パーソナルデザイン 体質
masa

こんにちは、MSインテグラル・デザイン研究所の斉木です。 今回は、1つの乱れが、他の乱れを誘発するロジックなどについて解説しましょう。

前回の投稿「外観は変わらなくても、内面の状態はそれぞれの体質に基づき戯れている。」では、15種のサブドーシャの概要について解説した。

人生設計において仕事の成否は非常に重要な要素であり、その選択を誤れば悲劇をもたらすことにもなりかねない。

したがって、個々の性格に合った仕事を選択していくということは極めて重要であり、それは経済面だけに留まらず健康面にも大きく影響してくる。

パーソナルデザインと体質:恩恵と乱れ

ドーシャと同様、プラクリティ(本質)は、非常に役に立つが、その選択を誤れば大きな害を与える危険もある。

自分のプラクリティに絡め取られて苦しむこともあれば、そこから恩恵を得ることもできるのだ。

例えば、ピッタを過剰に燃え上がらせ、ヴァータを追い込んで消耗させたりして病気になることがあるが、それはプラクリティそのものに原因があるわけではない。

「自分のドーシャとともに生きることが、自分のプラクリティの範囲内で自由を見いだす最も良い方法だ」と彼らは言っている。

私たちは自分のプラクリティというものを持って生まれてきたのであり、一生それが変わることはないからだ。

したがって、自分のプラクリティがなんであろうと、3つのドーシャすべてに調和して生きていく必用がある。

健康であるためには、それぞれのドーシャから最善なものを得ていく必要がある。

  • ヴァータ:想像力・感受性・自発性・快活さ・心の高揚
  • ピッタ :知性・自信・進取の気性・喜び
  • カパ   :落ち着き・思いやり・勇気・寛大さ・愛情

私たちは、これらの特徴すべてを兼ね備えている。

接する出来事や相手(縁)によって、それぞれの特徴が微妙に、その現れ方が異なってくる。

したがって、ある人から見れば、あなたは◯◯な人であり、別の人から見れば、△△な人なのかもしれない。

完全なバランスの人

もし、あなたがこれらすべてを兼ね備えていると感じさせる人物に出会ったとしたら、どのようなイメージを抱くだろうか。

私は出会ったことがあるが、彼らは私に偉大とはどういうことなのか、尊敬されるということはどういうことなのかを無言のまま教えてくれた。

そして、完全なるバランスを得ることはごく稀なことなのだろうが、ありえないことではないということも同時に教えてくれた。

目下私もその領域を目指して修行中だが、現世では叶いそうにない。

あと何回か生まれ変わる過程において何処かで成し遂げられるかもしれない。

ともあれ、どの体質でもさまざまな側面がある。

平均を基軸に考えてしまう傾向

しかし、誠に残念なことだが、私たちは、なんでも平均と自分を比較して見ようとする傾向がある。

そして、自分が標準的な数値から乖離すると、そこに不安を感じ、平均に近づこうとしてしまうのだ。

自然を基軸にしないで、平均を軸にして評価することに慣れてしまっている。

自然のなかには、こうした標準値との一致という概念はない。

例えば、理想的な体重を誰もが維持したいと願っているだろう。

しかし、そのためにほとんどの人が不必要で無駄な努力をしているということに気づけないでいる。

どれも等しい価値をもっている

特に女性の場合は、どこかのモデルさんのようなスタイル(体型)でないと不安に感じてしまう、という人が多いようだ。

問題は、「完全な体形にこだわることにあるのではなく、個々の人の根底にある自然の設計を無視することにある」と彼らは言っている。

ヴァータの女性の体は生まれつき細く、カパの女性の体はうまれつき堅固だ。

ヴァータの女性はチャーミングで明るく生き生きしていて、自然な高揚感を人に伝える。

カパの女性は軽いスマートな体には恵まれていないが、おだやかな性格、大きな優しい目、上品な物腰、ふっくらして滑らかな体形をしている。

ピッタの女性は多くの人が理想としている体形に一番近く、均整の取れた中庸の体形で、人を引きつける自制心をもっている。

ピッタの体形に憧れる女性は多いと思うが、自然から見ればどれも等しい価値をもっている。

バランスとは均等に保つことではない。

また、「ドーシャのバランスを取る」ということは3つのドーシャの量を均等に保つという意味ではない。

私たちには生来からのドーシャを変えるという能力はないからだ。

したがって、それぞれのタイプについて、正しいバランスを見つけ出すことが大切だ。

それぞれのドーシャのバランスは、ちょうど天秤の真ん中の目盛りのところで釣り合うようなイメージだ。

その位置から極力離れないようにしていかなければならない。

また、これは集中して何か特別なことを行なうようなことではなく、正常な働きに従ってさえいれば、自然にバランスを保ってくれるようになる。

しかしながら、ドーシャは習慣というものに敏感に反応するので、そのバランスを乱さないようにする方法を学ぶ必用がある。

バランスを崩す場合は、それぞれのドーシャの増悪による場合が多いので、バランスを取る場合は、一般的にはヴァータ、ピッタ、カパといったそれぞれのドーシャを減少させていくというかたちになる。

ドーシャが憎悪した時

それぞれのドーシャが増悪した時の特徴としては、

  • ヴァータのアンバランス:痛み、けいれん、寒気、震えなど
  • ピッタのアンバランス:炎症、熱、過度の空腹と渇き、胸焼け、皮膚の紅潮など
  • カパのアンバランス:鬱滞、粘液の排出、重い感じ、水分貯留、無気力、過度の睡眠など

が考えられ、原因不明の病状が現れた時などに役に立つ。

しかし、どのドーシャがどのような症状を表すかの診断は簡単ではなく、さまざまな診断方法を学ぶのには一生かかるといわれている。

便秘はヴァータのアンバランスの典型的な症状だが、ピッタやカパによって起こることもある。

各ドーシャに典型的な症状であっても同じようなことが言える。

もし、あなたが重い病気にかかっているなら、自己判断で済ますのではなく、専門家の診断を受けたほうがいい。

また、症状が慢性化していることに関しても体質に基づく診断は非常に有効だ。

希望する人がいれば、よい先をご紹介してもいい。

ヴァータ体質の人は、

不眠症、慢性の便秘、神経系の胃腸障害、不安、うつ病、筋肉のけいれん、筋肉の痛み、慢性の下痢、月経前緊張症候群、慢性的な痛み、高血圧、関節炎などにかかりやすい。

ピッタ体質の人は、

発疹、にきび、胸焼け、胃潰瘍、若ハゲ、若白髪、視力の減退、敵意、自己批判、ストレス性の心臓発作、などにかかりやすい。

カパ体質の人は、

肥満、はなずまり、せき風邪、喘息、アレルギー、うつ病、糖尿病、高コレステロール血症、朝の慢性的な脱力感などにかかりやすい。

病気と体質の関係は、単純な関係ではない。

ヴァータ体質だから関節炎にかかる、ピッタ体質だから関節炎にはならない、といったものではないからだ。

病気は個別的なものであり、その人の生き方そのものに関係しているとも言える。

体質は病気の原因ということではなく、あくまでも1つの重要な影響力として働くものだということだ。

 

次回は1つの乱れがすべての乱れの要因になることなどについてです。

ではまた。

ご相談・お問合せ

ライフデザイン、キャリアデザイン、キャッシュフローの改善・創造、ビジネスに関するご相談を承ります。
お気軽にお問合せください。

MSID研究所