成功
masa

こんにちは、MSインテグラル・デザイン研究所の斉木です。 今回は、自己啓発について取り上げてみました。

自己啓発という言葉を用いている人や勉強している人は多いですが、本当に人生や仕事の成果に結びついている人は少ないというのが実情です。

したがって、本当に取り組むべき自己啓発の課題とはなにかということになります。

「自己啓発にハマっている人は人生で失敗する」なんて言っている人もいますが、本来、自己啓発とはそういう類のものではありません。

自己啓発そのものが悪いのではなく、自己啓発というカテゴリーてビジネスをしている人たちの能力がない。

あるいは依存度の高い人たちがそのビジネスに多く絡め取られているということが原因ではないでしょうか。

一時期私もそのカテゴリーで右往左往したことがあるので、よく理解しているつもりです。

自己啓発は成長の要

自己啓発とは、自己をより高い段階へ上昇させようとする意志の表れであり、「より高い能力」、「より大きい成長」、「より充実した生き方」、「より優れた人格」などを目指していくものなで、そもそも成功とか失敗という概念とは関係ありません。

まあ、成功も失敗もそれぞれ人によって解釈が異なるので個々に定義が必用ですが・・・

ともあれ、自己啓発とは本質的には人として成長していくために必要なことです。

つまり、人として成長する必要がある以上、それがどのような分野であろうと自己啓発が必要ということになります。

どのような分野であろうと自己を高める努力をしない限り衰退していきますからね。

進化できなかった生き物はすべて絶滅するわけですから、本来であれば死ぬまで成長し続けるしかないのです。

そこで今回は、具体的にどのようなことに取り組めばいいのかについて解説しましょう。

自己啓発を誤解してませんか?

冒頭でもちらっと申し上げましたが、そもそも自己啓発とはなにかというと、「自分自身の能力を高めたり、精神的な成長を目指すこと」だということです。

自己啓発という言葉に対して良くないイメージを持っている人も多いですが、それは誤解です。

自己啓発自体には何の罪もありません。

自分自身が成長し続けるのが自己啓発なんですから、人が本来目指すべきカタチなわけです。

自己啓発系のセミナーや講座の中には、あきらかに怪しい感じのものもあります。

自己啓発を誤解している人たちは、おそらくそうした系統のものを槍玉に挙げて揶揄しているのではないでしょうか。

しかし、洗脳っぽい手法で、一瞬だけ気持ちよくなるようなことをやってるところもあるので、それなりに注意が必要なのは確かです。

自己啓発という言葉に絡め取られないように・・・

では、いかがわしい自己啓発系に絡め取られないようにするために、具体的にどんな行動をとればいいのでしょうか?

一般的な自己啓発の例としては、読書、専門知識の習得、適度な運動、健康管理、人間関係の構築、思考を研くなどが考えられるでしょう。

会社などで実施されるワークショップなどもありますが、そのなかでよく用いられるのが、コミットメント強化関係、ビジョン構築系のトレーニングだったりします。

これらを実施したけど効果が持続しなかったというケースがほとんどだと思います。

これらのことは、さしあたって必要性のないものばかりですから、ほとんどの人は真剣に取り組みません。

というよりも取り組めません。

読書にしてもジョギングにしても、今日やらないと二度とできないものでもありませんし、生活に支障があるわけでもないからです。

したがって、効果が持続しない、あるいはまったく効果がなかったとしても不思議ではありません。

自己啓発を習慣化している人は他を圧倒している

だからこそ、日常に取り入れてスケジューリングしている人たちは、質の高い人生を送ることができています。

例えば、、、

彼らの中には、毎日日記をつけるという習慣をもっている人は多いです。

それによって、思考を鍛えたり、軌道修正したりしています。

メンターの一人は、そこに毎日2~3時間投資しているというのですから、日記オタクと言っても過言ではありません。

とにかくスケジューリング(計画すること)が好きです。

人が嫌がること、面倒くさがること、やらないようなことに、どれだけ真剣に取り組むことができるか?

それが人生の質を高める最大のポイントといってもいいでしょう。

人は思考することが嫌いですし、何事も深く考えようとしません。

なぜなら、思考する行為は大きくエネルギーを消費するので、本能的に抑制力が働くからです。

私には時給290万円の師匠がおりますが、彼は本当にストイックです。

其の証拠に、思考がオーバーヒートして救急車で搬送されたことが何度もあります。

今取り入れるべきことは何か?

今、自分にとってやるべきことは何かをしっかりと意識すること、そこから自己啓発がスタートします。

自分を成長させるために今取り入れるべきことは何か?

それを習慣化するためにはどうしたらいいのか?

これを一度じっくり考えてみてください。

あなたの人生に望まないことは何でしょうか?

それを避けるために今やるべきことは何でしょうか?

あなたの人生に望むことは何でしょうか?

「仕事で成功しても幸せになれない、でも幸せになれば仕事も成功する」

これは、メンターの一人から教えていただいたことです。

私たちは既に知っている

私たちは今やるべきことが何か、本当はわかっています。

でも、その先が怖いから考えることを本能レベルのところで拒絶しているのです。

差し迫ったものではないので、やらなくても困ることはありません。

読書をさぼったからといって愛する人が目の前からいなくなってしまうわけでもないし、いきなりリストラされるわけでもありません。

適度な運動をしないからといって、いきなり病気になるわけでもないし、急激に太るわけでもありません。

自分が信じている医師から、このままでは「ヤバイ」といわれたら多少ドキッとして運動し始めるかもしれません。

でもほとんどの人は、その行動は長く続かないでしょう。

緊急でない重要事項をどれだけ優先的に実行することができるか。

これはある意味非常に難しい課題なのかもしれません。

それは、将来の利益が確定していないからということもあります。

先に見えるより多くの利益よりも、目の前の利益が好き

人は5年先の1,000万円よりも目の前にちらつく600万円の方が好きなのです。

自分を鍛えることによって大きく飛躍したという経験がまだないので、そうした行動に臨場感が沸かないのです。

今目の前にある利益が、未来において増えるというロジックが「絵に描いた餅」だとしか思えないのです。

よい人生を送るためには、何が必要なのか、それは誰もが理解しているはずです。

しかし、多くの場合、ほとんどの人はそのための行動はしません。

自己啓発と緊急性は無関係?

自己啓発自体に緊急性はないので、何の支障もなく生活ができていて、仕事にも特に問題を感じていない人が自己啓発に目を向けることはまずないでしょう。

そういう人が、自己啓発を生活の一部に取り入れたとしたら、逆に脅威なわけです。

悩んでいる人よりも成果を出すことができるので、そういう人たちよりも更にパワーアップするからです。

障害を克服することから始めるのではなく、その先の良好な心理状態から始めることからできるからです。

想像してみてください。

気持ちが乗っている時と、塞いでいるときとでは、どちらがより物事を吸収できるでしょうか?

明らかに前者ですよね。

やらなくてもいい状況にもかかわらず、更に成長しようとすることを、ほとんどの人はやりません。

どこかに痛みがある場合、それを懸命に治そうとしますが、まだ痛みが現れていない部位を治そうとは思わないからです。

というよりも、そうしたことに気が付かないから、行動できない、という方がより正確な言い方かもしれません。

先見性のある人は、常に自己啓発を怠らない

つまり、常に先を行く人は、そうしたことを見抜く力がある人だということです。

「先憂後楽」人よりも先に憂え、人よりも後れて楽しむことができる人ということです。

まだほとんどの人が気づいていない、「やがて緊急性になるであろうこと」ほど重要なことはありません。

もしあなたが更に自由になる時間と経済的なゆとりを増やしたいと願うなら、、やがて緊急性になるであろうことに目を向け積極的に行動してください。

過去を振り返ってみて、「あの時嫌がらないで、そうしておけば良かった」といったことは誰しもが経験していることでしょう。

つまり、「やがて緊急性になるであろうこと」を見つけ出し、今は面倒くさいと思えることを敢えて今日から実行する癖をつければ、近い将来、確実に今よりも更に輝く人生になるということです。

困難な状態はグットタイミング

またあなたが今、困難な状況に置かれているとしたなら、それはグッドタイミングとしか言いようがありません。

「苦しい」ということは、今丁度、プラスに転換するエネルギーを蓄えている最中だからです。

先程痛みの話しをしましたが、痛いところは直ぐに完治させたいと思うのが普通です。

そういう人を助けたいと思うのが人情です。

人は本質的にはそういう状態の人をほっとけないのです。

したがって、苦しい状況というのは「モチベーション」になりますし、周囲の人たちの力を引出す最大のチャンスでもあるということです。

しかし、大概の人はその痛みを懸命に隠そうとします。

自分が苦しんでいることを人に悟られまいとして必死にもがいてみせるのです。

痛みや苦しみを覆い隠してはいけない

でもよく考えてみてください。

あなたが、あなたの痛みを訴えなければ、あなた以外の人は、どうやってその痛みを知ることができるのでしょうか。

あなたが「ここが痛いんです」「今すごく苦しいんです」って言わなかったら、あなた以外の人は、どうやってあなたを助ければいいのかが分かりません。

あなたが苦しい状態を隠そうとすればするほど、そこから脱出するチャンスは遠のいていきます。

人はやらなければいけない状況に追い込まれて、はじめて本領を発揮することができます。

そのためには、まずあなたが自分の今の状況を受け止め、真摯な態度でそれを表現していくことが大切です。

「お臍のすぐ下あたりがシクシクとして痛いんです」「今リストラに遭いそうで・・・・かといって他のことを始める余裕がない状況で苦しんでいます」とあなた以外の人がちゃんと分かるように説明してください。

あるいは「将来にたいして漠然とした不安があるのですが、それが何なのかはっきりしなくてモヤモヤしていてスッキリしなくて毎日が重苦しいんです」などなど。。。

苦戦していることは恥ずかしいことではありません。

あなたが苦しんでいることや苦境に立たされること自体は恥ずかしいことではありません。

それを隠すことによって周囲に不安と恐怖、ストレスを振りまいているとしたら、その方がずっと問題ですし、それこそ恥ずべきことです。

苦しいときだからこそ、真摯な振る舞いを身につけるチャンスです。

今よりもっともっと他者に対して優しくなれる最大のチャンスです。

人格を研く機会が、また向こうからやってきてくれたのです。

まず自分で自己啓発に取り組んでみたいという人は、このサイト全体を通して学ぶことができると思います。

参考▼

特に「キャッシュフローを最大化するライフプランニング」や「ライフデザインの常識が変わる構造俯瞰型プランニングPD式について」のコーナーはそうしたことが習得できるような構成になっています。

巷で横行している成長できない自己啓発の間違いも同時に理解していただけるはずです。

メンターから教えてもらう

もう一つの方法は、コーチを見つけて一緒にやっていくという方法です。

一番確実な方法は、すでに結果を出している人を見つけて教えてもらうということです。

これはあらゆる自己啓発の行動のなかで最も効果的な方法です。

実際、私も多くの人を師匠と仰ぎ、その方たちに教えを請い、現在もその関係性は続いています。

その中でも際立だっているのは、時給290万円の師匠と高僧の考え方です。

なぜ師匠は時給290万円で、僕はその10分の1にも見たいのだろうか?

というのが、最初の疑問でしたし、「食うために生きるな、活きるために食せ!」という教えがいまでも私の成長の礎になっています。

私たちの意志は、もともとそれほど強いものではありません。

だからメンターが必要ですし、共に歩んでくれる人が不可欠なのです。

人は誘惑に弱い生き物

本当に人は誘惑には弱い生き物です。

ちょっとした誘惑にかられて、そこからズルズルとはまっていって、気がついたら全部やるべきことを放棄していたなんてことは頻繁に起こります。

私たちはすぐに「魔法の粉」をみつけたくなるし、そうした誘惑に対して非常に弱い抵抗力しか持ち合わせていないのです。

これを買えばうまくいくんじゃないか、儲かるんじゃないか、人から好かれるようになるんじゃないか、そうした誘惑は世の中にゴロゴロ転がっているわけです。

ですから、当面必要だと思えない何かを継続的に実施していくということは本当に難しいことなのです。

そこに心から応援してくれる人がいて、叱咤激励してくれる。

それによって、初めてあらゆることが全うできるようになるのです。

全て自分でやる、これは自殺行為

全て自分でやる。

これは自惚れ以外の何物でもありません。

また、自殺行為でもあります。

「人という字には支え合って生きていくという意味と不完全という意味が含まれている。」

これも師匠から教えていただいたことですが、本当にそうなのです。

ひとりきりで成し遂げられることなどこの世に存在しないのです。

もちろん、自分の人生は100%自分に責任があります。

その覚悟を持った上で、人と支え合って生きていくことが大切なのです。

ただ、すべてを一人でやろうとしていては大きな成長は望めません。

誰にも教えてもらうことなく、すべて独学で成し遂げていく、これがニーチェやカントの時代であったなら、それも可能だったかもしれません。

しかし、今の環境下ではどうでしょうか?

何を選択するかによって、その成果が大きく変わる時代になりました。

どの情報に基いて行動するかによって、そのベクトルは時間が立てば経つほど、大きく二つの方向に離れていくのです。

あなたが一人でやっていく、その選択を否定するつもりはありません。

もし、そう決心したなら、あなたの選択を尊重します。

メンターから直接教わる以上の自己啓発は存在しない

しかし、もしあなたが早く、確実に成果を得たいと考えるのであれば、成功のプロセスを知っている人に教えてもらうのが一番いいです。

あなたがもし最短でしかも極力少ないお金で成長あるいは成功したいなら、すでに成果を出している人に教えてもらった方が効率的です。

繰り返しますが、それ以上の自己啓発はありません。

だから、教わるチャンスがあるなら謙虚になってどんどん教わるべきです。

毎日、自分に適した時間帯に自己啓発を行なう

自己啓発は観念ではなく実践です。

自己啓発とは観念ではなく、実践することが主体です。

もう少し理解できてから、納得がいくまでは行動しないという態度ではなく、とにかく行動して常に改善を繰り返して馴染ませていくという姿勢が大切です。

行動を前提としたインプットでなければ、意味がありません。

成長できる行動を毎日の生活に取り入れ、習慣化しない限り、今までと何も変わりません。

行動が変化しなければ人生が変わらないのは、百も承知だと思いますが、敢えて申し上げます。

なにも行動を変えずに理想的な結果を期待しても、虚しい結末が待っているだけです。

成功している人たちは、世の中を俯瞰して、自分の行動を臨機応変に変化させている人たちです。

成功者は世の中の動向に謙虚な人たち

世の中の変化に対して非常に謙虚な人たちです。

その上で決して変わることのないある種の信念を持ち続けています。

つまり、「変わり続けること」と、「決して変わることのないこと」を併存させる必要があることを知っている人たちです。

彼らは変えてはいけないことを熟知した上で、世の中の流れの中で戯れているのです。

例えば、宝くじで大きなお金を手に入れた人が、その後もお金持ちでいることはまずないでしょう。

自分で構築したシステムによって得たお金ではないからです。

むしろ、そのことによって金銭感覚が麻痺して、リバウンドで金欠状態になる可能性のほうが高いでしょう。

お金が流れてくる仕組みを自分で確保しないかぎり、継続的にお金持ちで居続けることはできません。

変えてはいけないことを熟知した上で、世の中の流れの中で戯れる

つまり、変えてはいけないことを熟知した上で、世の中の流れの中で戯れる方法を身につければいいわけです。

そのためには日々自分を成長させていくしか方法がありません。

そして、成長していくためには、何を学ぶか、誰から学ぶか、誰と学ぶかということを真剣に考えなければなりません。

何を学ぶかについては、その学問全体の構造を知る必要があります。

NLP、成功哲学、コーチングその他自己啓発系の教材が何を基にして作られているのかを知る必要があります。

それをごく簡単に図式化すると、以下のようになります。

今あなたはとてもラッキーな人になった。

私はこの構造を知るまでとても長い時間を費やして、そして今にして思えば無駄なこともたくさんしてきました。

今日のあなたはとてもラッキーです。

なぜなら、この構造を知るだけで人生の損失をほとんどカットできるからです。

ベース知識
学問階層から見た俯瞰図

なぜなら、この俯瞰図によって何を重点的に学んでいけばいいのかがわかるからです。

上位階層の学問が理解できるようになると、それ以下の階層のものがどのように構成されているのかが、実際にその領域のものを学ばなかったとしても理解できるようになります。

なぜなら、論理はすべて言葉(文脈)によって構成されているからです。

具体的には、哲学から派生し、人間の心理に特化した学問が心理学であり、脳の働きに特化した学問が脳科学や脳神経科学ということになります。

その下位層である、NLPやコーチング、あるいは成功哲学などは、もちろんその上位階層の概念(言葉)をベースに形作られています。

さらに言えば、自己啓発系の本に登場する文脈のすべてが、その上位層で用いられている文脈をベースに構成されています。

事実と乖離している

つまり、下位層になればなるほど、事実からは乖離していきます。

そして、それが具体的になればなるほど、個人の思考の自由が奪われ、自ら思考する能力は低下していきます。

要するに、そこに強者と情報弱者の関係という構造ができあがるわけです。

事実ではない言葉の世界(強者の作り出す世界)に絡め取られていくわけです。

自己啓発系の何かを学んでも、講座に参加しても、成果に結びつかない理由の最大の原因は、実はそこにあります。

被害者が被害者を生みだすパターン

1つは、情報弱者がお金を得る手段として自己啓発系をビジネスにしているケースです。

実際にビジネスで稼いだこともなければ、他の分野で起業したこともない人たちが先生と呼ばれている。

それがある意味この世界の常識と言ってもいいでしょう。

その人たちもまた自分が気が付かないまま強者に絡め取られ、その傘下でビジネスを展開しているのです。

例えば、ナポレオンヒル博士の「思考は現実化する」という本をご存知でしょうか?

あなたもどこかで聞いたことがあると思います。

勉強家のあなたは、既に何回も読み返しているかもしれません。

非常に価値のある本です。

したがって、そのロジックをまねて教材にしているケースは枚挙に暇がありません。

中には、ちょっと引用を変えただけで、その他はそっくりなものもあります。

熟知している人が視ると、そういうことがはっきりわかります。

また、そういう教材に限って、コピーは固く禁じますとか脅し文句を羅列したりしているので判断しやすいです。

自分たちがコピーしまくっているので、そうしたことに過剰に対処してしまうのでしょう。

つまり、自分のコンテンツに自信が持てないでいるのです。

はなから自分のコンテンツじゃないんですけどね・・・

そういう人は世の中の重要な事実を知らないんでしょう。

言葉の世界(論理)にオリジナルなど存在しないということを・・・

まぁ、そんなことはどうでもいいのですが・・・

さいごに▼

それであなたの人生を変えることができるのか?

肝心なのは、それであなたの人生を変えることができるのか、ということです。

残念ながら、素晴らしい価値のある本を、ただ何回も読んだだけで、あなたの人生が変わることはありません。

それをベースに構成された講座に参加して実践したとしても、その効果は目をみはるようなものにはならないはずです。

なぜでしょうか?

肝心な要素がかけているからです。

  • 何を学ぶか
  • 誰から学ぶか
  • 誰と学ぶか

一番大切なことは、誰が学ぶか、です。

ではまた。

 

初回カウンセリング

小さな改善で大きな成果を!

将来が漠然としているからこそより大きな成長が期待できる。もしも、既に適切なプランがあるとしたら一気に飛躍できる。

あなたのライフデザインについて一緒に考えてみませんか?