ゲノムと意志
masa

こんにちは、MSインテグラル・デザイン研究所の斉木です。 前回の投稿では「心と体をよりハイクオリティーな次元へ導く方法、タイプA・B・Cと病気の関係性を知る」ことなどについて解説しました。

古代の知恵と現代医学を融合させた彼らの考え方は、実に画期的だ。

その古代の知恵によると、自然のすべての根底にある基本的な力は「知性」にあると考えているらしい。

例えば、DNAというものを考えた時、そのことはうなずける。

信じがたいほどのその見事な整合性は、その内部で知性らしきものが働いているからではないだろうか。

地球上に生息する生物は5千万種にも及ぶと言われいるが、一つの例外もなく、そこには必ずDNAが存在している。

DNAは必ず細胞の中に含まれている。

すべての生き物が細胞でできていることを知れば、その中にあるDNAが生きることを支えていることがわかるだろう。

つまり、すべての生き物は我々の仲間であり、人間もその一部にすぎないということだ。

この発見は、キリスト教文化が作り出した人間中心の偏った考え方に一石を投じ、新しい世界観を私たちに提示してくれた。

また、この新しい世界観は古来からの考え方と見事に重なる。

パーソナルデザインと体質(すべての根底にある力)

こうした世界観が日常生活に浸透してくると、すべてのものに対して見方が変わっていくる。

この視点は、パーソナルデザインの基本中の基本であり、インテグラル・デザイン研究の骨格でもある。

そうしたことを総括した観点からとらえた場合、彼らが用いる方法は、生物に内在する量子的なレベルと接触するための技術とも言えるだろう。

その技術をコントロールするには、また特殊な技術が必要になってくることは言うまでもない。

しかし、通常のレベルをはるかに超える領域に到達できるのとしたら、特殊な技術を習得するための労力は惜しまないだろう。

そこは、「静寂(せいじゃく)」であり、宇宙空間の量子場と同様に豊かな潜在する力が秘められている。

「静寂」は量子力学的な体に近づくための入り口であり、ただ単に体を組織や細胞や器官の集まりとして見てはいけないことを教えてくれる。

知性の静かな流れとして見ることを教えてくれている。

このレベルに接触することができるようになれば、体の中のどんなこともちょっと意識するだけで変えることができるようになるだろう。

花粉症と多重人格

あなたはバラ風邪というネーミングを聞いたことがあるだろうか。

バラ風邪とはバラの花粉にアレルギー反応が起きるもので、俗に言う花粉症のことだ。

花粉症の人はわかると思うが、こうした症状は、花粉や気候の変化に加え、興奮したときや心配、過労によっても誘発されることがある。

その症状で悩んでいた人に造花のバラを見せたところ同じ症状が現れた。

そこで、それが造花であることを告げた途端、その症状が止んだという事例がある。

また、多重人格の例もある。

人格によって疾患が異なり、実際に数値も変化するということだ。

ある人格に変わった瞬間に、オレンジジュースだけにアレルギー反応が起きる。

人格が変わると皮膚にイボだ出たり、引っ込んだりする。

そればかりか黒い目が茶色になる患者さえいるそうだ。

これらの現象をどのような理論によって説明すればいいのだろうか。

量子力学的な体からの信号が肉体に変化を引き起こしていると決めつけるのは、いささか飛躍しているのだろうか。

あらゆる病気は自分が選択しているのか?

上記の例から、その症状が気まぐれに起こることではないことがわかる。

例えば、オレンジジュースによるアレルギー反応に関して云えば・・・

免疫系の白血球はアレルギー反応を起こす抗体で覆われており、それが抗原と接触することによって化学反応が自動的に始まる。

それがアレルギー反応というわけだ。

しかし、多重人格者の場合には、アレルギー反応を起こすかどうかを自らの意思によって決定しているように思える。

これは、細胞自体に知性があることを証明しているのではないだろうか。

なぜなら、抗体とオレンジジュースという抗原が出会う端と端は、炭素、水素、酸素と言ったごく普通の原子だからだ。

つまり、アレルギーを起こす原因が彼自身の選択であるとしか考えられないのだ。

アレルギーを選択しているのは彼自身なのだ。

これらの観点から考えた時、すべての病気は自分自身が選択している可能性がある、ということを否定することはできない。

また、この選択は、私たちが意識できる思考レベルよりも深いところで行われているので、自覚することができないとも考えられる。

科学技術で宇宙にいくことはできても、がんを根治すことができないように、人体の機能を科学によって解明しつくすことはできない。

しかし、私たちに無自覚に病気を選択する能力があるとするなら、その病気を制御する潜在能力があってもおかしくはない。

このことが理解できるようになると、パーソナルデザインの過程で、心的エネルギーがオレンジ色から紫色に一気に飛躍することになる。

私たちは毎年新しい人体を所有している

ご存じの方もあると思うが、私たちの細胞の98%以上が毎年入れ替わっている。

つまり、自覚のないまま、人体の98%以上は毎年自動的に新品になっているということだ。

脂肪組織においては常に代謝が行われており、3週間後にはすべてが入れ替わっている。

胃の内壁は5日毎に新しくなり、皮膚は5週間ごとに新しくなる。

骨は3ヶ月もすればすべて新品になっている。

こうした絶え間ない流れが量子力学的なレベルにおいて制御されているのだ。

そしてまた、彼らは、「私たち一人ひとりは他の人とは異なる独自の設計図を自然から与えられている」と言っている。

俗に言う性格と呼ばれているものに近いものかもしれない。

因みに私は5歳の時にアレルギー体質と認定され、卵をあまり食べないように言われていたらしい。

それを家族と私が真面目に実践していたとしたら、著しい各臓器の老化現象とストレスによって、私は既にこの世に存在していなかったかもしれない。

医者が嘘つきだと言っているわけではない、医学という領域において、生命に関することはほとんど理解されていないと言っているだけだ。

がん体質という固定点

たとえば、「がん体質」という言葉も馴染みがある表現だ。

体質と遺伝がセットだと考えている人が多いのか、「がん家系だからガンにかかるかもしれない」と、口にする人は多い。

確かに、がんは遺伝子の病気だが遺伝によって必ず発生するといったものでもなさそうだ。

遺伝子の病気だからこそ、逆に予防しやすいという考え方があってもいいと思う。

なぜなら、すべての病気は遺伝子によるものだからだ。

親がそうだから、自分もがんになると言うのは、親が糖尿病だから自分も糖尿病になると言っていることと一緒だ。

人間の遺伝情報の総体であるヒトゲノムは32億もの塩基対からなり、それが46本の染色体に分配されている。

確かにそのゲノムは親から受け取ったものだ。

親はまたその親からと、そうやってどんどんさかのぼっていくと生命の起源にたどり着く。

生命の起源から現在までの歴史がそのゲノムの中にすべて書き込まれている。

そこには仏教で説くところの三世、つまり過去世・現世・来世といった世界観を感じる人もあるかもしれない。

そう考えたなら、私たちは既にあらゆる病気の遺伝子を持っているということになる。

ゲノムの世界では、これを病因遺伝子といっている。

病因といっても、その遺伝子がダイレクトに病気を作り出すわけではない。

本来この遺伝子は生体機能のためのタンパクを作っている。

そのバランスが崩れた時に病気のもとになるというだけのことだ。

抑制遺伝子の働きをを支援してあげる必要がある。

それぞれの病因遺伝子には、抑制遺伝子が必ずセットになっている。

その抑制遺伝子は抑制タンパクを作り出し、病気が発生しないように病因遺伝子を制御している。

つまり、抑制遺伝子がちゃんと抑制タンパクを作れるようにしてあげればいいのだ。

そこにはやはりアミノ酸が関係してくる。

このアミノ酸の量が不足していると遺伝子の指令が実現できないからだ。

抑制遺伝子の指令を実現できるだけのアミノ酸がないと、抑制タンパクを作ることができない。

そこに隙間が生じて病気が発生するということになる。

要するに、タンパク質が不足していると、どんな病気になっても不思議はないということだ。

また、私たちは親から二通りの遺伝子を受け継いでいる。

となると、ガンの抑制遺伝子も2本所有していることになる。

遺伝によって抑制遺伝子の1本が変異している場合があるが、一本が頑張っていれば問題はない。

残る一本が活性酸素の攻撃を受けるとガン化するが、ガンが遺伝するという考え方とは異なる。

がんになりやすい体質は遺伝するかもしれないが、がんそのものが遺伝するわけではないということだ。

だから、バランスがとれていれば病気になることはない。

したがって、完全なる健康とは完全なるバランスとも言いかえることができるだろう。

そして、食べること、行なうこと、話すこと、見ること、考えること、感じること、そのすべてが全体のバランスに影響している。

これらのことすべてを意識して同時にコントロールするのは不可能なように思えるかもしれない。

しかし、個々の体質を知って、その体質にあった食事をとり、体質にあった運動を行なうなど、適切な方法を選択することによって、アンバランスのほとんどを修正できると彼らは言っている。

だとすれば、未来のアンバランスも予防できるだろう。

自然には色々なチャンネルがあり、それぞれ周波数がちがう

私たちは通常、自分が信じられる範囲でしかモノゴトを判斷できない。

したがって、その範囲を越えたものは想定外となり、不思議だとか偶然だとかという言葉で片付けられてしまうことが多い。

実は、今私たちが現実だと思っている世界は、自然という数多い放送チャンネルの中の一周波数領域内の世界に過ぎない。

その世界がすべてだという思い込みによって、他の周波数を捉えることができないでいるのだ。

私たちが事実だと思っていることは、自己都合の視点から捉えた世界でしかない。

また、生命は環境に大きく影響されている。

例えば、本来なら800年は生きるであろう植物を大都会に植樹したら100年ともたないだろう。

生命は非常に柔軟であり、その生命を永らえさせようとする力も、朽ち果てさせようとする力も併せ持っている。

生命がどちらを選択したとしても、どちらもその環境の中においては自然な形といえるだろう。

参考▼

実験用のハツカネズミの寿命は通常は2年程度と言われているが、体温を下げ最小限のカロリーの餌を与えると4年~6年は生きるそうだ。

逆に極度のストレスを与えると2~3週間で死んでしまう。

短命のネズミと長寿のネズミの寿命の差は50倍ほどになるが、いずれも臓器は同程度に使い古された状態になっているということがわかっている。

実験用のネズミは自ら環境を選択し、制御することはできないが、人間は自ら環境を選択し、制御することがきる。

ある程度のところまでは、自らの意志によってコントロールすることもできるのだ。

例えば、江戸時代の平均寿命は30歳~40歳と言われている。

乳幼児死亡率が非常に高かったということも有るが、それにしても現在の平均寿命の半分以下だ。

だから今から300年後は平均寿命が170歳になるとまでは言わないが、このことは人の寿命にも柔軟性が有るということを物語っている。

細胞分裂により何十億年も生きている

細胞の単位に目を向けてみると、その寿命の差は更に大きくなる。

個々のアメーバーの寿命はせいぜい2~3週間だが、細胞分裂によってアメーバーは増殖を繰り返すので、部分的には何十億年以上も生き続けることになる。

アメーバ内部は、酸素や水素、炭素や窒素で作られていて、それが渦となって絶え間なく入れ替わり、同じ働きやカタチを維持し続けているのだ。

参考▼

人体は約60兆の細胞からなると言われてきたが、2013年11月に発表されたEva Bianconiらの論文において、人体の細胞数はおよそ37兆個であるという話になった。

半分近くまで数は減ったが、それでも考えられないほど複雑な構造をしていることは確かだ。

それと同時にアメーバと同様、私たちは古くもあり新しくもある生命を宿していることになる。

古いと同時に新しくもある

例えば、皮膚の細胞の寿命は2週間ぐらいだが、胃の内壁細胞に至ってはわずか2~3日の寿命だ。

赤血球は2~3ヶ月で、肝臓は数年間、心臓と脳の細胞は一生入れ替わることがないそうだ。

お気づきのように全く同じDNAが非常に短命な細胞から長寿の細胞まで様々な寿命をコントロールしている。

両親から受け継いだDNAが一緒になって、新しいDNAが形成され私たちになった。

つまり、私たちのDNAは脳、皮膚、心臓、肝臓、髪、爪の先に至るまで、分化してさまざまな細胞を作り出すことができる。

一生変わらない脳のニューロンも、4週間毎に変わる鼻の臭覚細胞も外見は変わらない。

これら一見すると変わらない細胞が、個々に寿命を割り当てられ、見事にコントロールされているのだ。

これは、私たちの細胞もアメーバと同様、凄まじい勢いで流れる原子で成り立っていることを証明している。

参考▼

肺の中で酸素と二酸化炭素の入れ替わりに要する時間はたったの1000分の1秒以下だ。

ナトリュウムとカリュウムのイオンは1秒間に3百回脳細胞を出入りする。

冠動脈を通して心臓に入っていく血液はわずか2~3秒でどす黒い血液となって出て来る。

こうした想像を絶するような激しい変化にさらされてきたにも関わらず、私たちの人体は正確に継承され維持されてきた。

人間のDNAは、少なくとも2百万年以上の長きに渡って人間のDNAであり続けてきたのだ。

そして、人間のDNAの基になった原始的なDNAの起源は、そこからさらに20億年近くさかのぼることになる。

私たちの体を構成する物質は頻繁に入れ替わり、その寿命は短い。

しかし、遺伝子レベルで見れば、私たちはとてつもなく長い寿命を持っていることになる。

だとすれば、私たちはもっともっと長寿であってもおかしくないはずだ。

バランスが健康で活力ある日常を作り出す

私たちの内外に働いている力のバランスをコントロールする方法がわかれば、もっと寿命を伸ばすことができるに違いない。

参考事例▼

個人的な経験を話すと、5年前にある企画を請け負ったことが原因で、極度のストレス状態に陥り、そこから抑うつ状態が続き、軽いメニエール・前立腺がんの疑い(肥大で収まった)・耳鳴り・貧血などによって2度救急にお世話になるといったことがあった。

あらゆる方法を試みた結果、耳鳴り以外の症状はすべて消え去った。

しかし、耳鳴りの症状が継続していたんで、どこかが悪いのだろうという思い込みから、怖くて健康診断にも行けないでいた。

ある時、どうしても健康診断を受けなければならない事情ができたので、仕方なしに受けたところ、コレステロール値が少し高いだけで、他はすべて正常という診断だった。

その結果を聞いた途端、身体が軽くなった感じになり、とても爽快な気分になった。

自分の思い込みによって、健康になろうとする内的な力を抑制してしまっていたらしい。

体はとっくに正常になっていたのに、勝手な思い込みによって自らバランスを崩していただけだった。

この体験によって、理論的にではなく、彼らの言っていることを身をもって深く理解できた。

この知性は「病気や老化は本当にさけられないものなのか?」という「問い」から始まった。

その問いから何千年もさかのぼり、彼らは「避けられる」という結論に至ったのだ。

内外の力の調和とバランスを保つことができれば、病気にならず完全なる健康を実現できる。

彼らの前提は「肉体のみではなく、心や精神のバランスが維持できれば、どんな病気も予防できる」という原則にある。

成長し進化しようとする力がすべての人の中で働いている

彼らはまた、「成長し進化しようとする力がすべての人の中に働いている」ということも伝え続けてきた。

そしてこのバランスを自動的に制御する力は、特に脳細胞において顕著だ。

脳は体温、代謝速度、成長、空腹や渇き、睡眠、血中の化学変化、呼吸など数多くの働きのバランスを同時に行っている。

健康状態が維持されるためには、これらの機能が正確に保たれていなければならない。

そして、そのバランスの源が量子的なレベルの働きにあるということなのだ。

したがって、彼らが行なう技法、つまり私たちが成長し進化しようとする基本的な力を活用できるのは、量子のレベルにおいてだと言っている。

これは、非常に重要な領域の話だが、多くの人はこの領域があることさえも知らないだろう。

私自身、14年前にこの理論と出会ったが、ずっとこれを疑い続けてきた。

したがって、自分が体験していないことは、なかなか信じられないということもよく理解しているつもりだ。

だから、大概の人は病気や老化に対して無力だ。

生命を衰弱させる力が優位に働いた時、体は時間の経過とともに衰えていくしかなくなる。

逆に、私たちの源にある力、信じられないような深い領域においてバランスをとって生きようとする力。

その力を信じられるとしたら、内面の成長には限界がなくなるだろう。

さいごに▼

内面の成長を無限にする鍵

内面の成長について諸説あるが、肝心な要素が欠如している場合が多い。

その要素とは「成長は自動的である」ということだ。

成長は自然現象であり、私たちの細胞に既にその仕組みが組み込まれているからだ。

彼らは言う、「成長とは、知性の静かな流れをその源まで遡っていくことだ」と。

それが完全である健康の最終的な秘訣である」と。

病気や老化かから逃れるにはそれで十分だ」とも言っている。

人類がどこまで進化できるかはわからない。

しかし、病気を受け入れることを拒絶したことによって健康に戻ったというのは、私に限ったことではないはずだ。

ではまた。

パーソナルデザイン塾についてはこちらをクリック!

※パーソナルデザイン塾入会権利:各コンサルテーション参加者またはP塾講義受講経験者に限ります。

P塾講義は毎月2回開催されています。受講を希望される場合はFacebook(ブレイクスルーClab)経由でお申し込みください。

メンバーから紹介がある場合、割引料金にて受講できます。詳しくはP塾メンバーにお尋ねください。

初回カウンセリング

あなたの利益を最大化するための、はじめの一歩です。

何も準備していただく必要はありません。
お気軽にお申し込みください。

※即日のご対応はいたしかねますので、ご予約の際は7日程の余裕をもってご予約くださいますようお願い申し上げます。