パーソナルデザイン
masa

こんにちは、MSインテグラル・デザイン研究所の斉木です。 前回の投稿では「薬物製造や医療現場と生化学的な個別性の関係性」について解説しました。

パーソナルデザインと体質(ユニーク)

私たちの体のどこを捉えても、持って生まれた傾向に導かれ、外界の環境とユニークに関わっている。

そして、その傾向に従うことも、それを修復することも選択できる。

これは私がライフデザインを考える時の方程式、「性格+アプローチ=ブレイクスルーの道筋」という考え方のベースにもなっている。

自分の今後について、どのような選択をすればいいのか。

どのようなことに気をつければいいのか。

それを統計学の一部である占に頼っている人は非常にたくさんいる。

しかし、なぜか体質に目を向けている人は稀だ。

彼らはこう言っている。

「持って生まれた傾向に無謀に逆らって生きるのは不自然だ。気楽に快適に無理をせず「自然」に調和して生きるためには、自分のユニークさを尊重する必用があるのだ」と。

だから、彼らの視点は、今患者がどのような「病気」にかかっているか?

ではなく、「患者はどんな人か?」なのだ。

つまり、その人が、どんな体質をもって生まれてきたのか?

ということだ。

また、彼らが定義している体質は、通常の体質の意味とは異なる。

彼らはそれを「プラクリティ」と表現する。

プラクリティとは?

プラクリティとは、サンスクリット語だ。

直訳すると「自然」ということらしいが、彼らはそれを「心理・生理的な体質」と考えているようだ。

彼らが最初に知ろうとすることは、患者の訴えや症状ではなく、患者の自然(心理・生理的な体質)だ。

それは、私たちの体に組み込まれている傾向の概略を示す青写真のようなものだろう。

例えば、

コップ一杯(200㌘)の牛乳(普通)には134キロカロリーが含まれているが、人によっては、このカロリーを主に脂肪を蓄えるために使い、ある人はその大部分をエネルギーに変換する。

子どもはミルクからカルシュウムを吸収して新しい骨を形成する。

しかし、大人は同じカルシュウムを腎臓を通して排泄する。

この過程において上手く処理することができないと、腎臓結石を形成し、激痛の原因にもなりかねない。

つまり、こうしたプロセスにおいても、体質が大きく影響している。

だから、、、、

  • その人にとってどんな食事や運動や治療が助けとなるのか
  • どんな方法が役に立たないのか
  • あるいは害になるのか

などを知る必用がある。

例えば、チーズをたっぷり使ったピザは私の大好物だが、動脈の病気が進行している人にとっては命取りになる。

摂取した脂肪が、血管を狭める血栓に加わって、取り返しのつかない事態を引き起こしかねないからだ。

逆に体重を増やさなければならない人にとっては、強い味方になることもある。

このように、自分がどのような体質をもっているのかを知ることは、

何を食べたらいいのか?ということへの回答にもなる。

つまり、自分の体質を知ることが、「完全なる健康」への第一段階なのだ。

重要な理由は3つ

まず、第1の理由として、

その病気の種は早い時期にまかれている。

例えば、40代の心臓病患者で20代の時に何らかしらの徴候を表していなかった人はほとんどないとい。

だから、10歳の子どもアレルギー、慢性肥満、高コレステロール、胃潰瘍などの傾向が既にあるかもしれない。

この年齢でその徴候がつかめたとしたら、病気は初期の段階なので、治療や予防が容易になるのだが、通常はその徴候を読み取ること自体困難だろう。

しかし、もし体質とそれ特有の強さや弱さが理解できるとしたら、病気が表面化するずっと前から予防することが可能になる。

つまり、、、、、

体質を知ることによって個別的な予防が早期からできるようになる。

それが2つ目の大きな理由だ。

どの病気にもかかりやすいという平均的な人は、どこにもいない。

しかし、たいていの人は、あれもこれも予防したいという欲求に駆られているだろう。

がんを始めとして、心臓疾患、脳疾患、あるいは骨粗鬆症など、さまざまな病気が恐怖の対象となってしまっている。

自分の資質を知ることなく、あらゆる病気に対処しようとすることは、的を見ないで矢を射るようなものだ。

例えば、私は子供の頃から鼻炎で悩まされていたが、インフルエンザになったことが一度もない。

花粉症の徴候もいまのところはまったくない。

そのかわりに42歳を過ぎるまで、友人にしか明かせなかった特有の症状もあった。

4,000人以上の人と面談したが、私と同じ症状で悩んでいる人は一人もいなかったのだ。

がん、心臓疾患、脳疾患、骨粗鬆症、糖尿病も一人ひとり個別に起こるのであって、全員に起こるわけではない。

予防もそれと同じように、個別的であって初めて有効になるのではないだろうか。

3つ目の大きな理由は、、、、

体質を知ることによって、治療が的確になる

精神が安定していない人には精神安定剤を処方し、胃潰瘍の人には制酸剤を処方するといった処方箋は、個人がユニークであることを無視している。

それは、病気はどの人にも同じように表れるといった前提から考えられているのだろうか。

しかし、これまで話してきたよに、そのような前提は成立しない。

例えば、今ここに不安を感じている3人の人がいると仮定した場合、その3人が同じようなレベルのストレスを感じているとは考え難いだろう。

3人とも胃潰瘍だとしたら、その原因となっている食事の内容やストレスといったものは三者三様だろう。

つまり、この3人は、胃潰瘍という言語によって表現された、異なった病気になっていることになる。

そして、これはすべての病名に言えることだ。

胃潰瘍というその固定点(病名)による共通認識によって、個々の体質が覆い隠されてしまうのだ。

どんな病気の場合でもその人の体質がベースにある。

という彼らの考え方からすれば、大雑把すぎて空いた口が塞がらない、といったところだろう。

自分の体質を知るということは、自分自身を理解する上でも不可欠なことだ。

自分の内部で実際何が起こっているかを知るということは、

何を成し、何を言い、何を考え、何を感じるべきかという社会公理の束縛から脱出することにもなる。

彼らの理論を知るということは、

私たちが個人の特異性として、普段ないがしろにしている事柄の本当の意味がわかってくるということだ。

例えば、、

朝食時のバイキングには、必ずと言っていいほど、オレンジジュースが置いてあるが、私は手に取らない。

中学生の時にオレンジジュースが原因で、急性の胃潰瘍になったことがあるからだ。

オレンジジュースで胸焼けがしたり、胃潰瘍になったりする人もいるのだ。

このことは、オレンジジュースの酸性が、その人の体質に合っていないということを表している。

また、コヒーは一日4~6杯飲んでも平気だが、カフェラテを2杯飲むと気持ち悪くなったり、頭痛が起こる人がいる。

私もそうだが、友人のなかにも似たような症状になる人がいる。

一杯のコーヒー、冷たい隙間風、上司の小言、配偶者の態度、天気などに体が反応するとき、

私たちの体質が私たちに信号を送っている。

その信号は個々に異なっていて、その波長を捉えることができるのは自分自身だけだ。

それらの信号を意識できるように訓練していくと、

振る舞い、知覚、味覚、才能、あるいは他人への関心など、

実にさまざまな事柄がその信号に影響されていることに気づけるようになる。

では、その心理・生理的な体質は、いったいどこからきているのだろうか?

そのことについて次回解説しよう。

ではまた。

ご相談・お問合せ

ライフデザイン、キャリアデザイン、キャッシュフローの改善・創造、ビジネスに関するご相談を承ります。
お気軽にお問合せください。

MSID研究所