ドーシャ
masa

こんにちは、MSインテグラル・デザイン研究所の斉木です。 今回は、精妙な振動が私たちを癒やしてくれていることについて解説しましょう。

前回の投稿「ヨーグルトや発酵食品が必ずしも体にいいわけではない&マクロビオティックという思想」では、自分の性格がわからなければ、人生の損失を真から回避できない。その性格は類似性と持って生まれた体質から来ているということを解説した。

今回はグナと5元素そしてサブドーシャについてです。

体質とパーソナルデザイン(振動と癒やし)

特定のドーシャに関するグナに目を向け始めると、グナの作用が複雑なバランス関係にあることがわかる。

そのグナの原理を知ることによって、人生がさらに興味深くなると共に、バランスの取れた状態を維持することが如何に大変かがわかるようになる。

また、それによって個人の人生設計が根底から大きく変わっていくことになる。

自然はグナとドーシャの作用を通して個別性を鮮明にし、個々に少しずつ異なる感覚を与えているからだ。

多用性はチンパンジーの10分の1、もともとは1つの系統の種族

一方、ホモ・サピエンスの多用性は、私たちに一番近いとされているチンパンジーの10分の一でしかない。

最古のホモ・サピエンスの化石が1967年にエチオピアで発見された。

それは、今からおよそ19万5000年前のものだった。

それからしばらくして、1997年にさらに3個の頭骨がエチオピアのヘルト村という所の近くで発見され、それはおよそ16万年前のものだと推定された。

また、遺伝子の研究により、地球上のすべての人は、アフリカにいた1つの系統の種族であるこが裏付けられている。

つまり、人類の遺伝子配列が驚くほど多用性に欠けているということが明確になったのだ。

その原因の1つとして、ある時点でホモ・サピエンスの数が激減し、その環境下で交配が行われたため、非常に似た遺伝子情報を共有するようになったのではないかと推測されている。

しかし、チンパンジーなのどに比べると遺伝子的な多用性が低いとは言え、それでもまだ複雑だ。

外界の世界につりあうように内面の世界を形成する

同じ細胞、同じ器官、同じホルモンが働いていても、それぞれの環境に適応するために変化を遂げてきたからだ。

それぞれの環境に住み、内面的にも外面的にも生存するためのバランスを見出してきたのだ。

だからこそ、自分たちが築き上げてきた外界の世界につりあうような内面の世界を形成しなければならないと彼らは言っている。

しかし、私たちが築き上げてきた外界の世界は、あまりにも複雑になりすぎてしまったのではないだろうか。

また彼らは、25種のグナの重要性は、人間が持っているさまざまな性質を人体という枠を越えて拡大するところにあるとも言っている。

グナの集合体である人間は、自然と共存し一体となっているという考えに基づいているからだ。

例えば、カパドーシャは、冷性と湿性を共存させているため、寒い湿った空気はカパのアンバランスの原因になる。

SADという厄介な症状

そして、このような気候は憂鬱になりがちで、SAD(社会不安障害)の原因の1つであるとも言われている。

SADの一般的な見解では、心理・環境的要因、遺伝的要因、生物学的要因などの様々な要因が複雑に絡み合って生じるとされている。

緊張すると自律神経中の交感神経が高まることはご存知だろう。

社会不安障害の人の中には、交感神経の高まりによって身体症状が出やすい体質の人がいる。

また、社会不安障害の人の家族を念入りに調査した結果、16%の人に社会不安障害が見つかったという研究もある。

この数値で遺伝の影響を原因の1つとすることに違和感を覚える人もあるかと思うが、その可能性は否定できない。

そして、遺伝的な要素とともに、環境が大きく影響していると考るのが妥当だろう。

私たちの脳には、今の状況を脳に取り入れるかどうかをジャッジするために、情報の強さを調節するシステムがある。

その刺激の強さを調節するホルモンが、ドパミン(ドーパミン)とセロトニンといわれているものだ。

このドパミンとセロトニンが上手く働かないと、情報の強さを処理しきれず、強い刺激のまま大脳に送ってしまう。

社会不安障害の人は、この調整機能が上手く作動しないため、不安や緊張を感じやすい体質になってしまっているといえるだろう。

不安や恐怖の感情は、扁桃体(へんとうたい)という部位が関係して、社会不安障害の人は、扁桃体の反応が敏感すぎるとも言われている。

彼らはいとも簡単に解決してしまう。

しかし、彼らの原理によれば、これらを簡単に解決してしまう。

カパが外側で増大すれば、内側でも増大する。

カパのバランスの崩れやすい人が、カパの増大によってSADの様な症状に陥る。

すべての人は、カパを持っているため鬱病にまで至らない人でもカパの増加に何かしら影響されている。

環境の変化の影響は、健康な人にも、そうでない人にも、どんな人にも及んでいる。

問題は、そうした環境とどう戦うかではなく、季節の変化にどのように順応していくのかにある。

自然はあらゆる変化を私たちに与えると同時に、それらに対処する能力も与えてくれている。

自然が私たちに毎日、問いかけてくれているのだ。

したがって、私たちは、その問いに応えなければならない。

バランスとは変化に対する柔軟性である

結局、私たちが健康であるかどうかは、絶え間ないグナの戯れとバランスを保つ能力を私たちが持っているかどうかということだ。

バランスとは変化に対する柔軟性のことであり、「完全なる健康」とは絶え間ない変化に対する完全なる柔軟性にほかならないからだ。

では、ヴァータは「乾」、ピッタは「熱」、カパは「重」といったことを彼らはどのようにして発見したのだろうか?

これまで話してきた通り、ヴァータ、ピッタ、カパは基本的な原理で、これらのドーシャは、体のあらゆる部分で物質的な形態をとるが、ドーシャ自体は非常に抽象的なものだ。

自然界に存在するものすべてが抽象的であると考えるのは、最初は違和感があるかもしれない。

参考▼

しかし、物質もまたエネルギーのカタチを取りうるということはアインシュタインのエネルギー E = {\displaystyle E=} {\displaystyle E=} 質量 m × {\displaystyle m\times } {\displaystyle m\times } 光速度 c {\displaystyle c} c の2乗、所謂特殊相対性理論から導き出された関係式、この時から次第に受け入れられるようになっていった。

反対に物理学の最も抽象的な概念が、物質的な形態をもつということも発見されている。

重力とは「重性」というグナ

重力は「重性」というグナに相当するものだと解釈できるが、この重力は、グラビトンという重力をつかさどる粒子、つまり物質的な観点から検討されている。

グラビトンとは、重力そのものを説明する上で非常に大事な役割を持つとされているのだ。

自然界は物質とエネルギーの2つのレベルからなりたっているとされているが、この観点からすればエネルギーの方が物質よりも抽象的にとらえられている。

しかし、エネルギーもまた流れたり、増減したり、蓄えられたりすることからすれば、物質よりエネルギーの方が抽象的であるとは断定できないだろう。

彼らの2つのレベルの抽象性

実は、彼らの見方にも抽象性の2つのレベルがある。

1つのレベルには3つのドーシャがあり、もう一つのレベルには5元素という一組の原理がる。

そして5元素のレベルには物質とエネルギーの両方の性質が含まれているとしている。

5元素を精妙なものから順に上げていくと、空・風・火・水・地ということになる。

5元素は地・水・火・風・空気・空間に対応していると同時に、抽象的なものでもある。

5元素とは、心とその心を通して認識する世界を形成している知性の形態を表す符号だと彼らは定義しているのだ。

つまり、この5元素を組み合わせることによって3つのドーシャが得られている。

ヴァータは風と空、ピッタは火と水、カパは地と水と言った具合にだ。

なぜ、ヴァータ体質の人が寒風の天気でバランスを崩すのか、これらのことからお分かりいただけただろうか。

風と空のヴァータ

つまり、ヴァータは空気のドーシャなので、風というかたちで空気がたくさんあると増加する。

腸にガスが溜まるということが多いが、これもヴァータが空気と関係が深いことを示しているのだ。

空気は微細で浸透性があり、軽い、この特性がヴァータの性質そのものであることを理解いただけると思う。

火と水のピッタ

ピッタ体質の人の体が温かく、汗をかきやすいというのは、水の体質を表している。

火は攻撃性と移動性の象徴だ。

土と水のカパ

カパ体質の人は、現実的にものごとを考える人が多い。

地に足がついてどっしりとした重量感を感じさせる。

一方、胸部のうっ血、鼻詰まりなど粘液の障害にかかりやすい。

水と地が一緒になると粘性が生まれ、半固体状、半液体状になる。

そのため、水が多すぎるという体質になるのだ。

4つの元素と1つの元素「空」

5元素のうち、4つの元素(地・水・火・風)は観たり触れたりできる元素だが、空は見たり触れたりすることができない。

しかし、空という元素は非常に重要であり、多用性があるものだ。

たとえば、空間がなけれが音を伝えることができない。

音は存在するすべてのものの基本だ。

音には雷のように耳に聞こえるものもあれば、意識の中に共鳴している精妙な振動もある。

彼らの原理は、この精妙な振動を動かすことによって体を癒やしていくことにある。

25種のグナは五感によってすべて知覚できる

この5元素についてもう少し掘り下げてみみよう。

まず、大前提として5元素は、完全に自然のものであるということを忘れないでいて欲しい。

25種のグナは五感によってすべて知覚できるものだ。

一方、西洋医学の構成要素である酵素、ホルモン、コレステロールといったものは五感では知覚できない。

インシュリンについて詳しく知っている人は世の中にどれくらいいるだろうか。

おそらくほとんどの人は知らないはずだ。

しかし、インシュリンのバランスに関係の深いカパドーシャの性質についてなら、簡単に理解できるようになるはずだ。

15種のサブドーシャとは

それをさらに理解してもらうために、サブドーシャについて解説しよう。

それぞれのドーシャには5つのサブドーシャがある。

つまり、全部で15(3ドーシャ×5)のサブドーシャが存在している。

この5つのサブドーシャを知ることによって、より的確な診断ができるようになり、適切な治療が可能になってくる。

まず最初に認識しておいて欲しいことは、5つのサブドーシャには定位置があるということだ。

その定位置でサブドーシャのバランスが崩れ、さまざまな障害を引き起こす原因になっている。

例えば、ヴァータの主要サブドーシャは、プラーナ・ヴァータと言って、胸部の上部と頭部に位置している。

このプラーナ・ヴァータが、呼吸と神経の働きを制御して、すべての機能に大きな影響を与えている。

胸部の代表的な臓器といえば心臓だ。

心臓は身体的活動と情緒的活動が行き交う臓器だ。

したがって、3つのドーシャのいずれにも心臓に位置するサブドーシャが存在することになる。

1つの症例

ここに達人である彼らが示す1つの症例がある。

参考事例▼

少女Aは、十代の初めから生理痛を感じ始め、大人になるに従って次第に痛みが増し、ひどいときには1週間近く下痢や吐き気を伴い何もできないような状態が続いた。

そうした状態になることを心配するあまり、神経質になり、落ち着きがなくなり、2週間以上も仕事ができないことも頻繁にあった。

ある医師に大量のビタミン剤を飲むように勧められ、そのようにしたところ痛みがなくなった。

しかし、量を減らしたところ、以前と変わらないひどい生理痛が戻ってきた。

不安にかられ、その後2年間で相談した専門家や医師の数は15人にも及んだ。

ある婦人科医はモトリン(非麻薬性の鎮痛剤)を大量に処方した。

他の医師たちは、このままモトリンの大量投与を続けるか、手術するしかないという見解だった。

しかし、彼らの見解は違った。

彼女はヴァータドーシャが支配的な体質であり、そのアンバランスによって生理痛が起きている。

また、腰や腹部にはアパーナ・ヴァータというサブドーシャがあり、このアンバランスによって、筋肉が弱くなったり、痛みを感じたりしているという診断だった。

彼女は指示にしたがって、ヴァータのバランスを回復しながら薬を減らしていった。

ヴァータの回復には食事療法、腹部へのオイル塗布療法、温かいお風呂、夕方の温かいミルク、規則正しい生活という方法に加え、ヴァータを静めるハーブ、そして「パンチャカルマ」という身体の浄化療法を定期的に行った。

「パンチャカルマ」とはアンバランスによってずっと蓄積されてきた体の中の毒素を洗い出す方法で、病気が表面化してしまった人には欠かせない施術だ。

さいごに▼

この通り、パンチャカルマ以外は自宅でき、しかも費用もほとんどかからない。

彼女が一日に20個も飲んでいたカプセルは3ヶ月後には5カプセルになり、年に2回のパンチャカルマによって、激しい痛みや苦しみはなくなり、4日の軽い生理痛で済むようになった。

これは一つの例だが、病気の原因はその患部そのものではなく、それを表面化させてしまったもっと本質的なところにある。

自然にそなわっている五感というものに対してもっと謙虚になって、耳を澄ましていくと、サブドーシャを判断できるようになっていく。

そのサブドーシャは全部で15あり、体全体に行き渡っている。

ドーシャが私たちの生活の中で実際にどのように機能しているのか、次回観ていくことにしよう。

ではまた。

パーソナルデザイン塾についてはこちらをクリック!

※パーソナルデザイン塾入会権利:各コンサルテーション参加者またはP塾講義受講経験者に限ります。

P塾講義は毎月2回開催されています。受講を希望される場合はFacebook(ブレイクスルーClub)経由でお申し込みください。

メンバーから紹介がある場合、割引料金にて受講できます。詳しくはP塾メンバーにお尋ねください。

初回カウンセリング

自由な時間を増やしながら所得を最大化する、はじめの一歩です。

何も準備していただく必要はありません。
お気軽に・・・

※即日のご対応はいたしかねますので、ご予約の際は7日程の余裕をもってご予約くださいますようお願い申し上げます。