FPをフル活用したかったら!

FP資格は使い方次第でその成果が大きく変わる

FP資格を活かすFP資格を活かして起業を試みる人は、未だに多いようです。

私の一人娘もその一人でした。

娘の場合は、FPで起業したいというよりどちらかと云えば、私のライフスタイルそのものに興味を持ったようです。

いずれにせよ、FPは人気のある資格ですし、その用途が非常に広いのは確かです。

広範囲であるが故に、その使い方次第で大きく変容する資格だとも言えます。

実際、私が所属する日本FP協会だけでも、FP資格所有者は17.6万人を越えていますし、国家資格のFP技能士も含めると相当な数になるでしょう。

でも、他の士業資格、例えば、税理士、弁護士、行政書士、司法書士など、その資格で生計を成り立たせている人の数となると、極端に少なくなります。

FP協会の資料(2017年7月現在)によると、証券会社が28,895人、保険会社が40,396人、銀行・金融が18,878人、それ以外の会社が24,900人ということで、金融機関と会社だけで約64%をしめています。

つまり、これは他の士業資格とFP資格の使い方が違うということを意味しています。

ですから他の士業ビジネスモデルをFPビジネスに適応しても上手くいかないのです。

競合する相手も顧客対象も違うからです。

逆にFPビジネスモデルは他の士業やコーチ・コンサル系ビジネスでも使うことができます。

FPビジネスモデルは他の士業(宅地建物取引士含む)と連携したり、コーチ・コンサル系ビジネスにインクルーズしていくタイプだからです。

専門家を超プロフェッショナルに!

例えば、コーチは心理学や脳科学に基づいた手法を使って、個々の能力を引き出し、成長させていくことが仕事です。

しかし、残念ながら、お金の流れを生み出す方法がわかっていない方が多いようです。

お金の増やし方や生み出し方を理解していれば、クライアントの経済面を強化・保全することができ、さらに効用を高めることができます。

クライアントのことを真に思う良心的なコーチであれば、もっともっとクライアントに貢献したいと思うはずです。

そのような視点の高い方に、弊社のプログラムを共有していただけたら非常に嬉しいです。
主なサービスメニュー

FP無料ガイダンス 起業1年未満で1200万円以上の所得を確保する方法 FPテキストには載っていない、キャッシュフローを生み出す方法 最速でFP資格を活かす方法 5万円以下でCFP資格を取得する方法

ビジネスの悩みは集客!?

WEBメディアの構築

新規顧客が獲得ができない、という理由でビジネスを断念する起業家は非常に多いです。

起業から5年以内にその80%が消えて無くなるというのも、この新規顧客が獲得できない、ということが大きな要因だと思われています。

でも本当は違うのです。

もっと焦点をあてなければならないのは、顧客になってくれた人と関係性が築けないから廃業する、とい事実です。

多くの情報が溢れるなかで、自分のビジネスを選択してもらうのは、日を追う毎に難しくなってきています。

ですから、獲得すること以上に、維持し続けることの方が重要なのです。

顧客が獲得できない、ではなく「維持できていない」ということです。

別な言い方をすれば、良質な関係性を構築し、維持する方法がわかっていない。

良い関係性が構築できていれば、その人がパートナーとなり、知人を連れてきてくれるようになります。

高収益モデルと売らずに売れる仕組みをつなげる

集客だけではなく、その後も維持できる仕組みが必要

問いの前提を言語化する

クライアントと良い関係性を保つのは、実は非常に簡単です。

継続して成果を感じてもらえばいいだけのことだからです。

そのためには、良質なコミュニケーションの機会を増やし、本気で支援し続けることが大切です。

もし、顧客との縁が切れてしまうとしたら、それはあなたが必要とされてないだけのことです。

FPビジネスは特別なビジネスではありません。健康サプリメントを販売していることと、ほとんど変わらないのです。

効果があるから続ける、そうじゃないからやめる。ただそれだけのことです。

ちょっと違うのは、売っている物が飲み込むものではなく、それが飲み込む方法だというところです。

FPの本当の活かし方教えます。

斉木正夫

こんにちは、MSID研究所の斉木です。FPビジネスのことならなんでもご相談ください。私が直接サポートさせていただきます。まずは気軽にお試しコンサルから始めましょう!

Facebook ブレイクするーClub まねTamaクラブ

FPビジネス相談窓口

FPスキルをフルに活用する方法を知りたい、FP資格を活かして起業したい、フィー収入だけで事業を成り立たせたい、現状のFPビジネスモデルをブラッシュアップしたいなど、FPビジネスのことなら何でもお気軽にご相談ください。