心と体の健康
masa

前回「心と体をよりクオリティーの高い次元へ導く方法とは?」では、私たちが想像している以上に完璧に近い健康状態にあること、それを維持していく機能を所持していること、そして完全なる健康が可能であることなどについて概要を話した。今回は性格タイプの違いによって起こる疾病についてから始めたいと思う。

※これは、私のコンサルテーションを1年以上続けて受けている方やパーソナルデザイン塾の塾生向けに書いたものです。

パーソナルデザインと体質(タイプA・B・C)

タイプというとどのようなことが思い浮かぶだろうか。

血液型や体質、あるいはエニグラムや統計学といった類のものだろうか。

中にはユングのタイプ論といったような臨床心理学に基づくものを思い浮かべる人もあるかもしれない。

ユングはこのタイプ論に関して、

臨床心理学の分野における、ほぼ20年間にわたる研究の成果である。このアイデアは、一方では精神科および神経科における臨床やあらゆる階層の人々とのつき合いによって得られた無数の印象や経験から、他方では友人や反対者との私の個人的な討論から、そして最後に私自身の心理的特質の批判から、しだいに生まれてきたものである。

と言っている。

病気への脆弱性や回復力には著しい個人差がある

前回の投稿でも触れてきたように、病気への脆弱性や回復力には著しい個人差がある。

これらの個人差の一部は遺伝的に規定されているのだろう。

しかし、個人差のすべてが、生まれた時から決まってるわけでもない。

確かに遺伝子は生体の基本的な設計を担っているとは思うが、その他にも色々な因子が加味され、生理学的、社会的、心理的などの因子によって、病気への脆弱性や回復過程に複合的な影響を与えてると考えるのが妥当だろう。

その因子の中で心理的要因の1つが、性格やライフスタイルだろう。

また、ライフスタイルは個人の性格によって大きく左右されるという見方もあると思う。

外界のストレス状況は、気質が深く関わる。

なぜなら、外部環境が脳において主観的な世界となって表象されるとき、ときに強い感情を生み、体の変化をともない、体温 ・ 血糖値 ・ 血液酸性度などの生理的状態を一定に保とうとする機能を揺るがそうとするからだ。

またこうした一連のプロセスは、ストレスの対処行動も含むライフスタイルの決定にも大きく関わり、個人差となって現れてくる。

したがって個人の性格やライフスタイルが病気への脆弱性や回復力に影響を与えていると考えられるようになった。

そのような経緯もあって「性格」はある程度まで客観的に評価できる特徴的な行動パーターンを抽出して、病気との関係が調べられてきた。

タイプA性格とタイプB性格

例えば、狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患を発症する人は、「タイプA性格」と呼ばれていて、その特徴的な行動としては、生活の中心は仕事、負けず嫌いで、せっかち、支配欲や成功への欲求が過度に強く、他人に攻撃的だとされている。

また双生児の研究によって、ある程度の遺伝規定性(遺伝子によって決まる性質)が認めているらしい。

もちろん、タイプはAだけではない、BもCもある。

タイプB性格は競争的ではなく、癇癪(かんしゃく)を起こしたり、敵対することが少なく、心からくつろいで、ゆったりとした生活をおくるとされている。

米国の研究グループはタイプA性格はタイプB性格よりも虚血性心疾患リスクが約三倍高いということを言っいてる。

タイプAが狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患を発症しやすいのは、ライフスタイルが、緊張感の高まるような状況を頻繁に作り出すからかもしれない。

また逆に体質的に交感神経系が過剰に活動しやすいためにタイプAの行動があるといった二項対立関係にあるプロセスが指摘されていたりする。

また、このタイプAは虚血性心疾患の危険因子とされている赤身の肉を好み、飲酒や喫煙量も多いといったライフスタイルをしている。

因みに私は42歳まではタイプAで、それ以降はどちらかといえばタイプBのグループになると思う。

性格が変わったという自覚は全くないが、ライフスタイルは明らかに変わった。

老化によってもタイプ変更は起こり得るのではないだろうか?

タイプC性格とは?

残るはタイプCということになるが、Cは前のAとBとは若干ニュアンスが違う。

Cは単なるタイプではなく、Cancer(キャンサー)つまり癌を表している。

あなたもご存知のように、がんと心理的な因子との関係性は実に多様だ。

したがって、がんに罹りやすい性格や行動パターンがあるのか、また宣告を受けた後の生存期間にどのように影響しているのかなど、多くの研究が行われてきた。

がんの発症や増殖には、活性酸素・ウィルス・化学物質・放射線・ホルモン・慢性的な炎症・寄生虫・遺伝的な体質などが主な原因だと考えられている。

これら主因とされていることから比較すれば心理的な因子というのは小さなものかもしれない。

しかし、外部環境が脳において主観的な世界となって表象されるとき、ときに強い感情を生み、体の変化をともない、体温 ・ 血糖値 ・ 血液酸性度などの生理的状態を一定に保とうとする機能を揺るがそうとするプロセスを無視することはできないだろう。

これはガンに限ったことではないと思う。

したがって、私たちが健康を維持していくためには、予防医学や健康管理の総合的な知識は必要不可欠だろう。

では、予防医学と健康管理の総合的な知識とはいったいどのようなものだろうか?

彼らはこう言っている。

それは「生命の科学」もっと正確には「生命の範囲に関する知識だ」と。

健康を自由自在に操ることを究極の目的とした知識

「生命の範囲に関する知識」の目的は、病気や老化に妨げられることのないように、生命に影響を与え、それを形作り、延長し、究極的には自由自在に扱うことを教えることだとしている。

それではその「生命の範囲に関する知識」について解説していこう。

まず、その原理の源は心にあるということが前提になる。

病気からの解放、つまり「完全なる健康」は、自身の意識に触れ、バランスをとり、その心のバランスを体にまで拡張することにかかっているというわけだ。

このバランスのとれた心の状態が、体のどの免疫力よりもクオリティーの高い健康状態を創造する。

そしてこの「生命の範囲に関する知識」は、長い歴史の中で培われてきた知識でもある。

その始まりは、なんとピラミッドが作られた時代よりも更に何世紀も遡り、そして受け継がれて現代的なシステムへと変化を遂げ現代科学と融合した。

ある医師は1万人以上の患者に治療を施し、千人以上もの医師たちにその理論と実践方法を教えた。

これは、古代の知恵と現代の科学を統合した画期的な生命の科学なのだ。

なぜ、バランスのとれた心が完全なる健康をもたらすと言えるのか?

ではなぜ、バランスのとれた心が「完全なる健康」をもたらすことができると言えるのだろうか?

そして、バランスのとれた心とはいったいどのような状態のことを言うのだろうか?

そのためには生命そのものを深く探求する必要がある。

物理学では、自然の構造は分子や原子のレベルを遥かに超えた量子のレベルにあるという。

量子は、最も小さな原子よりもさらに1千万倍から1億万倍も小さいと言われている。

参考▼

例えば、海水は「物質」だが、波は物質ではなくて「状態」だ。原子より大きい世界では、このように「物質」と「状態」をはっきりと区別することができる。

しかし、原子より小さい世界では区別ができない。 電子は「状態」ということになるが、先程の海の「波」の場合の「海水」にあたる物質がない。

つまり、電子は、物質の性質と状態の性質を併せ持つ、このような特殊な存在を、 普通の物質と区別するため、「量子」(quantum) と呼んだ。

そして、原子の内側にあるものは「量子」だ。量子は、単に小さいだけではなく、「物質」とは振る舞いが異なる。

例えば、電子は「量子」なので、「電子1個だと水素、2個ならヘリウム」という、物質の世界では起こらないような現象が生じる。

電子は波のような「波動性」を持っているからだ。

人体に対してこれと同様のことを説いたものが「生命の範囲に関する知識」の概要だ。

人体の根底にある量子レベルにアプローチするという考え方

人体はまず最初に量子力学的な波動という目に見えない振動の形態をとる。そしてそれが集まってエネルギーの振動や粒子になっていく。

この量子力学的なものは、私たちのあらゆるパーツ、想念・感情・タンパク質・細胞・器官など目に見える分野や見えない分野の根底にある基盤である。

量子レベルにおいて、私たちの体は、無数とも言える目に見えない信号を発信しており、私たちがそれを受信する(意識に登る)のを待っている。

つまり、肉体的な脈拍の根底には量子的な脈拍があり、肉体的な心臓の拍動の根底には量子的な拍動が存在しているということだ。

私は以前、波動によって治療するということに興味があり、一時期調べたことがあった。

それで、ドイツでは波動療法が当たり前のように行われており、医療行為として認可されているということを知った。

波動治療用の医療器機も存在している。

日本でその医療器機を使った治療が体験できるということで、友人たちとイベントに参加したことがある。

当時日本で流行っていた波動転写機のようなものだろうと思っていたら、それらとは似て非なるもので人体をダイレクトに治療できるような、とても立派な医療器機だった。

ある意味人為的にパワースポットを作り上げるようなものだろう。

ある程度納得がいったので、購入しようと考えもしたが、300万円近いプライスということもあり、躊躇している内に熱が冷めてしまった。

また、しばらくたってから別の形で波動治療を受けられることが可能になったため、3ヶ月ほど通ったこともある。

それと同時に韓方(韓国式漢方)と西洋医術の融合させたアイデアに興味がわき、医療ツアーを10回ほど開催し、治療を兼ね各施設の訪問や研究をしたこともある。

いずれの施術後も通常の治療では得られないような爽快な気分になった。

その後、その爽快感を別なカタチで得られる体験があり、今はある特殊な技術で醸造された酵素とハイテク素材の兼用で同じ状態を維持している。

そうした経験ができたのも16年前(2001年)に彼らの言っていることを深く理解できていたからだと思う。

また、分子栄養学の分野からアプローチした場合も同じようなことにたどり着いたことがある。

生命の問題には、医学の常識では太刀打ちできないもっと本質的な部分があるというこのなのかもしれない。

彼らは、体のすべての器官と代謝過程の根底には量子的な器官と代謝過程が存在しているといっている。

でも、もし私たちがそれを実際に感知できないとしたら、それはあまり役に立たないものになってしまうのではないだろうか?

人間は信じがたいほどの感受性をもっている。

しかし、そのような心配は不要のようだ。

なぜなら、人間は信じがたいほどの感受性を持っているからだ。

参考▼

例えば、目の網膜にあたった小さな光子(光の粒子)の影響は、広大なフィールドに落ちた塵の影響よりも更に小さいのだが、網膜の特殊な神経の末端が、その光子を感知し、脳に伝え、その光をみさせることができる。

したがって、私たちの根底にある量子力学的な体そのものが治療できれば、現在の医療技術をはるかに超える成果を人体にもたらすことができる。

量子レベルで得られる力が、生理レベルの力に比較すると無限に近い状態だからだ。

世界で最も悲劇な出来事の1つを産んだ、原子爆弾の破壊力はその実例だ。

もっと身近なところでいえば、レーザーの技術がある。

レザーの光そのものは懐中電灯の光とほぼ変わらない。

しかし、それを同調した量子的な振動に組織すると、鋼鉄を切断するエネルギーを発生させる。

これらの現象は、自然の精巧な仕組みの中に、とてつもないエネルギーが潜在していることを物語っている。

一度宇宙にその目を向ければ、わずか1立方㎝中に、1つの恒星に相当するエネルギーが内在していると言われている。

そして、そのエネルギーが熱や光その他の目に見える放射物となるのは、量子的な飛躍が起きたときだけだ。

しかし、私たち人間はこの驚異的な力を人体にではなく、自分たちの欲求を充足する目的のために使ってきた節がある。

世の中で一番価値のある生命にその目を向けてこなかったのだ。

私たちが自覚していようがいまいが、自身の体を創造しているのは私たち自身に他ならない。

私たちは毎日人体を創造するという壮大な物語に参加しているのだ。

2大疾病の原因である動脈硬化は食い止められるのか?

参考▼

例えば、冠動脈を塞ぐ程の脂肪の塊を抱えた重度の心臓病患者41人が、薬や外科手術といった従来の方法ではなく、簡単なヨーガの体操と瞑想や食事療法によって、冠動脈血栓症の危険を完全に回避できたという事例があるらしい。

心臓病と脳卒中は循環器系の病気であり、これらの疾患になりやす人の特徴は、動脈硬化が著しいことにある。

心臓で動脈硬化がおこれば狭心症や心筋梗塞の原因になり、脳動脈や頸動脈に動脈硬化が起これば脳卒中になる。

脳卒中には脳動脈が破れる脳出血と、血管が詰まることで起こる脳梗塞がある。

動脈硬化が起これば血管に弾力がなくなり、そこに無理やり血液が流れようとするから血管が破ける。

年齢とともにハリを失っていく肌と一緒で、加齢による動脈硬化は避けられない。

3大疾病のうちの2つの疾病がこの動脈硬化によって生じるのというのだから、これを食い止める方法があるのなら、是非実践したいと誰しもが思うことだろう。

理論上、動脈の弾力を保つために必要なものを与えることができれば、血管を蘇生するのは可能だと思うが、そのようなことが果たしてできるのだろうか?

動脈に弾力を与える成分としてエラスチンというタンパク質がある。

このエラスチンの不足によって動脈硬化は起こるとされている。

したがって、このエラスチンを適切に補給できれば動脈硬化は食い止めることができることになる。

しかし、外部から投与することによって、本来であれば体内で作る、その仕組みを脆弱化してしまうという危険性もあるだろう。

ちょうど親のすねをかじって生活しているパラサイトシングルの存在のようにだ。

努力しなくても安定した状態でいられるのであれば、仕組みやスキルは陳腐化していき、やがて全く使い物にならなくなる。

自分たちの体内で不足したエラスチンを独自で補給できれば最高なのだが、そうするには食生活を改善する必要があるだろう。

エラスチンを作るのに欠かせないのがビタミンBだと言われている。

この種のビタミンはイワシ、大豆、バナナ、豚肉に多く含まれている。

また、心筋梗塞の予防につながる成分でタウリンという含硫アミノ酸があり、牡蠣や魚の血合肉などに含まれている。

ところがこれらは活性酸素の攻撃を受けやすい。

つまり、活性酸素によって壊された部分を補修するために、さらに含硫(硫黄を含む)アミノ酸が必要になってくる。

酵素とゆで卵が体にいい理由

酵素は、動物や植物の中に存在するタンパク質のひとつで、そのタンパク質は20種類のアミノ酸が一時限的に結合して出来た高分子物質だ。

そうしたことから私はある特殊な技法で醸造された酵素を愛飲するようになった。

また、含硫アミノ酸をもっとも多く含む食材は卵だと言われている。

ところがその卵が成人病の大敵というレッテルを貼られているのだから誠に困ったものだ。

むしろ成人病予防にもってこいの食材にもかかわらずだ。

コレステロール同様、こちらも前提が異なってしまっている。

ただし、卵白にはアビジンという物質が含まれていて、これがビタミンHの吸収を阻害するので、生のままで卵白を食べるのは避けた方がいいだろう。

もっとも生の卵白だけを好んで食べる人はそうはいないと思うが・・・

また、タンパク質を補給するのは昼よりも夜のほうがいいということを付け加えておく。

ついでにいっておくと、私がゆで卵を食べる時の塩は食塩ではなく岩塩だ。

我が家には食塩と白糖というものが存在しない。どうでもいいことだが・・・

因みに我が家では、主に岩塩と羅漢果という甘味を使って調理している。

ミネラルのクオリティーは極めて大事だと思っているからだ。

砂糖と食塩に関する誤解

だからといって、砂糖や食塩が悪いと言っているわけではない。

砂糖(白糖)が良くない、塩分の取り過ぎは高血圧になるといった神話は当てにならない。

本来、砂糖は頭の回転を良くするために欠かせないものだ。

私が羅漢果を摂取している理由はミネラル分が多い、抗酸化効果があるということからだ。

これは、白糖よりも黒糖のほうがミネラルが大きからという理屈とさほど変わらない。

脳力を活性化するのに必要なものはブドウ糖(グルコース)だ。

白糖はショ糖だが、酵素によってブドウ糖(グルコース)と果糖(フルクトース)に分解される。

因みに、ミツバチたちも、このプロセスでハチ蜜を作り出している。

ご存知のように、脳は最もエネルギーを消費する部位だ。

したがって、このブドウ糖の摂取量が不足してくると、それを補うために肝臓がブドウ糖を作り始める。

糖新生という働きだ。

その際、骨格筋から取り出したタンパク質をブドウ糖に変えなければならないので、大きなエネルギーが必要になる。

その結果、大量の活性酸素を発生させてしまう。

むしろそちらの方が大きな問題のはずなのだが、そのことはあまり語られていない。

また、塩分の量と高血圧をダイレクトに関連付けるのはいささか早計だろう。

ナトリュウムとカリュウムのバランスを調整できるかどうかの問題だからだ。

砂糖と塩の詳細は、また改めて説明する機会を作りたいと思う。

「アルカリ」と言う言葉に弱い健康オタクたち

参考事例▼

私はある化粧品会社の勧めで浄水器を使っていた。その浄水器の特徴はアルカリイオン水が作れるというものだった。

私に今のような知識がなかった頃の話なので、最初のうちは信用して使っていたのだが、3ヶ月過ぎた頃から調子がおかしくなってきた。

医者に診察してもらったところ胃酸過多で胃壁がぼろぼろになっているということだった。

酸化防止のためにアルカリイオン水を飲んでいたのに、なぜそのようなことが起きてしまったのだろうか?

理由はシンプルだ。

そもそも前提が間違っているものを飲みすぎてしまったのだ。

私は新しいことに関して極端に取り組んでしまうところがあるので、過度に症状が出てしまったこともあるとは思うが・・・

人間の体液というのは、恒常性保持の機能によって、弱アルカリ性の極めて狭いpHの範囲に上手くコントロールされている。

つまり、もともと酸性の体質などないのだ。

したがって、酸性の体質がアルカリ性になるといったロジックはビジネス用のきべんでしかない。

ご存知のように胃液は強い酸性だ。

ちょっと考えてみれば分かることだが、その強い酸性の胃を通過し、アルカリ性のまま腸に吸収されるはずがない。

そうした知識がなかったばかりに、そのような嘘のロジックにまんまと引っかかり、大量に摂取したため、更に胃液を増やすはめになり、胃酸過多になってしまったのだった。

医学や健康の常識だけで人体に対処することはできない

このように医学や健康の常識とされている多くのことは、疫学的な要素も鑑みると、あまりあてにならないと私は思っている。

そうした経緯からして、一度始まった動脈硬化が元に戻ることはないというのが、医学では常識になっているということも頷ける。

しかし、医学以外の視点、あるいは量子のレベルで捉えたなら、老化したものが元に戻らないという考えにはならない。

顕微鏡で覗いてみても視えないからと言って、それが存在しないということの立証にはならないのと一緒だ。

目に見えるものは目に見えないものなくして存在しない。

量子的な繋がりがなかったとしたら、その構造はただ分子がでたらめに集まったものになり、自然という極めて精巧な仕組みの一部でもある人体を生成し続けることは不可能だろう。

いずれにせよ、人体の生成や消費の過程において、その根底には量子力学的な体の機能が大きく影響しているというこだろう。

さいごに▼

先程の41人の心臓病患者の事例は、私たちの体の中に形成できるものであれば、分解もできるということを証明している。

加齢によって衰えたものが蘇生できるというのは、今までの医学の常識からすればナンセンスな話なのかもしれない。

しかし、そのようなことは世の中で頻繁に起こっている。事実は小説よりも奇なのである。

加齢による現象だから、老化現象だから仕方がない。そのように自分を言い聞かせた瞬間から、その現象は加速していくのではないだろうか。

もしかしたら、そうした常識に絡め取られることによって、私たちは蘇生のチャンスを逃してしまっているのかもしれない。

私たちの誰もが常に体を生成しているという事実からすれば、完全なる健康をどこかのタイミングにおいて得ることは不可能なことではないだろう。

ではまた。

パーソナルデザイン塾についてはこちらをクリック!

※パーソナルデザイン塾入会権利:各コンサルテーション参加者またはP塾講義受講経験者に限ります。

P塾講義は毎月2回開催されています。受講を希望される場合はFacebook(ブレイクスルーClab)経由でお申し込みください。

メンバーから紹介がある場合、割引料金にて受講できます。詳しくはP塾メンバーにお尋ねください。

初回カウンセリング

あなたの利益を最大化するための、はじめの一歩です。

何も準備していただく必要はありません。
お気軽にお申し込みください。

※即日のご対応はいたしかねますので、ご予約の際は7日程の余裕をもってご予約くださいますようお願い申し上げます。