今回のスピリチュアリティ・ヘルスケアは、素質の出発点、3つの機能原理、仮説の重要性、それぞれのタイプ別にみた傾向などについてです。

素質の出発点

プラクリティ(心理・生理的な体質)は、どこが起点になっているのだろうか?

遺伝によってある程度個人の特徴というものは決定づけられている。

一方で、細胞や器官そのものは本質的に誰でも同じ構造をしている。

だから、個々の性格はそれぞれ異なるが、同じように感ずる部分もあるだろう。

彼らは、より深いレベルでの体質を見いだすために「心と体が出会うところ」に着目している。

心の中でなにかが起こると、それに即して必ず何かが体で起こるからだ。

私は子供の頃、夜トイレにいくのが怖くて一人で行くことができなかった。

便器から手が出てくることが有るかもしれない、そう思っていたからだ。

そのような感情が起こる時には、血流の中をアドレナリンが駆け巡っている。

つまり、心と身体の接触面で想念が物質に転換している。

そして、この領域は「ドーシャ」とよばれる3つの機能原理によって占有されているらしい。

これは心と体の対話をドーシャという言葉で表現した非常にユニークな考え方だ。

言葉からくるイメージに絡め取られてはいけない

「ドーシャ」と聞いて、あぁ・・・アーユルベーダね!

と思う人もあるかもしれない。

しかし、そこで思考することを止めないで欲しい。

アーユルベーダをよく知らないうちに、その言葉に絡め取られては困る。

そのため、ここまでイメージを拘束する言葉を使用しなかった。

一般的に広く認識されているそれらの解釈とは異なっているからだ。

だから、アーユルベーダやドーシャという言葉をあえて避けてきた。

私たちが抱く恐れ、夢、願望は、感情や欲求という部分に関わり、常に体に話しかけ、心身を形成している。

本来であれば、このメッセージは個を進化させ、健康に導くようなものが望ましい。

しかし、実際には、ほとんどの人は理想的な状態ではない。

なぜなら、成長するにしたがって、ストレスや老化の力の方が、進化や拡大の力より優勢になっているからだ。

「心は愛や創造性に富んでいるのに、体が年々衰えてるという場合には、ドーシャに注意する必要がある。」と彼らは言っている。

エントロピー(有害物質・要素)の増大による減退の力が、進化の力よりも大きくなってしまう理由は、ドーシャにあるということ。

だから、このドーシャのバランスを回復すれば、健康で、調和的で、常に進化する心身システムが可能になってくるはず。

ドーシャの3つの機能原理

ドーシャの3つの機能原理は、一般的には「ヴァータ」「ピッタ」「カパ」という名で呼ばれている。

その3つが心身の無数の機能をそれぞれが司っている。

それぞれ、

  1. 動きの支配⇒ヴァータ
  2. 代謝の支配⇒ピッタ
  3. 構造の支配⇒カパ

どんな呼び方をしてもかまわないと思うが、私たちのどの細胞にもこれら3つの原理が、必ず含まれているということをまず認識して欲しい。

具体的には、

  1. 呼吸、血液の循環、消化管の中の食物の移動、脳の神経インパルスの出入りなどを支配。
  2. 食物と空気と水の代謝を支配。
  3. 細胞のまとまりを保ち、筋肉や脂肪や骨などの形成を支配。

つまり、3つのドーシャが揃ってはじめて人体が形成される。

仮説をたてることの重要性

この後、そのことについて深く探求していくが、その前に自分の体質を仮定しておいた方がいいだろう。

仮説があって、初めて検証が可能になるからだ。

つまり、あなたの心身の仮説に基づいて、あなた自身を検証しておいて欲しい。

その方が、この後の展開にも臨場感が増すだろう。

ここで注意してほしいことは、「3つのドーシャは、誰に対しても均等に働くわけではない」ということだ。

どのドーシャが優勢かによって体質が異なってくる。

自分の体質を知るということは同時に・・・

  • あたたにふさわしい食事や運動
  • 日々の過ごし方や病気予防の方法

これらが、はっきりわかるということを意味する。

例えば、ヴァータ(動きの支配)体質の人は、そのタイプに即した食物を食べることによって、いたるところで大きなバランスの力を体感することができる。

また、誰もが3つのドーシャを持っているので、どれか一つを整えればいいというわけでもない。

3つのバランスを上手に保っていく必用がある。

今からあなたの体質を知るために簡単なテストを行ってもらおうと思う。

自分の体質についての知識は、心身バランスを保つカギとなるので是非実践して欲しい。

また、その知識は、激しく移り変わる変化に対応するためのヒントも与えてくれるだろう。

さらに、不明瞭だった自分自身をどう捉えていけばよいのかも教えてくれるはずだ。

私の体質は◯◯の傾向が強い。

まずは、ヴァータタイプに関した質問からスタートする。

質問に対して、0~6の段階で自己評価してもらいたい。

このセッションが終わったら、ピッタ(代謝支配)タイプ、カパ(構造支配)タイプと進み、それぞれ小計して、最後にどの傾向が強いのかを確認して欲しい。

身体の特徴については比較的答えやすいと思う。

心の特徴や行動については答えにくいかもしれない。

だから、今まで自分がどんなふうに感じたり、行動してきたかを振り返って、大まかに答えられればいい。

  • 0:自分にはあてはまらない
  • 3:あてはまるときもある
  • 6:たいがいはあてはまる

では始めよう。

動き支配タイプ(ヴァータ)

  1. 動作が敏捷(びんしょう)だ。
  2. モノゴトを記憶して、あとで思い出すのは得意だ。
  3. 活発で熱中しやすい性格だ。
  4. 痩せ型で簡単には太らない
  5. 新しいことを覚えるのが非常に早い
  6. 歩き方は軽快で早い
  7. モノゴトの決断に迷うことがよくある
  8. ガスが溜まったり、便秘することがよくある
  9. 手足が冷えやすい
  10. 悩んだり不安になったりすることが多い
  11. 人と比較して寒さに耐えられない
  12. 早口で、友人からおしゃべりだと思われている
  13. 気分が変わりやすい感情的な性格である。
  14. 寝つきが悪く、ぐっすり眠れないことがよくある
  15. 肌が乾燥しやすい、特に冬はそうなる
  16. 心が大変活動的で落ち着かないときもあるが、大変想像力がある
  17. 動きが急で活発であり、エネルギーは一気に出る傾向だ
  18. 興奮しやすい
  19. 気をつけていないと、食事や睡眠が不規則になりがちだ
  20. 物覚えは早いが、忘れるのも早い

代謝支配タイプ(ピッタ)

  1. 自分は大変能率的だと思う
  2. 行動が非常に正確で秩序的な傾向がある
  3. 気が強く、強引なところもある
  4. 人と比べて、暑い天気の時は不快で疲れやすい
  5. 汗をかきやすい
  6. いつも表面に表すとは限らないが、すぐにイライラしたり怒ったりする
  7. 食事を抜かしたり遅らせたりすると不快になる
  8. 次の髪の毛の特徴が1つ以上あてはまる
    ・若白髪あるいは若ハゲ
    ・薄く細かいまっすぐな毛
    ・赤または薄茶色の毛
  9. 食欲旺盛、食べようと思えばかなりの量を食べることができる
  10. 多くの人から頑固だと思われている
  11. 便通は非常に規則的である。どちらかというと便は柔らかくなることが多い
  12. 気短になりやすい
  13. 細かいことにも完全であろうとする傾向がある
  14. 怒りやすいが、怒ったあとはすぐ忘れる
  15. 冷たい食べ物や飲み物が好きである
  16. 部屋の中が寒いと感じるより、暑いと感じることの方が多い
  17. 熱い食べ物や辛い食べ物は耐えられない
  18. もっと寛大であるべきだと思うが、人と意見の合わないのはどうも気に入らない
  19. モノゴトに挑戦するのが好きである。欲しいものが有る時は一途に努力して獲得する
  20. 他人にも自分にも非常に批判的な傾向がある

構造支配タイプ(カパ)

  1. ゆっくり気楽にモノゴトを行なう性格である
  2. 人と比べて体重が増えやすく減りにくい
  3. 落ち着いた性格であり、あわてることは少ない
  4. 食事を抜かしても大して不快ではない
  5. 鼻水、たん、よだれなどが多い傾向
  6. 日中快適であるためには、、少なくとも8時間の睡眠が必要である
  7. 眠りが大変深い
  8. おだやかな性格であり、怒ることはめったにない
  9. 人と比べて物覚えは早くないが、一度覚えたことはいつまでもよく覚えている
  10. ふっくらと太りやすい。余分な脂肪がつきやすい
  11. 寒くて湿った天気は苦手である
  12. 髪の毛は濃く、黒くてウエーブがかかっている
  13. 肌は柔らかく滑らかで、色白である
  14. 大柄で丈夫な体格である
  15. 次の言葉は私をよく表している
    ・おだやか
    ・優しい
    ・愛情が深い
    ・寛大
  16. 消化が遅い。食事の後思い感じがする
  17. 非常にスタミナが有る。耐久力があり、エネルギーのレベルも安定している
  18. ゆっくり整然と歩く
  19. 睡眠過剰の傾向がある。朝起きた時にぐったりしていて、動き出すのに時間がかかる
  20. ゆっくり食べる。何事も秩序だって整然と行なう

自分の体質特徴をある程度仮定することが出来ただろうか?

次回は、「心身症や不眠と衝動的に買い物をしてしまう原因は一緒!」です。

ではまた。

LINE@MSID研究所

いかがでしたでしょうか?お金の流れが変わって人生が面白くなる方法などについて、もっと詳しく知りたい方は、LINE@で友達追加してください。特別な情報やセミナー開催情報などをお届けします。

友だち追加

相談・お問合せ

起業やビジネスなどのお金の流れの創造・改善。運用や資産形成など収支バランスの改善のことなら、個人・法人を問わず何でもご相談ください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事