自己啓発
masa

こんにちは、MSインテグラル・デザイン研究所の斉木です。 今回は、自己啓発の誤ったカタチにちて解説しましょう。

これまでの15年間、アドバイザーという立場で、多くのビジネスパーソンや経営者と接してきた。

彼らの職種や年齢、またその置かれた環境にはいろいろあるが、誰かから何かを学ぼうとする時、その根底には共通した意識というものが感じられる。

自己啓発の誤ったカタチ

「何かを懸命に学ぼうとする理由」

その1つとして「自己の能力開発」つまり、自己啓発ということが浮かび上がってくる。

またそのような試みをした時、大きな課題も生じてくる。

それは、「具体的にどのような能力を、どのような方法によって開発していけばいいのか」という課題だ。

社会人としてある程度の期間が経ち、仕事に行き詰まりを感じたり、自分の生き方そのものに疑問を持ち始めた時に「自己の能力開発」という衝動にかられることが多い。

一人になった時、友人たちと話しをしている時、ざわめきの中でふと我に返った時「いまのようなスタンスで仕事にとりくんでいていのだろうか?」「何か新しくことにチャレンジした方がいいのではないか?」

などなど、さまざまな思いが沸き起こり、何かを学び始める。

明確なガイダンスが少ない

しかし、実際には、なかなか思うようにいかないのが現実だ。

そのような課題に直面した時、具体的にどのような能力をどのような方法によって開発していくべきなのか、といった明確な指針が少ないのも1つの原因だろう。

私自身、会社での研修などに参加したり、またそうした現場にも多く携わってきた。

そうした経験の中で思ったことは、会社から提示される研修だけで個人の能力を開発することは難しいということだ。

なぜなら、これらの研修はすべて受動的に行われるものだからだ。

本来なら、何か前進できない障害を自ら強く感じていて、その障害を乗り越えるべく自ら思考し、納得できる能力開発の道を見いだすというのが道筋だからだ。

しかし、残念ながらそのようなプロセスを経ても、そこから迷宮に迷い込んでしまう人も少なくない。

今回は、そのような「自己啓発」というものを求めた時に陥ってしまいがちな幾つかのパターンをご紹介しよう。

現在行き詰まりを感じていたり、実際に自己啓発にチャレンジしてみようと思っている人は、一緒にチェックしてみて欲しい。

自己啓発で失敗するパターン

早期断定パターン

「僕には人事の仕事が適しています。だから社労士の資格を取ってもっと専門性を高めたい・・・」

「今経理関係の仕事についているので、会計の勉強をしておきたい。税理士の資格も……」

その部署に配属され、そうしたことを口にする若手はほんとうに多い。

一見すると、担当している業務の専門性を高めることは、素晴らしいように思えるので賛同する人は多いだろう。

専門性を高めること自体を否定することはできないからだ。

ただし、その仕事が自分の専門となりえるのか、自分の体質にあっているのか、今後10年以上そのジャンルでやっていくつもりがあるのか、などを精査する必用がある。

自分の可能性というものを考察し、会社全体の構造を捉えた上で、その分野でやっていくことを決めたのであれば、専門性を強化していく必要はあるだろう。

しかし、こうしたことを口にする人の環境や心理を覗いてみると、

  • 明確な理由もなく、他に目的がない。
  • わずか数年の実務経験しかない。

といった人物像が浮かび上がってくる。

単に揺らぐ心情を安定させたいがために「自分はこれで生きる」と言い聞かせているパターンが大半。

未来のキャリア形成の機会を排除している。

その結果、他の可能性を早々に排除してしまっていることに気づいていない。

自分は能力開発をしているのであって、自分の可能性を排除しているつもりなど毛頭ないのだ。

例えば、これを20代の人のタイムスケジュールで考えてみると、キャリアが70歳まで続くと仮定しした場合、まだ40年以上も残されていることになる。

いよいよキャリア形成をして行く段階において、未来の可能性を数年の経験によって断ち切ってしまっていいものだろうか。

もちろん、若いうちから何らかの専門性を高めておくことは望ましいことではある。

そのような動きが斬新な可能性の発見につながるといった場合もなきにしもあらずだ。

しかし、それは状況判断を確りできているという前提にたっての話だ。

また、それと同時に想定しておくべきことがある。

それは、「変化」だ・・・・

環境や人的資本の変化だ。

もし、現在欲している専門性がいっさい必要とされない環境になったらどうするのだろうか?

参考事例▼

彼はIT関係の大手に就職し、会計部門に配属された。

そこで彼は専門性を高めるべく、公認会計士の資格を取得し、まもなく僅かに昇給した。

しかし、彼が想像していた業務内容とは異なり、下請け的な仕事ばかりだった。

ある時、会社がM&Aの事業に乗り出すことになり、彼はその部門を切望し転属願いを受理してもらった。

だが、彼を待ち受けていたのは、弁護士の下請け的な仕事だけだった。

そう、またしても下請けだったのだ。当然大きな昇給も望めない。

彼は、努力が無駄になったことを悟り、自分の将来を悲観して死ぬことさえ考えた。

心理状態がどん底になった時、彼は1つのアイデアを思いついた。

そこで彼は、ある資格を取得するために会社を退職した。

やがて彼は、見事その資格を取得し、元の会社に再就職して年俸を20倍に変えた。

年収を月収に変えたどころの話ではない。

彼が取得した資格は「弁護士」だった。

公認会計士と弁護士のWの資格を所有し、M&A業務を熟知した彼に叶うものは、現在もその会社には存在しない。

彼が何をしたかおわかりだろうか?

公認会計士と弁護士、Wの資格を所有している人は他にもいることだろう。

しかし、彼の本当の目的はWの資格を所有することではなかった。

それは「完全な戦略」を実証することにあったのだ。

参考▼

人的資本の考え方については「ライフサイクルと投資信託、人的資本について」や「ライフデザインの方程式!性格+アプローチ=ブレイクスルーへの道筋」の中で解説しているので、そちらをご覧になっていただきたい。

戦略的な目的がなぜ必要なのかは「起業の目的を明確にした方がいい理由と目的から与えられる恩恵」の中で解説しているのでそちらをご覧になっていただきたい。

会社で最も望まれている未来の状態に気付き、そのポジションに行き着くために彼は戦略を変え、それを実行した。

さいごに▼

彼は若干29歳だ。彼ほど戦略的で実行力のある若手社員は滅多に存在しないだろう。

彼のように自分に適した明確な戦略と行動力があれば億単位の給料を獲得することは十分可能だろう。

また、会社を飛び出してその道を極めていくのもいいかも知れない。

しかし、それが早期断定によるものだとしたら、それはいただけない考え方だ。

無自覚のまま、この自己啓発パターンに陥っている、たくさんの若者がいるということをもう一度付け加えておきたい。

ではまた。。

>>自己啓発の誤ったカタチⅡ「現在のポテンシャルを完全に活かしきれてない状態で、さらにポテンシャルを増やすのは自殺行為

初回カウンセリング

何も準備していただく必要はありません。

お気軽にお申し込みください。

※即日のご対応はいたしかねますので、ご予約の際は7日程の余裕をもってご予約くださいますようお願い申し上げます。