FP幻想に絡め取られていませんか?

あなたがFPビジネスで成功したいのなら、まずFPへの幻想を捨てましょう。

あなたが、「低額フィー、コミッション収入の限界を突破してビジネスを高収益化したい。」

そう切望するなら、金融商品やサービス、或いは自分を売り込む姿勢を改めましょう。

もし、真から顧客に寄り添うビジネスを実現させたいなら、あなたの強みからスタートしましょう。

さらに、収益を安定させたいなら、顧客が満足するコミュニティーを最初から所有しておきましょう。

何かが欠けている

  1. 商品が悪い
  2. 知識不足
  3. リソースがない(人・モノ・カネ・実績)
  4. ベネフィットが伝わらない
  5. 情熱や想いが伝わらない

これらのことは原因の一部であって、根本的なことではありません。

これらのことは、何度も繰り返し考え試みてきたはずです。

成功者と別の現実に生きている

あなたが普通のこととして考えている善悪や美醜。(びしゅう)

それに似通った人と出会った時。

それは意見や考え方が同じだからというふうにあなたは思うでしょう。

しかし、実際は生き方や生活形式が同じだけなのです。

したがって、当然ながら富裕層と貧困層。

天才と凡庸な人の世界観。

雇用者と被雇用者の関係もまた。

この二層は、普段の生活において乖離しているに留まらず、

実は、まったく別々の現実に生きていることになるのです。

ーウィトゲインシュタイン

こんな悩みはありませんか?

  • フィービジネスの方法がわからない。
  • 低額(50万円以下)フィーを脱却できない。
  • 未だにバックエンドが金融商品のみで不安。
  • Webからの集客に悩んでいる。
  • そもそも集客の方法が分からない。
  • このままでは廃業するしかない。

同じようなことで悩んでいる。

これらは、すべて私の悩みでもありました。

私は、純粋なファイナンシャルプランナーではありません。

ただ、ファイナンシャルプランナーという言葉を利用してきただけだからです。

現在もそのことは変わりません。

そして、クライアントたちも、そのことを説明しています。

「ファイナンシャルプランナーは仕事の極一部にすぎません」と・・・

私がFPビジネスを始めた動機は、

  • FPという概念にある種の疑念を抱いていた。
  • そのポジションがビジネスとして成立するのかどうかを知りたい。

ということからでした。

他のビジネスと併行しながら7年間試みましが、最後まで納得出来る成果は得られませんでした。

それまでに5種以上のビジネス経験がありましが、長期間軌道に乗らなかったビジネスは、これのみです。

ですから「そもそもビジネスとして成立しないのではないか?」そう思っていました。

ビジネスの目的は、他者の成功に貢献することよって、自らの人生の目的を達成することだと私は思っています。

しかし、FPビジネスによって、その目的を達成することはできそうにありませんでした。

なぜなら、労働時間に見合った成果が、ずっと得られていなかったからです。

つまり、極めて生産性の悪いビジネスというイメージが長く続きました。

当時、他のコンテンツ系ビジネスでは、投資額の20倍、投資収益率で云えば1,900%程度の利益は確保できていましたし、通販では10倍、物販でも2.5倍の売上は確保できていました。

ですから、ビジネスとしてこんなに埒の明かないものはないと思っていたのです。

FP概念とビジネスはミスマッチ!?

実は、その原因の1つはFP概念にあることはわかっていました。

つまり、概念の解釈次第で成果が大きく異なる、そう思っていたのです。

ここで云う成果とは、顧客と自分のみならず、それらを取り巻く人も含めた成果のことです。

一つの解釈
今から10年ほど前の2006年頃の話なのですが、アメリカのコンサルティングファームが日本から撤退する際、当時、日系二世のCEOにその理由をうかがったことがありました。
「日本ではFPビジネスは成立しない。2年間かけて出した結論です。なぜなら、日本の金融機関は「お釣り」を間違えない」

これが米国のFPファームが、日本から撤退する時の理由でした。

前提を間違えると通用しない

  • アメリカの金融機関をベースに日本のFPビジネスを展開しようとした。
  • 人やコトではなく、モノを主体としたビジネスをしようとしていた。

などが挙げられますが、最も見誤っていたのは「顧客の質」だったわけです。

確かに、アメリカのエリートと一般の日本人を比較した場合、ファイナンシャル・リテラシーは数段劣っているかも知れません。

しかし、自分が認識していた以上に日本人は賢い。

そのことに彼は気づいて撤退することを決意したのです。

私から言わせれば、彼が認識した以上に日本人は遥かに賢く、そして奥ゆかしい。

誰も語ろうとしないFPビジネスの真実

あなたがFP幻想に囚われているとしたら、間違いなく廃業に追い込まれるでしょう。

  • FP幻想に絡め取られると浮上できなくなる。
  • FP的理想と現実のギャップ解消は容易ではない。
  • FP資格が高収益化のチャンスを潰す場合もある。
  • FP資格と事業の成否は、ほとんど関係がない。
  • FPスタイルは難しいビジネス構造の中にある。
  • FP概念の落とし込みを間違えると悲惨な事態になりかねない。

一方、FPビジネスの利点としては、

  • 人気のある資格でよく知られている。
  • 少額で簡単に起業できるジャンル。
  • 最初から顧客視点でビジネスを展開できる。
  • あらゆるビジネスに繋げることができる。
  • FP概念がビジネスの障害を既にクリアーしている。

なによりも、ビジネスとしてまだまだ伸びしろがあるジャンルだということです。

なぜなら簡単に他のFPに差をつけられる可能性が高いからです。

参考

あなたの商品は何?

ビジネスをシンプルに考えると、見込み顧客数×商品。

ところで、あなたの商品はなんですか?

この「問い」にどう答えるでしょうか?

金融商品ですか?

だとしたら、最終的な結論は、その商品やその会社のルール(構造)次第です。

不動産ですか?

だとしたら、最終的な結論は、その物件のクオリティー次第でしょう。

自分だ!

そうおっしゃる方もいらっしゃるかもしれません。

だとすると、その能力ということになるでしょうか。

では、あなたの能力とはいったいなんでしょうか?

あなたの能力の価値は?

例えば、ファイナンシャルプランナーとしての能力はしっかりと相手に伝わっているでしょうか?

それ以外の能力があるとしたら、それらを正当に評価してもらえてるでしょうか?

あなたが提供しているサービスの適正価格はいくらくらいだと思いますか?

もしかしたら、適正価格がわからないのかも知れませんね。

以前の私がそうだったように・・・

そうだとしたら、あなたも以下のようなことで悩んでいませんか?

  • 自分の能力の価値がわからない。
  • 正当に評価してもらえる方法がわからない。
  • 低単価、低収益に甘んじている理由がわからない。

FPビジネスの価値はもっと高いはず!?

私は6年前(2012年)から、FPビジネスのジャンル自体の脱構築を模索し始めました。

その道のプロの方たちに指導してもらい、50歳を過ぎてから短期間で高契約率、高継続率が実現することができました。

つまり、高収益化することに成功したわけです。

高単価化ではなく、高収益化です。

そして、そのノウハウを体系化することにここ数年間費やしてきました。

言い換えれば、「FPビジネスを下位概念に置いたビジネスモデルをデザインする。」

ということになるでしょうか。

高収益FPビジネス・モデルをデザインする

私のFPビジネの特徴は、高収益性にあります。

フィーオンリーでそれを実現しているところが最大の特徴です。

顧客からの要望があれば仲介もしますが、好きではありません。

なぜなら、コミッションを得るまでの手間(説明・契約・審査・フラストレーションなどなど・・)や消費時間を考えると、生産性が極端に落ちるので嫌なのです。

最悪なのは、最終段階(最終審査)で契約を拒絶されるケースです。

そうなると、上記の他にも精神的なダメージを受けるなど、その後の業務全般に悪影響を及ぼします。

常に良好な精神状態でクライアントと接していたいので、それは非常に困るわけです。

また、フィービジネスから得られる信頼は、コミッションビジネスから得られるそれとは比較になりません。

したがって、デザイン(システム)さえ確りしていれば、自然に高収益になります。

なぜなら、

  • そのシステムによって、顧客が望んでいる成果のはるか上をいく成果を実現できる。
  • 十分なフィーが得られるので、販売サイドの意向は無視したプランニングが可能。

その結果、顧客にとってこれ以上ない提案ができ、信頼関係がより強固になります。

フィービジネスとコミッションビジネス、両視点からアプローチしてみてそのことが明確にわかりました。

ですから、本来であればこのビジネスモデルをもう少し温存していたかったというのが本音です。

自分の優位性が薄まっていくからです。

したがって、この決断は非常に勇気のいることでした。

では、なぜ公開したのか?

秘訣を公開する理由

一つには、FP業界のあり方(構造)に我慢できなくなったからです。

  • FP独立・起業と称したビジネスとは乖離(かいり)したプログラムの存在。
  • 実践ではほとんど役に立たないような内容で構成されたコンテンツ。
  • 金融商品の拡販目的でファイナンシャルプランナーを利用している団体。
  • ファイナンシャルプランナーを顧客とするビジネス構造。

なによりも、そのしわ寄せが顧客に及んでしまう可能性が大きい。

そうような現状に我慢できなくなったからです。

根拠の詳細
実際、某FP養成講座を経て同じ時期にデビューした300名は、今、ほとんど営業しておらず、2015年の現在、30名を下回りました。
そのことについては「FPビジネス開始1年未満で1,200万円以上の収益を確保するためのガイダンス」の中で詳しく解説しています。

年齢に左右されない、誰もが可能な方法

もう一つの理由は、私自身が、50歳を過ぎてから短期間でできたことだからです。

このシステムによって、FPビジネスだけではなく、あらゆるシチュエーションにおいて成果につなげることができます。

参考事例▼

実際、59歳を越えた方が、このシステムを使用した2ヶ月後に本業以外で単価350万円のフィーを獲得できました。

そのことが切っ掛けとなり、1年後の現在ではコンサルティング会社を経営するまでになりました。

また、業績不振で悩んでいた生保レディが、やはり3ヶ月という短い期間で、異業種で起業し、成功しています。

そして、独立に至らなくとも、セールスやビジネスにおいて飛躍的にLTVと成約率が向上した例もあります。

したがって、この方法を知ってもらえば、早く確実に成果につながる。

クライアントさんの人生に貢献しながら、充実感を感じながら、ビジネスが続けられる。

そう思ったからです。

FPビジネスの重要なポイント

FPビジネスの悩みの筆頭は新規顧客の獲得ではないでしょうか?

  • 新規顧客を獲得するためには仕組みが必要

したがって、本当の問題は、、、

  • 「どうやってその仕組を作ったらいいのかわからない」

ということでしょう。

しかし、ほとんどの人が、集客を仕組みとしてとらえていません。

  • ツール(FB、Twitter、YOUTUBE、Webセミナーなど)を駆使することやノウハウだと勘違いしている。

しかし、これらのことは、仕組みの作り方が分かれば、簡単に解決することなので大きな問題ではありません。

自分でできなければ、アウトソーシングすればいいので、直ぐに解決できるのです。

参考▼

それについては「ビジネスコーチングのコーナー」で詳しく解説してますので、そちらも参考にしてください。

実は、もっと大きな問題があります。

とても厄介で大きな問題

「顧客との関係性をうまく築くことができず、契約が短期間で終わってしまう。」

という問題があるとしたら、こちらの方がもっと大きな問題です。

  • ビジネスの本質がわかっていない
  • ビジネスを知ってはいるが、理解できていない

ということになるからです。

ほとんどの問題は、高収益化できれば解決できますが、逆に高収益化できなければ、いずれ廃業に追い込まれる事になります。

したがって、顧客と良質な関係性を築くことに集中するべきです。

  • ビジネスの常識にとらわれ、本当に大切なことに向き合っていない。

そこに原因と大きな問題があります。

まとめ

なぜFPビジネスで上手く行かないのか?

同じ世界にいながら、別のものを見ている。

同じ世界にいながら別の現実を生きているからだ。

なぜそのような状況になっているのか?

能力の差だよ。

リソースの違いだよ。

といって、ただ自分を慰めているだけだからだ。

能力に関して云えば、個人差はほとんどないということを、あなたも既に承知しているはずだ。

「今のやり方ではうまくいかない」ということを認める潔(いさぎよ)さ。

「ひょっとしたら、何かが欠けているのではないか?」

と自分のやり方を疑ってみる。

「だったら、どうしようか?」

を考え行動してみる。

そうした真摯(しんし)な取り組みと、ちょっとした勇気が足らないだけなのでは?

次回は「FPビジネスを通して分かったビジネスが衰退していく原因と成長する秘訣」です。

FPビジネスに関するご相談なら何でも!
FPをフル活用したかったら!

FPビジネスをもっと円滑に進めたい、利益を今の2倍以上にしたい、フィー収入だけで事業が成り立つようにしたい、FPスキルをフルに活用する方法を知りたい、CFP資格を独学でお金をかけないで取得したいなどなど・・・FPビジネスやFP資格取得に関することならなんでもかまいません。

お気軽にご相談ください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事