masa

こんにちは、MSインテグラル・デザイン研究所の斉木です。 前回の投稿では「感受性と動脈硬化」などについてでした。今回はすべての根底にある力などについてです。

パーソナルデザインと体質(すべての根底にある力)

古代の知恵と現代医学を融合させた彼らの考え方は、実に画期的だ。

その古代の知恵によると、自然のすべての根底にある基本的な力は「知性」にあると考えているらしい。

例えば、DNAというものを考えた時、そのことはうなずける。

信じがたいほどのその見事な整合性は、その内部で知性らしきものが働いているからではないだろうか。

地球上に生息する生物は5千万種にも及ぶと言われいるが、一つの例外もなく、そこには必ずDNAが存在している。

DNAは必ず細胞の中に含まれている。

すべての生き物が細胞でできていることを知れば、その中にあるDNAが生きることを支えていることがわかるだろう。

つまり、すべての生き物は我々の仲間であり、人間もその一部にすぎないということだ。

この発見は、キリスト教文化が作り出した人間中心の偏った考え方に一石を投じ、新しい世界観を私たちに提示してくれた。

また、この新しい世界観は古来からの考え方と見事に重なる。

見方が変わる瞬間

こうした世界観が日常生活に浸透してくると、すべてのものに対して見方が変わっていくる。

この視点は、パーソナルデザインの基本中の基本であり、インテグラル・デザイン研究の骨格でもある。

そうしたことを総括した観点からとらえた場合、彼らが用いる方法は、生物に内在する量子的なレベルと接触するための技術とも言えるだろう。

その技術をコントロールするには、また特殊な技術が必要になってくることは言うまでもない。

しかし、通常のレベルをはるかに超える領域に到達できるのとしたら、特殊な技術を習得するための労力は惜しまないだろう。

そこは、「静寂(せいじゃく)」であり、宇宙空間の量子場と同様に豊かな潜在する力が秘められている。

「静寂」は量子力学的な体に近づくための入り口であり、ただ単に体を組織や細胞や器官の集まりとして見てはいけないことを教えてくれる。

知性の静かな流れとして見ることを教えてくれている。

このレベルに接触することができるようになれば、体の中のどんなこともちょっと意識するだけで変えることができるようになるだろう。

花粉症と多重人格

あなたはバラ風邪というネーミングを聞いたことがあるだろうか。

バラ風邪とはバラの花粉にアレルギー反応が起きるもので、俗に言う花粉症のことだ。

花粉症の人はわかると思うが、こうした症状は、花粉や気候の変化に加え、興奮したときや心配、過労によっても誘発されることがある。

その症状で悩んでいた人に造花のバラを見せたところ同じ症状が現れた。

そこで、それが造花であることを告げた途端、その症状が止んだという事例がある。

また、多重人格の例もある。

人格によって疾患が異なり、実際に数値も変化するということだ。

ある人格に変わった瞬間に、オレンジジュースだけにアレルギー反応が起きる。

人格が変わると皮膚にイボだ出たり、引っ込んだりする。

そればかりか黒い目が茶色になる患者さえいるそうだ。

これらの現象をどのような理論によって説明すればいいのだろうか。

量子力学的な体からの信号が肉体に変化を引き起こしていると決めつけるのは、いささか飛躍しているのだろうか。

あらゆる病気は自分が選択しているのか?

上記の例から、その症状が気まぐれに起こることではないことがわかる。

例えば、オレンジジュースによるアレルギー反応に関して云えば・・・

免疫系の白血球はアレルギー反応を起こす抗体で覆われており、それが抗原と接触することによって化学反応が自動的に始まる。

それがアレルギー反応というわけだ。

しかし、多重人格者の場合には、アレルギー反応を起こすかどうかを自らの意思によって決定しているように思える。

これは、細胞自体に知性があることを証明しているのではないだろうか。

なぜなら、抗体とオレンジジュースという抗原が出会う端と端は、炭素、水素、酸素と言ったごく普通の原子だからだ。

つまり、アレルギーを起こす原因が彼自身の選択であるとしか考えられないのだ。

アレルギーを選択しているのは彼自身なのだ。

これらの観点から考えた時、すべての病気は自分自身が選択している可能性がある、ということを否定することはできない。

また、この選択は、私たちが意識できる思考レベルよりも深いところで行われているので、自覚することができないとも考えられる。

科学技術で宇宙にいくことはできても、がんを根治すことができないように、人体の機能を科学によって解明しつくすことはできない。

しかし、私たちに無自覚に病気を選択する能力があるとするなら、その病気を制御する潜在能力があってもおかしくはない。

このことが理解できるようになると、パーソナルデザインの過程で、心的エネルギーがオレンジ色から紫色に一気に飛躍することになる。

私たちは毎年新しい人体を所有している

ご存じの方もあると思うが、私たちの細胞の98%以上が毎年入れ替わっている。

つまり、自覚のないまま、人体の98%以上は毎年自動的に新品になっているということだ。

脂肪組織においては常に代謝が行われており、3週間後にはすべてが入れ替わっている。

胃の内壁は5日毎に新しくなり、皮膚は5週間ごとに新しくなる。

骨は3ヶ月もすればすべて新品になっている。

こうした絶え間ない流れが量子力学的なレベルにおいて制御されているのだ。

そしてまた、彼らは、「私たち一人ひとりは他の人とは異なる独自の設計図を自然から与えられている」と言っている。

俗に言う性格と呼ばれているものに近いものかもしれない。

因みに私は5歳の時にアレルギー体質と認定され、卵をあまり食べないように言われていたらしい。

それを家族と私が真面目に実践していたとしたら、著しい各臓器の老化現象とストレスによって、私は既にこの世に存在していなかったかもしれない。

医者が嘘つきだと言っているわけではない、医学という領域において、生命に関することはほとんど理解されていないと言っているだけだ。

がん体質という固定点

たとえば、「がん体質」という言葉も馴染みがある表現だ。

体質と遺伝がセットだと考えている人が多いのか、「がん家系だからガンにかかるかもしれない」と、口にする人は多い。

確かに、がんは遺伝子の病気だが遺伝によって必ず発生するといったものでもなさそうだ。

遺伝子の病気だからこそ、逆に予防しやすいという考え方があってもいいと思う。

なぜなら、すべての病気は遺伝子によるものだからだ。

親がそうだから、自分もがんになると言うのは、親が糖尿病だから自分も糖尿病になると言っていることと一緒だ。

人間の遺伝情報の総体であるヒトゲノムは32億もの塩基対からなり、それが46本の染色体に分配されている。

確かにそのゲノムは親から受け取ったものだ。

親はまたその親からと、そうやってどんどんさかのぼっていくと生命の起源にたどり着く。

生命の起源から現在までの歴史がそのゲノムの中にすべて書き込まれている。

そこには仏教で説くところの三世、つまり過去世・現世・来世といった世界観を感じる人もあるかもしれない。

そう考えたなら、私たちは既にあらゆる病気の遺伝子を持っているということになる。

ゲノムの世界では、これを病因遺伝子といっている。

病因といっても、その遺伝子がダイレクトに病気を作り出すわけではない。

本来この遺伝子は生体機能のためのタンパクを作っている。

そのバランスが崩れた時に病気のもとになるというだけのことだ。

抑制遺伝子の働きをを支援してあげる必要がある。

それぞれの病因遺伝子には、抑制遺伝子が必ずセットになっている。

その抑制遺伝子は抑制タンパクを作り出し、病気が発生しないように病因遺伝子を制御している。

つまり、抑制遺伝子がちゃんと抑制タンパクを作れるようにしてあげればいいのだ。

そこにはやはりアミノ酸が関係してくる。

このアミノ酸の量が不足していると遺伝子の指令が実現できないからだ。

抑制遺伝子の指令を実現できるだけのアミノ酸がないと、抑制タンパクを作ることができない。

そこに隙間が生じて病気が発生するということになる。

要するに、タンパク質が不足していると、どんな病気になっても不思議はないということだ。

また、私たちは親から二通りの遺伝子を受け継いでいる。

となると、ガンの抑制遺伝子も2本所有していることになる。

遺伝によって抑制遺伝子の1本が変異している場合があるが、一本が頑張っていれば問題はない。

残る一本が活性酸素の攻撃を受けるとガン化するが、ガンが遺伝するという考え方とは異なる。

がんになりやすい体質は遺伝するかもしれないが、がんそのものが遺伝するわけではないということだ。

だから、バランスがとれていれば病気になることはない。

したがって、完全なる健康とは完全なるバランスとも言いかえることができるだろう。

そして、食べること、行なうこと、話すこと、見ること、考えること、感じること、そのすべてが全体のバランスに影響している。

これらのことすべてを意識して同時にコントロールするのは不可能なように思えるかもしれない。

しかし、個々の体質を知って、その体質にあった食事をとり、体質にあった運動を行なうなど、適切な方法を選択することによって、アンバランスのほとんどを修正できると彼らは言っている。

だとすれば、未来のアンバランスも予防できるだろう。

次回は自然のチャンネルなどについて解説しよう。

ではまた。

ご相談・お問合せ

ライフデザイン、キャリアデザイン、キャッシュフローの改善・創造、ビジネスに関するご相談を承ります。
お気軽にお問合せください。

MSID研究所