不動産に対して成立する基本的な権利

不動産の上には物権と債権が成立しますが、この2つの権利はまったく異なるものとして扱われる。

物件について

①定義

物権とは人が物に対して、物を直接かつ排他的に支配する権利、すなわち、人の物に対する権利。

②種類

所有権、地上権、永小作権、地役権注1、入会権、留置権注2、先取特権、質権、抵当権等。

③性質

a)直接的支配権

他の人を介することなく物を直接的に支配する権利。

注意点▼

注1: 地役権:地役権は自己の土地の便益に供するために他人の土地を使用する物権である。引水や通行のために利用される権利である。

注2: 留置権:他人物の占有者がそのものに関して生じた債権の弁済を受けるまで、そのものを留置して弁済を間接的に強要する担保物件

b)排他的支配権

同一内容の物権は同一客体の上に併存し得ない、つまり、1つの物にAが所有権を持っているときは、同じ物につきBの所有権は成立し得ない(他の権利は排斥される)。

また、妨害の排除等を請求しうる権利(物権的請求権)、例えば土地の所有者が不法占拠者に「出ていけ」と要求できる権利なども物権には認められている。

このように物権は非常に強力な権利であり、第三者に不測の損害を与えるおそれがあるのだ。

従って、第三者の保護のために公示する制度(登記等)が必要なわけだ。

債権について

①定義

債権とは、特定人(債権者)が特定人(債務者)に対して一定の財産上の行為を請求することを内容とする権利、すなわち、人の人に対する権利だ。

②種類

貸金債権(金銭消費貸借に基づく請求権)、損害賠償請求権、賃借権等

③性質

契約自由の原則に基づき、当事者間の合意(約束)でどのような内容の合意もなし得るが、拘束力はその当事者間にしかなく、第二者には対抗できない。

つまり、物権に比べると弱い権利だ。

土地に対して成立する権利

土地に対して成立し得る権利のうち、重要なものは所有権と借地権だ。

所有権

単独で所有している場合と複数で所有(共有)している場合がある。

所有者は法令の制限内において、自由にその所有物を使用、収益、処分することができる。

そして、土地の所有権は法令の制限内において、その土地の上下(合理的利用と物理的支配が可能な範囲)に及ぶ。

借地権

借地権とは、借地借家法に規定する建物所有を目的とする地上権、または土地の賃借権のことであり、物権である地上権と債権である土地賃借権がある。

また、単独で借地している場合と複数人が共同で借地している場合がある。

土地の使用貸借権は、土地使用の対価を払わずに土地を利用する権利だ。

これは、借地借家法で規定する借地権には該当せず、借地借家法の保護は受けられない。

建物に対して成立する権利

建物に対して成立しうる権利のうち、重要なものは所有権(物権)と借家権(債権)だ。

所有権

①建物1棟に対する所有権

一戸建て住宅を所有する場合などのように、建物に対する所有権だ。

②区分所有権

分譲マンションなどのように、その部分ごとを所有の対象とすることが認められたものを区分所有権という。

区分所有権に関しては、「建物の区分所有等に関する法律」(区分所有法)という特別法で詳細が定められていまる。

③賃借権(借家権)

建物賃借権は、借家権として借地借家法が適用され、借地借家法の保護を受ける。

抵当権
意義

債務者または第三者(物上保証人)が債務の担保として提供した不動産を、占有を移さないまま設定者の使用・収益に任せながら、債務の弁済がなされない場合に、その不動産の交換価値から優先的に弁済を受けることのできる担保物権だ。

抵当権者(債権者)は、債務者が占有を移さずして担保として提供した不動産につき、他の債権者に優先して弁済を受ける権利を有する。

一方、抵当権設定者(所有者、通常は債務者)は、目的物たる不動産の占有を自己の下にとどめておくこともできるし、他に賃貸することも、他に売却することもできる。

なお、これらの場合に抵当権者の承諾は不要だ。

抵当権の設定を第三者に対抗するためには、登記を要する。

また、同一の不動産に複数の抵当権を設定することもでき、その場合の優劣は登記の順位による。

抵当権の効カ

①被担保債権の範囲

被担保債権の元本はすべて担保されるが、利息については、満期が到来した最後の2年分だけについてしか担保されない。

後順位抵当権者や一般債権者などの第三者のために、抵当権の優先弁済権を制限しているためだ。

②抵当権の効力の及ぶ目的物の範囲

a)土地に抵当権が設定された場合には、原則として、抵当権は抵当不動産(土地)だけではなく、その土地に付加して一体となった物にも効力が及ぶ(庭木、庭石等)。

b)建物は、土地と別個の不動産として取り扱われているので、土地に設定した抵当権の効力は建物には及ばない。

③抵当権の物上代位性

抵当権の効力は抵当不動産の売却、賃貸、滅失または損傷等により、本来の目的物に代わって抵当権設定者が受けるべき金銭その他のもの(代位物)の上にも及ぶ。

これを抵当権の物上代位性という。

これは、抵当権が目的物の交換価値を把握する権利である性質上、その価値が現実化したときには、その代表物にも効力が及ぶためだ。

例えば、抵当物件の建物が火災で滅失したことによって、その所有者が火災保険金請求権を取得した場合には、抵当権の効力はその火災保険金請求権にも及ぶ。

ただし、この場合には、火災保険金が債務者の一般財産に混入し両者の区別ができなくなる結果、物上代位ができなくなる事態が発生することも考えられるだろう。

こうした事態は、あらかじめ建物等の火災保険金請求権に質権を設定しておき、火災保険金の支払い前に抵当権者がその債権を差し押さえられるようにすることで回避できるはずだ。

④優先弁済権

弁済期が来ても債務者が債務を弁済しない場合には、抵当権者は、抵当不動産を一定の手続きの下に売却して(競売)、その代金から、他の債権者に優先して自己の債権の弁済を受けることができる(抵当権の実行)。

⑤法定地上権

Aが土地と建物を所有していたが、建物についてのみ債権者のために抵当権を設定し、その後、抵当権が実行され、Bが建物を競落した場合、BはAの土地の上に当然に地上権を持つものと解釈される。

法定地上権は、抵当権設定当時、同一所有者に属する土地と建物があり、その一方または双方に抵当権が設定され、競売の結果、所有者を異にすることとなった場合に認められるものだ。

⑥抵当権消滅請求

抵当不動産の所有権を取得した者(第二取得者)が抵当権者に一定の金額を提示して、その抵当権の消滅を請求する制度を抵当権消滅請求制度という。

抵当権消滅請求は、抵当権の実行としての競売による差押えの効力発生前に行わなければならない(民法382条)。

また、登記された各債権者(抵当権者)に対し一定の内容を記載した書面による通知が必要である(同法383条)。

「抵当権消滅請求(書面記載の代価または金額)を承諾したものとみなされる(同法384条)」場合

第三取得者から抵当権消滅請求のための書面の送付を受けた債権者が、その後2カ月以内に抵当権を実行して競売の申し立てをしない場合や競売の申し立ての取り下げや競売申し立てが却下された場合が該当する。

⑦建物の保護(一括競売)

土地に抵当権を設定したのち、抵当権設定者等が同地上に建物を築造した場合には、抵当権者はその建物を土地とともに競売することができる。

ただし、優先弁済は土地代金についてのみ認められ、建物代金は抵当権設定者に返還される。

なお、優先弁済を受ける場合の土地代金は建付地としての価額ではなく、「更地としての価額」となる。

根抵当権
意義

一定の種類の取引により生ずる債権、手形上、小切手上の債権など、一定の範囲に属する不特定の債権を極度額の限度において担保する抵当権だ。

根抵当権は、極度額に相当する目的不動産の担保価値の独立的支配権(枠支配権)であり、その枠をどう利用するかは、根抵当権者(債権者)と根抵当権設定者(不動産所有権者)との合意により、自由に形成される。

根抵当権の確定

元本確定期日の到来などの根抵当権の確定事由の発生により、根抵当権の被担保債権が元本債権と特定的に結びつき、それ以上生ずる元本債権はその根抵当権によって担保されなくなる。

ただし、利息に関しては確定後も流動性を失わず、根抵当権の枠内で担保される。

抵当権の登記などについて

抵当権は、登記をもって対抗要件とされ、登記記録上は権利部の乙区欄に登記される。

被担保債権が弁済されるなどして消滅すれば、それに従って消滅する。(付従性)。

その場合には、設定してある抵当権の登記も抹消されることになる。

被担保債権を弁済したにもかかわらず、抵当権者が抹消登記手続きに応じない場合は、抹消登記手続きを求める訴えを提起する必要がある。

また、根抵当権の場合は、元本が確定しない限り、例えば、極度額(枠)内の被担保債権がすべて弁済され消滅しても、枠自体を存続させることができる(付従性の緩和)。

次回は不動産に関する民法の規定から解説しましょう。

ではまた。CFP® Masao Saiki

この投稿はNPO法人日本FP協会CFPカリキュラムに沿って記述しています。

★LINE友達になるにはコチラ

今スマホで開いている場合はコチラをクリックするだけで簡単登録(2クリックで登録できます!)
Add friend
今パソコンで開いている場合はスマホでLINEを開いて「@osl9854j」をID検索!(@をお忘れなく!)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事