可能となってきます。

そのためにも、これからのビジョン(どうしいきたいのか)を明確にし、それにあたって必要なお金を早くから準備していくことが大切になってきます。

また、上記のようなライフイベントにかかる費用だけでなく、病気やケガで働けなくなったとき、急なリストラにあったときなど、緊急時のための備え(緊急資金)もある程度準備しておくことが必要です。

次回は、ライフイベントに必要なお金を計画的に備える方法について解説しましょう。

ではまた。

ご相談・お問合せ

ライフデザイン、キャリアデザイン、キャッシュフローの改善・創造、ビジネスに関するご相談を承ります。
お気軽にお問合せください。

MSID研究所