健康管理
masa

こんにちは、MSインテグラル・デザイン研究所の斉木です。 今回は、自分の体質を仮定し、検証を繰り返す必要性などについて解説しましょう。

それでは早速、自分の体質を仮定していく作業を始めよう。

ドーシャテストがまだ済んでいない人は、前回の投稿「持って生まれた体質に導かれ、外界の環境とユニークに関わっている。」に戻ってテストを終えてから、読み進めて欲しい。

パーソナルデザインと体質(体質を仮定する)

3つの基本的なドーシャ

基本的なドーシャは3つしかないが、これをさまざまに組み合わせることによって、10の体質に別れる。

1つのドーシャの点数が他のドーシャの点数よりも著しく高い人は、単一ドーシャ型に該当する。

単一ドーシャ型

単一ドーシャ型は、前回テストを行ってもらった「ヴァータ体質」「ピッタ体質」「カパ体質」のいずれかになる。

もちろん、他のドーシャもその人の自然な傾向にはいくらか影響しているが、その影響は1番強いドーシャに比べればずっと少ない。

際立って高いドーシャのない人は、二ドーシャ型ということになる。

二ドーシャ型

ニドーシャ型は、

  • ヴァータ・ピッタ体質
  • ピッタ・ヴァータ体質
  • ピッタ・カパ体質
  • カパ・ピッタ体質
  • カパ・ヴァータ体質
  • ヴァータ・カパ体質

多くは、この二ドーシャ型に該当する。

二ドーシャ型の場合は、二つのドーシャが支配的で、その二つが並んで、或いは交互にその特徴を表わすタイプだ。

体質に対する影響は、一番高いドーシャの影響がもっとも大きいいが、二番めのドーシャの影響も重要になってくる。

また、1つのドーシャが優位で、他の二つが全く同じと言う人もいるが、大抵は二ドーシャ型に該当する。

他の二つが全く同じ点数になった人は、一番高いドーシャに目を向ければいい。

三ドーシャ型

中には、3つのドーシャが等しいか、あまり差がないという人もいるだろう。

この場合は三ドーシャ型ということいなるが、この体質はきわめて稀だ。

したがって、答えをもう一度注意深く見直すか、他の人に妥当かどうか意見してもらう必要があるかもしれない。

またはっきり答えられない質問が多い場合は、ヴァータがアンバランスの状態にあり、本来の体質がわかりにくくなっていることが考えられる。

なぜなら、ヴァータによって混乱を引き起こすことがあるからだ。

ヴァータは、ドーシャの指導的立場にあり、ピッタやカパの真似をすることもある。

細い骨格なのに太っている。

悩みがちなのに怒りっぽい。

不眠になりがちなのに、時には人並み以上によく眠れるなど、ヴァータのアンバランスが、そのような気まぐれの原因になっていることが多い。

理論の体系を学んでいけば、どれがヴァータのアンバランスによるもので、どれが本来の体質なのかが見分けられるようになる。

どうしても見分けられない人は、専門家に相談するといい。

ドーシャの解釈

自分の体質が仮定できたところで、次に解釈の仕方を解説していこう。

まず大前提として、体質は遺伝的なものだということだ。

これはDNAの理論が発見されるかなり昔から、さまざまな遺伝的な特徴が組み合わさっていることを彼らは知っていた。

心と体と行動のさまざまな特徴の組み合わせには、微妙な一貫性が見られる。

しかし、体質というものに型どられてはいるが、運命までその型の中に入っているわけではないので、そこは強調しておく。

確かに、背が高いか低いか、優柔不断か意志が固いか、落ち着きが無いか落ち着いているといったことは体質によるところが大きい。

しかし、想念、感情、記憶、才能、欲求など体質とは無縁のものも数多く存在するからだ。

心身の健康は過程であり、健康そのものではない。

ここで特筆すべきことは、自分の体質についての知識があれば、より理想的な健康状態へと進化する可能性があるということだ。

そのこを理解して欲しい。

そして、彼らが示すところの健康状態とは、心身の健康に留まらず、生命すべての側面をより高いレベルへ導くことを意味している。

人間関係、仕事、ビジネス、精神の成長、環境との調和など、そのすべてが心と体の状態と密接に結びついているからだ。

ヴァータ体質の最大の特徴は「変化」

例えば、それがヴァータ体質の人であれば、

  • 軽く細い体格
  • 動作が素早い
  • 空腹と消化が不規則
  • 浅くて断続的な睡眠
  • 不眠
  • 熱しやすく、快活で、想像力がある
  • 興奮しやすい
  • 気分が変わりやすい
  • 新しいことを覚えるのが早いが、忘れるのも早い
  • 悩みが多い
  • 便秘がち
  • 疲れやすい
  • 頑張り過ぎる傾向がある
  • 心や体のエネルギーが一気にでる

既に、気づかれた方もおられると思うが、ヴァータ体質の基本は「変化」だ。

ヴァータ体質の人の行動や気分は、一定ではなく型にはまらない傾向が強いので、予測が難しい。

つまり、型にはまらない多用性そのものがヴァータの特徴なのだ。

ヴァータ体質の人は瞬発力で勝負しろ

そして、エネルギーの出方に目を向けてみると、瞬発力はあるが、持続性があまりないという特徴がある。

例えば、

  • 1日のうちでいつ空腹になるか一定ではない
  • 興奮と絶え間ない変化が好き
  • 就寝時間は一定ではなく、食事を抜かしたりすることもある
  • 消化の良い日と悪い日が交互に訪れる
  • 直情的だが、長続きせず、直ぐに冷める
  • 歩くのが早い

などが考えられる。

体格は3つの体質の中でもっとも細く、肩幅が狭く、腰が細いというのが特徴的だ。

体重を増やそうと思っても、増えないか、或いは非常に困難だ。

食欲は日によって変動するが、何を食べても太らないのはヴァータ体質だけだ。

ただし、青年期にはスリムでも、中年になってからちょっとふっくらしてくる人もいる。

体にも不規則性がみられる

そして、体の不規則性に関しても、このヴァータが影響している。

体格に比して手が小さかったり、足が小さかったりする。

歯が非常に小さかったり、逆に大きく飛び出している人もいる。

ここで、明石家さんまさんや久本雅美さんなどを思い浮かべた人もあるだろう。

上の歯が出ている(うわ噛み合わせ)のもヴァータ体質の特徴の1つだ。

O脚、内股、脊椎のわん曲、鼻中隔の偏位、寄り目、左右に離れすぎた目、などの人もよく見受けられる。

因みに、鼻中隔とは、鼻腔の内部を左右に仕切る壁で、偏位とはそれがどちらかに偏っているという意味だ。

骨は非常に軽いか、若しくは非常に長くて重い。

皮下脂肪が薄くて静脈が目立っている

皮下脂肪が薄いために関節、腱、静脈が飛び出していることが多い。

腱(けん)とは、骨格筋が骨に付着する部分の筋肉主体部寄りにある結合組織のひとつで、代表的ものにはアキレス腱がある。

前にも述べたが、ヴァータドーシャが筋肉の動きを司り、体の動きを支配している。

そして、呼吸、消化管の食物の動き、脳から発せられる神経インパルスも制御している。

つまり、ヴァータが中枢神経系を制御しているのだ。

ヴァータの乱れが心身症の原因

したがって、ヴァータが乱れてくると、震え、発作、けいれんなどが起きる。

不安や抑うつなど、あらゆる心身症的な症状はヴァータの乱れによって生じるので、ヴァータのバランスが回復すれば、それらの症状がおさまる。

つまり、ヴァータのバランスが回復すると、どんな治療法でも効果のなかった症状が治ることがよくあるのだ。

また、ヴァータは動きを司るが、それを終わらせることに責任を持たない。

スタートさせるけど、終わらせることに責任をもたないのだ。

バランスが乱れているときには、この特徴がきわだって表れる。

ヴァータの乱れが人生の損失を招く

このような状態のときには、衝動的な買い物をして損をしたり、とりとめのない話をしてみたり、慢性的な不満状態に陥ったりする。

ヴァータ体質の人は、お金に限らず、言葉やエネルギーなど、なんでも浪費する傾向が強い。

しかし、ヴァータのバランスが整っているときには、このような衝動的な言動にはならない。

ヴァータドーシャが、全身のバランスを支配しているからだ。

まだ話の途中だが、勘の良い人は、自分の人生設計において、何をすればいいのかが明確になったはずだ。

もし、そうであれば、遺伝子が覚醒し始めた証拠である。

そうした人は、遺伝子レベルにおいて、既にこの理論を知っていた人だろう。

しかし、自分が明確にならなかったからといって悲観しないで欲しい。

ほとんどの人は明確にならなかったはずだからだ。

敢えて、ヴァータが乱れるようなことを試みただけなので、この段階において悲観する必要はない。

ヴァータの乱れが悩みや不眠を生みだす

ヴァータ体質の多くは、想念が安定しておらず、悩みがちで、ときには不眠症になることもある。

睡眠時間は比較てみ短く、6時間かそれ以下であり、年齢とともに短くなっていく傾向がある。

胃が過敏になったり、消化力が衰えることがよくあり、腹痛や生理痛もバータドーシャによって起こる場合が多い。

ヴァータのバランスが幸せを招く

一方で、バランスのよいヴァータ体質の人は、熱意とエネルギーにあふれ、まわりの人たちを幸せにする力がある。

心は明晰で機敏であり、内面に高揚した調子が有る。

ヴァータ体質の人は環境に敏感で、聴覚や触覚の刺激に素早く反応し、やかましい雑音を嫌う。

こうした活発で、活気に満ち、興奮しやすく、予測できなく、想像力が豊で、おしゃべりな性格もすべてヴァータ体質の特徴なのだ。

ヴァータ体質の人は衝動的なので、バランスが乱れると無理をしすぎてしまう。

興奮は極度な疲労に変化して、やがて慢性的な疲労やうつ病へと進んでいく。

  1. ヴァータは他のドーシャの指導的な立場にあるため、一番最初にバランスが乱れ、病気を引き起こすひきがねになる。
  2. 他のドーシャのまねをすることがあるため、他のドーシャが問題を引き起こしていると勘違いさせられる。

つまり、ヴァータのバランスが悪い時は、他のドーシャもバランスが悪くなり、ヴァータのバランスがいい時は、他のドーシャもバランスがいい。

したがって、どんな人にとっても、ヴァータのバランスが非常に重要になってくるのだ。

さいごに▼

ヴァータ体質の人が注意するべき点とは?

ヴァータ体質の人に対しての基本的な注意点は、

  • 十分な休息をとること
  • 無理をしないこと
  • 規則的な生活習慣を特に心がけること

つまり、ヴァータ体質の人から見れば不自然に思えることを実践していくことが大切だということだ。

これを実行すれば今抱えている多くの問題を速やかに改善できるはずなので、実行してみて欲しい。

基本的なバランスはヴァータに由来する。

ヴァータを良い状態に保っておくことが、私たちにとって極めて重要であることを、ここではご理解いただきたい。

体質を無視した食事や時間帯の選択を繰り返していると、健康からどんどん遠ざかってく。

熱性と冷性では真逆の効果だ。

肌のケアを見れば分かる。

粗性の人と滑性の人、乾性と脂性の人とでは対処法がぜんぜん違う。

それと一緒のこと。

ヴァータや他のドーシャのコンディションを整える方法については、ドーシャの説明を一通り行った後に解説しよう。

ではまた。

初回カウンセリング

小さな改善で大きな成果を!

将来が漠然としているからこそより大きな成長が期待できる。もしも、既に適切なプランがあるとしたら一気に飛躍できる。

あなたのライフデザインについて一緒に考えてみませんか?