マネーゲーム
masa

こんにちは、MSインテグラル・デザイン研究所の斉木です。

今回は、ファイナンシャルプランニングの目的とリスクを読み取る力について解説しましょう。

キャッシュフローデザインの目的は、現在の経済状態を改善し、キャッシュフローを生みだし、そのキャッシュフローを有効に活用できるようにしていくことにある。

そして、個人の家計分野において生活の安定化を測る上でもその周辺知識は極めて重要になってくる。そしてまた、当然ながら会社経営においてもキャッシュフローは経営の要になる。

したがって、キャッシュフローデザインは、個人のライフデザインや事業のビジョンを実現するために必要な所得や利益を獲得するという役目を担っている。

そして、そのキャッシュフローデザインの一部がファイナンシャル・プランニングということになる。

ファイナンシャル・プランニングと聞いて真っ先に思い浮かぶのは、やはりお金そのものを運用することだろう。

しかし、資産形成の観点から見た場合それはあまりにも早計過ぎる。

お金そのものを運用する前にやるべきことがあるからだ。

しかし、基本的な金融知識は、投資そのものの全体構造を知る上では非常に役立つことも確かだ。

ファイナンシャル・プランニングの目的

ファイナンシャルプランニングの目的は何か?

シンプルに云えば使えるお金(可処分所得)を最大限増やすことにあるといえるだろう。

使えるお金の量を増やすためには、お金に働いてもらわなければなりませんが、同時にお金を守って、失わないようにしていくことも大切だ。

利殖とセキュリティーの両輪が働いてはじめてマネープランニングといえる。

そのマネープランの基本は、ライフプランに基いて設計していくことだ。

つまり、人生上の目標や目的に合わせた運用方法や貯蓄方法を考えていくことだ。

この運用方法や貯蓄の手段が、個人のライフプランに沿って選択されているかどうかで将来が大きく変わる。

つまり、何のためにお金を貯めるのか、増やすのか、この「何のために」が極めて大切だということだ。

また、金融商品には流動性・安全性・収益性という3つの特性がある。

しかし、この3つの特性を兼ね備えた金融商品は今のところ存在していない。

金融商品の流動性とは?

流動性とは、換金のしやすいかどうかということだ。

現金に難なく変えられることができれば、流動性が高いことになるだろう。

流動性の高い金融商品の代表はなんといっても普通預金。

いろいろな決済はもちろんのこと、送金などにも利用する事ができる。

また、定期預金や定額貯金なども流動性は高い。

預け入れ日から6ケ月未満に解約した場合は、据え置き期間内払戻利率が適用され、満期時とは異なる利率が適用されるが元本割れすることはない。

ということで、流動性の高い他の商品も見ていくことにしよう。

普通預金と定期預金以外では、スーパー定期・大口定期預金がある。

こちらは、中途解約した場合、中途解約利率が適用される。

そのほか以下のような商品もある。

これらは30日経過後、換金が自由、定額貯金は、6ケ月据置後は換金が自由という特徴がある。

  • 外貨定期預金

外貨定期預金の場合、原則として中途解約はできないが、日本の銀行では認められる場合もある。

いずれにせよ換金性は非常に高いといえるだろう。

金融商品の安全性とは?

安全性は投資した商品価値の変動の程度にって決まってくる。

リスクの程度、つまり不確実性の低い商品ほど安全性が高いといえるだろう。

例えば、預金などは預け入れ先の金融機関が元利の支払いを保証し、預金保険制度もあることから他の金融商品に比べて安全性は高い。

国債もまた満期まで保有していれば途中の利払いや償還は国が保証してくれるので、安全性は高い。

一方株式のように常に時価が変動しているものは安全性が低くなる。

価格変動の要因としては信用リスク、価格変動リスク、金利変動リスクの3つが考えられる。

信用リスクとは、預金の預け入れ先、債券の発行体(国、地方公共団体、企業など)、契約先、例えば保険会社などの信用低下や破綻によって債務不履行が発生するリスクをいう。

従ってそれぞれの財務・経営内容、及び格付けなどを常に意識するとともに、投資先を分けるなどしてリスクの分散を図っておく必要があるだろう。

参考▼

例えば預金は預金保険制度にって1金融機関ごとに合算して、預金者1人当たり元本1,000万円までと破綻日までの利息等が保護されているが、それ以外は対象にならない。

つまり、対象外の部分については信用リスクがあるということになる。

価格変動のリスクとは?

価格変動リスクを伴うものには、株式、債券、投資信託と云った時々刻々と価格が変動するもの、外貨預金のように為替レートによって変動するものなどが ある。

例えば、外国株式はこの両方の変動リスクを負っていることになる。

このような個々の商品の変動リスクは銘柄や通貨、経済情勢によって異なってくる。

これらのリ スクを把握するには過去のどのような局面でどのように変動したかを分析することになるが、だからといって捉えきれるものではない。

しかしながら、価格の変動リスクも 分散投資によって一定の低減は可能だろう。

つまり、ポートフォリオ(金融資産の組み合わせ)全体の価格変動リスクを考慮しつつ金融商品を選択する必要があるということだ。

金利変動リスクとは?

金利変動リスクとは、金利変動によって債券などの価格が変動するリスクのことだ。

例えば、満期の長い定期預金などは、金利が低下しても当初の金利を受け取 る事ができる。

しかし、その期に金利が上昇してもその恩恵を受けることはない。

このように将来の金利動向がリターンに影響するが、一般的には金利動向の予測は予め現在の金利に織り込み済みと考えられる。

そのため、金利変 動リスクと資金ニーズを考慮しながら金融商品の満期構成を考えていく必要があるだろう。

金融商品の収益性とは?

収益性とはリターンの大きさのこと。

購入時と売却時の価格の差であるキャピタルゲインと利子、分配金、配当などのインカムゲインの和を投入金額で除した率によってリターンを表す事ができる。

例えば、預金など予め金利の決められているものはリターンが低い。

株式など将来の価格が変動するものは将来に高いリターンを期待できるが、損失が発生する場合もあるので安全性は低い。

そして、何かを購入するために貯金をしていても物価上昇が起こり貨幣価値が下がった場合、予定していたものが買えなくなるという機会損失も考えられる。

また、輸入物価や為替、経済政策によってインフレが発生する可能性もあり、その結果損失を被ることもある。

例えば、国債を満期まで保有した場合、途中の利払いや償還金額を国が保証していたとしても、貨幣価値が下落した場合は結果的に購買力が目減りしたことになる。

こうした場合、商品先物や商品指数、金や原油価格に連動するものに投資しておいてインフレによる目減りはある程度コントロールするという方法も考えられる。

また、金融商品同士の収益性、安全性の比較は名目価値で行われるが、最終的には物価の変動を上回るリターンが実質的なリターンとなる。

資産をブレイクダウンする

資産の目的を分類するなら、直ぐに使える資産、万が一のために備える資産、運用するための資産に分配しておく必要があるだろう。

そして、緊急予備資金も考慮しておく事が望ましい。

したがって、運用するための資産以外は流動性の高い商品で運用する必要があるだろう。

また、中長期的なもの、例えば住宅の取得やリタイアメントなどの資金が、いつ、どの程度必要なのかを検討し、適切な商品で運用することが望ましい。

一般的に収益性の高い商品は安全性が低くなるので、ライフプランを検討し、損失が発生した場合のシミュレーションも行っておくといい。

損失に耐えうる程度に応じて商品を選択しておく必要があるからだ。

例えば、

金融危機が発生し損失が発生した場合でもその後カバーしていくことが可能かどうか?

キャッシュフローを生み出す労働力が残されているかどうか?

など、十分に検討しておく必要がある。

さいごに▼

なお、ブレイクダウンの仕方については、「お金の情報をブレイクダウンできるようになると世の中の流れが透けて視えてくる」や「ファイナンシャルの知識を応用することで、なぜ人生を変えることができるのか?」などで詳しく解説しているのでそちらを参考にして欲しい。

次回は、

初回カウンセリング

あなたの利益を最大化するための、はじめの一歩です。

何も準備していただく必要はありません。
お気軽にお申し込みください。

※即日のご対応はいたしかねますので、ご予約の際は7日程の余裕をもってご予約くださいますようお願い申し上げます。