人生を左右する移動と増減の原理

今回のスピリチュアリティ・ヘルスケアは、情緒・記憶・想念・消化やぜん動リズムに影響する動作支配の補完要素、栄養吸収・血液成分バランス・心臓・視力・肌のコンディションなどに影響する代謝支配の補完要素、胃の内壁・肺や腰部の強さ・関節の動きなどに影響する構造支配の補完要素などについてだ。

それでは早速はじめよう。

動作支配(ヴァータ)のサブドーシャ

ヴァータは神経系に深く関係していて全身に行き渡っていることは以前にもの話した。

そのサブドーシャは、それぞれ独自の位置と作用を持っている。

彼らは、それを体の中の「風」と呼んでいる。

動きのあるところには必ず存在し、神経線維の中を伝わっていく活動電位のようなものだからだ。

情緒にバイオリズムを与えるサブドーシャ

その中で最も重要なサブドーシャがプラーナ・ヴァータといわれるものだ。

これは、脳や頭部、胸部に位置していて、知覚とあらゆる動きを司っている。

つまり、このサブドーシャが、視覚・聴覚・触覚・臭覚・味覚といった感覚の働きを可能にしている。

だから、プラーナ・ヴァータは、感情、思考力、判断力を活性化し情緒にバイオリズムを与える。

バランスの取れているときには、動きは機敏で思考がよく働き、陽気で快活だ。

呼吸のリズムと嚥下(えんげ:飲み込むこと)も支配している。

このサブドーシャが乱れると、悩みや心配事を増長し、不眠や神経障害、しゃっくり、喘息などの呼吸障害、頭痛の原因になる。

記憶や想念の動きを司るサブドーシャ

言語の表出過程を支配しているのは、ウダーナ・ヴァータだ。

喉と肺に位置していて、脳の言語中枢を通して記憶や想念の動きを司っている。

ウダーナ・ヴァータが乱れると、言語障害、空ぜき、咽頭炎、扁桃炎、耳の痛み、全身の疲労感などとなって表れる。

消化管のぜん動リズムを司っているサブドーシャ

胃と腸に位置し、消化管の中の食べ物の動きを支配しているは、サマーナ・ヴァータだ。

消化管のぜん動(内容物を移動させる運動、生理波動)のリズムを司っている。

だから、サマーナ・ヴァータが乱れると、消化不良、腸内ガス、下痢、過敏な胃、栄養の吸収不良、組織形成の衰弱などが表面化する。

老廃物の排泄と生殖機能と月経を司るサブドーシャ

アパーナ・ヴァータは、結腸と下腹部に位置し、老廃物の排泄と生殖機能と月経を司っている。

結腸はヴァータの主要な座であり、ヴァータのアンバランスの兆候はこの場所に表れることが多い。

アパーナ・ヴァータの乱れは、便秘、下痢、腸内ガス、腸のけいれん、大腸炎、泌尿生殖器の障害、生理不順、前立腺肥大、生殖機能の障害、腰痛、筋肉のけいれんなど多くの不調の原因となる。

血管の拡張と収縮などを支配しているサブドーシャ

ヴャーナ・ヴァータは、神経系、皮膚、循環系を通して全身に位置し、心臓のリズム、血管の拡張と収縮、末梢の循環を支配している。

つまり、血圧を制御し、発汗、あくび、感触を司っているのはヴャーナ・ヴァータだ。

ヴャーナ・ヴァータの乱れは、高血圧、循環の不良、不整脈、ストレスに関連した神経障害などの原因になる。

代謝支配(ピッタ)のサブドーシャ

ピッタは代謝を司っていて、体熱や消化全般に深く関わっていることは前回も解説した。

鋭い視力や的確な思考力もまたピッタの働きだ。

栄養分の吸収・消化速度を司るサブドーシャ

バーチャカ・ピッタは胃と小腸に位置し、栄養分と排泄物に分離する働きを司っている。

バーチャカ・ピッタが、消化の「熱」を制御していて、消化速度を調整しているのだ。

便や尿に悪臭があったり、栄養分がうまく吸収できないのは、このサブドーシャが関係していることが多い。

バーチャカ・ピッタの乱れは、胸焼け、胃酸過多、潰瘍、不規則な消化となって表れる。

血液成分バランスを司るサブドーシャ

ランジャカ・ピッタは、赤血球、肝臓、脾臓に位置し、健康な赤血球の生成、血液成分バランス、血流を通しての栄養分配などの複雑な過程を司っている。

ちなみに父は大腸ガンの手術で脾臓を一緒に摘出されてしまったが、父に限らず、ガンのオペで脾臓を摘出するケースは非常に多い。

不純な食物や空気や水、アルコールやタバコなどによって生じた血液中の毒素が、脾臓に位置するランジャカ・ピッタを通してピッタのアンバランスを誘発するためだろう。

ランジャカ・ピッタの乱れは、黄疸、貧血、血液の障害、皮膚の炎症、怒り、敵意などとなって表れる。

心臓と心の働きを司るサブドーシャ

サーダカ・ピッタは、心臓に位置し、心臓の物理的な機能の制御だけではなく、心理的な心の満足も作り出すと思われている。

また、記憶に関係していて、気力の欠如は、サーダカ・ピッタの減退が原因だとされている。

サーダカ・ピッタの乱れは、心臓病、記憶喪失、情緒不安定、優柔不断などとなって表れる。

視力を司り、目と感情を結びつけるサブドーシャ

アローチャカ・ピッタは、目に位置し、視力と関係していて、目と感情とを結びつけている。

何かを見てカッ!となったり、目に怒りが現れているような時は、このサブドーシャが増悪している証拠だ。

逆にバランスが取れている時は、温かい満足げな眼差しをしている。

これはピッタが健康的であることを表す象徴的な現象だ。

アローチャカ・ピッタの乱れは、充血した目、視力障害、目の病気となって表れる。

お肌のコンディションを司るサブドーシャ

ピッタはブラージャカ・ピッタというサブドーシャをとうして皮膚と世界を繋ぐ。

過敏な皮膚、赤い皮膚、皮膚の炎症などは非常にピッタ的だ。

ピッタ体質の人は、感情が顔色に出やすく、赤面することがよくある。

ストレスによって、発疹、はれもの、ニキビなどができやすい。

バランスの良い時のブラージャカ・ピッタは、幸福や活力を放射する。

ブラージャカ・ピッタの乱れは、発疹、ニキビ、はれもの、皮膚がん、その他の皮膚病などとなって表れる。

構造支配(カパ)のサブドーシャ

カパの主な体質は構造と湿気にある。

カパのサブドーシャは、組織や関節を滑らかに保つ働きをしている。

湿気の感覚、味覚、臭覚もカパが司っている。

強く柔軟で滑らかな胃の内壁をもたらすサブドーシャ

クレーダカ・カパは、胃に位置し、胃の内壁を湿潤に保つという、消化には欠かせない働きをしている。

そのため、カパが過剰になると胃に現れることが多い。

クレーダカ・カパのバランスは、強く柔軟で滑らかな胃の内壁をもたらす。

クレーダカ・カパの乱れは、遅く重たい感じの消化障害となって表れる。

胸部、肺、腰部の強さを保つサブドーシャ

アヴァランヴァカ・カパは、心臓、胸部、腰部に位置し、胸部、肺、腰部の強さを保つ。

したがって、カパ体質の人は頑丈な胸や肩を所有している。

アヴァランヴァカ・カパのバランスは強い筋肉をもたらし、心臓を守る。

アヴァランヴァカ・カパの乱れは、呼吸障害、無気力、腰痛などとなって表れる

過食症、肥満、食物アレルギーなどに関係しているサブドーシャ

ボーダカ・カパは舌に位置し、味覚を司っている。

カパ体質の人は、主に味覚と臭覚を通して環境の影響を受けている。

したがって、味覚を正しく用いていないカパ体質の人は過食になりがちで、味覚が鈍感になっていく。

また同じ味のものばかりを食べていると味覚は鈍感になる。

味覚が鈍くなると過食症だけでなく、肥満、食物アレルギー、粘膜のうっ血、糖尿病などのカパ的な障害に悩まされるようになる。

ボーダカ・カパの乱れは、味覚や唾液腺の障害となって表れる。

湿潤を保ち、感覚器官を保護するサブドーシャ

タルバカ・カパは、鼻腔、頭部、脊髄液に位置し、鼻、口、目を湿潤に保ち、感覚器官を保護する。

中枢神経にとって重要な脊髄液を維持している。

タルバカ・カパの乱れは、鼻閉塞、花粉症、臭覚の鈍麻(感覚がにぶくなること)、感覚全般の鈍麻として表れる。

体のすべての関節を潤滑にするサブドーシャ

シュレーシャカ・カパは、局在的でない唯一のドーシャで、関節に位置し、体のすべての関節を潤滑にする。

カパのアンバランスは大概、胸に現れ頭部に広がっていくが、その例外が関節の痛みだ。

関節にヴァータが過剰であると関節は乾燥し、関節炎のような症状が表れるが、カパの場合は、関節がゆるみ水を含むようになる。

シュレーシャカ・カパの乱れは、さまざまな関節障害となって表れる。

このようにサブドーシャの働きを知ることが、パーソナルデザインにも役立つことがおわかりいただけただろうか。

もちろん、外面は内面に依るところが大きいが、外面にあらわれる状態をコントロールできるようにしておくことも、パーソナルデザインのポイントになる。

次回は「自然を尊重することで得られる究極の恩恵とは?」です。

ではまた。

LINE@MSID研究所

いかがでしたでしょうか?お金の流れが変わって人生が面白くなる方法などについて、もっと詳しく知りたい方は、LINE@で友達追加してください。特別な情報やセミナー開催情報などをお届けします。

友だち追加

相談・お問合せ

起業やビジネスなどのお金の流れの創造・改善。運用や資産形成など収支バランスの改善のことなら、個人・法人を問わず何でもご相談ください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事