心と体の健康
masa

前回「「完全なる健康」という突破思考から導き出される答えとは?」では、私たちが想像している以上に完璧に近い健康状態にあること、それを維持していく機能を所持していること、そして完全なる健康が可能であることなどについて概要を話した。今回は性格タイプの違いによって起こる疾病についてから始めたいと思う。

※これは、私のコンサルテーションを1年以上続けて受けている方やパーソナルデザイン塾の塾生向けに書いたものです。

パーソナルデザインと体質(タイプ)

タイプというとどのようなことが思い浮かぶだろうか。

血液型や体質、あるいはエニグラムや統計学といった類のものだろうか。

中にはユングのタイプ論といったような臨床心理学に基づくものを思い浮かべる人もあるかもしれない。

ユングはこのタイプ論に関して、

臨床心理学の分野における、ほぼ20年間にわたる研究の成果である。このアイデアは、一方では精神科および神経科における臨床やあらゆる階層の人々とのつき合いによって得られた無数の印象や経験から、他方では友人や反対者との私の個人的な討論から、そして最後に私自身の心理的特質の批判から、しだいに生まれてきたものである。

と言っている。

病気への脆弱性や回復力には著しい個人差がある

前回の投稿でも触れてきたように、病気への脆弱性や回復力には著しい個人差がある。

これらの個人差の一部は遺伝的に規定されているのだろう。

しかし、個人差のすべてが、生まれた時から決まってるわけでもない。

確かに遺伝子は生体の基本的な設計を担っているとは思うが、その他にも色々な因子が加味され、生理学的、社会的、心理的などの因子によって、病気への脆弱性や回復過程に複合的な影響を与えてると考えるのが妥当だろう。

その因子の中で心理的要因の1つが、性格やライフスタイルだろう。

また、ライフスタイルは個人の性格によって大きく左右されるという見方もあると思う。

外界のストレス状況は、気質が深く関わる。

なぜなら、外部環境が脳において主観的な世界となって表象されるとき、ときに強い感情を生み、体の変化をともない、体温 ・ 血糖値 ・ 血液酸性度などの生理的状態を一定に保とうとする機能を揺るがそうとするからだ。

またこうした一連のプロセスは、ストレスの対処行動も含むライフスタイルの決定にも大きく関わり、個人差となって現れてくる。

したがって個人の性格やライフスタイルが病気への脆弱性や回復力に影響を与えていると考えられるようになった。

そのような経緯もあって「性格」はある程度まで客観的に評価できる特徴的な行動パーターンを抽出して、病気との関係が調べられてきた。

タイプA性格とタイプB性格

例えば、狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患を発症する人は、「タイプA性格」と呼ばれていて、その特徴的な行動としては、生活の中心は仕事、負けず嫌いで、せっかち、支配欲や成功への欲求が過度に強く、他人に攻撃的だとされている。

また双生児の研究によって、ある程度の遺伝規定性(遺伝子によって決まる性質)が認めているらしい。

もちろん、タイプはAだけではない、BもCもある。

タイプB性格は競争的ではなく、癇癪(かんしゃく)を起こしたり、敵対することが少なく、心からくつろいで、ゆったりとした生活をおくるとされている。

米国の研究グループはタイプA性格はタイプB性格よりも虚血性心疾患リスクが約三倍高いということを言っいてる。

タイプAが狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患を発症しやすいのは、ライフスタイルが、緊張感の高まるような状況を頻繁に作り出すからかもしれない。

また逆に体質的に交感神経系が過剰に活動しやすいためにタイプAの行動があるといった二項対立関係にあるプロセスが指摘されていたりする。

また、このタイプAは虚血性心疾患の危険因子とされている赤身の肉を好み、飲酒や喫煙量も多いといったライフスタイルをしている。

因みに私は42歳まではタイプAで、それ以降はどちらかといえばタイプBのグループになると思う。

性格が変わったという自覚は全くないが、ライフスタイルは明らかに変わった。

老化によってもタイプ変更は起こり得るのではないだろうか?

タイプC性格とは?

残るはタイプCということになるが、Cは前のAとBとは若干ニュアンスが違う。

Cは単なるタイプではなく、Cancer(キャンサー)つまり癌を表している。

あなたもご存知のように、がんと心理的な因子との関係性は実に多様だ。

したがって、がんに罹りやすい性格や行動パターンがあるのか、また宣告を受けた後の生存期間にどのように影響しているのかなど、多くの研究が行われてきた。

がんの発症や増殖には、活性酸素・ウィルス・化学物質・放射線・ホルモン・慢性的な炎症・寄生虫・遺伝的な体質などが主な原因だと考えられている。

これら主因とされていることから比較すれば心理的な因子というのは小さなものかもしれない。

しかし、外部環境が脳において主観的な世界となって表象されるとき、ときに強い感情を生み、体の変化をともない、体温 ・ 血糖値 ・ 血液酸性度などの生理的状態を一定に保とうとする機能を揺るがそうとするプロセスを無視することはできないだろう。

これはガンに限ったことではないと思う。

したがって、私たちが健康を維持していくためには、予防医学や健康管理の総合的な知識は必要不可欠だろう。

では、予防医学と健康管理の総合的な知識とはいったいどのようなものだろうか?

彼らはこう言っている。

それは「生命の科学」もっと正確には「生命の範囲に関する知識だ」と。

健康を自由自在に操ることを究極の目的とした知識

「生命の範囲に関する知識」の目的は、病気や老化に妨げられることのないように、生命に影響を与え、それを形作り、延長し、究極的には自由自在に扱うことを教えることだとしている。

それではその「生命の範囲に関する知識」について解説していこう。

まず、その原理の源は心にあるということが前提になる。

病気からの解放、つまり「完全なる健康」は、自身の意識に触れ、バランスをとり、その心のバランスを体にまで拡張することにかかっているというわけだ。

このバランスのとれた心の状態が、体のどの免疫力よりもクオリティーの高い健康状態を創造する。

そしてこの「生命の範囲に関する知識」は、長い歴史の中で培われてきた知識でもある。

その始まりは、なんとピラミッドが作られた時代よりも更に何世紀も遡り、そして受け継がれて現代的なシステムへと変化を遂げ現代科学と融合した。

ある医師は1万人以上の患者に治療を施し、千人以上もの医師たちにその理論と実践方法を教えた。

これは、古代の知恵と現代の科学を統合した画期的な生命の科学なのだ。

なぜ、バランスのとれた心が完全なる健康をもたらすと言えるのか?

ではなぜ、バランスのとれた心が「完全なる健康」をもたらすことができると言えるのだろうか?

そして、バランスのとれた心とはいったいどのような状態のことを言うのだろうか?

そのためには生命そのものを深く探求する必要がある。

物理学では、自然の構造は分子や原子のレベルを遥かに超えた量子のレベルにあるという。

量子は、最も小さな原子よりもさらに1千万倍から1億万倍も小さいと言われている。

参考▼

例えば、海水は「物質」だが、波は物質ではなくて「状態」だ。原子より大きい世界では、このように「物質」と「状態」をはっきりと区別することができる。

しかし、原子より小さい世界では区別ができない。 電子は「状態」ということになるが、先程の海の「波」の場合の「海水」にあたる物質がない。

つまり、電子は、物質の性質と状態の性質を併せ持つ、このような特殊な存在を、 普通の物質と区別するため、「量子」(quantum) と呼んだ。

そして、原子の内側にあるものは「量子」だ。量子は、単に小さいだけではなく、「物質」とは振る舞いが異なる。

例えば、電子は「量子」なので、「電子1個だと水素、2個ならヘリウム」という、物質の世界では起こらないような現象が生じる。

電子は波のような「波動性」を持っているからだ。

人体に対してこれと同様のことを説いたものが「生命の範囲に関する知識」の概要だ。

人体の根底にある量子レベルにアプローチするという考え方

人体はまず最初に量子力学的な波動という目に見えない振動の形態をとる。そしてそれが集まってエネルギーの振動や粒子になっていく。

この量子力学的なものは、私たちのあらゆるパーツ、想念・感情・タンパク質・細胞・器官など目に見える分野や見えない分野の根底にある基盤である。

量子レベルにおいて、私たちの体は、無数とも言える目に見えない信号を発信しており、私たちがそれを受信する(意識に登る)のを待っている。

つまり、肉体的な脈拍の根底には量子的な脈拍があり、肉体的な心臓の拍動の根底には量子的な拍動が存在しているということだ。

私は以前、波動によって治療するということに興味があり、一時期調べたことがあった。

それで、ドイツでは波動療法が当たり前のように行われており、医療行為として認可されているということを知った。

波動治療用の医療器機も存在している。

日本でその医療器機を使った治療が体験できるということで、友人たちとイベントに参加したことがある。

当時日本で流行っていた波動転写機のようなものだろうと思っていたら、それらとは似て非なるもので人体をダイレクトに治療できるような、とても立派な医療器機だった。

ある意味人為的にパワースポットを作り上げるようなものだろう。

ある程度納得がいったので、購入しようと考えもしたが、300万円近いプライスということもあり、躊躇している内に熱が冷めてしまった。

また、しばらくたってから別の形で波動治療を受けられることが可能になったため、3ヶ月ほど通ったこともある。

それと同時に韓方(韓国式漢方)と西洋医術の融合させたアイデアに興味がわき、医療ツアーを10回ほど開催し、治療を兼ね各施設の訪問や研究をしたこともある。

いずれの施術後も通常の治療では得られないような爽快な気分になった。

その後、その爽快感を別なカタチで得られる体験があり、今はある特殊な技術で醸造された酵素とハイテク素材の兼用で同じ状態を維持している。

そうした経験ができたのも16年前(2001年)に彼らの言っていることを深く理解できていたからだと思う。

また、分子栄養学の分野からアプローチした場合も同じようなことにたどり着いたことがある。

生命の問題には、医学の常識では太刀打ちできないもっと本質的な部分があるというこのなのかもしれない。

彼らは、体のすべての器官と代謝過程の根底には量子的な器官と代謝過程が存在しているといっている。

でも、もし私たちがそれを実際に感知できないとしたら、それはあまり役に立たないものになってしまうのではないだろうか?

しかし、そのような心配は不要のようだ。

次回は、そのあたりのことについてもう少し掘り下げてみよう。

ではまた。。

ご相談・お問合せ

ライフデザイン、キャリアデザイン、キャッシュフローの改善・創造、ビジネスに関するご相談を承ります。
お気軽にお問合せください。

MSID研究所