保険設計
masa

こんにちは、MSインテグラル・デザイン研究所の斉木です。

今回も前回に引き続きリスクマネジメントと生命保険について解説しよう。

生命保険とリスク研究:生命保険商品の特徴

生命保険には、こども保険、貯蓄保険、利率変動型保険、定期保険、変額保険といったいくつかの商品がありますが、ライフプランを考える上でこれらの保険商品の特徴を知っておく必用がある。

死亡保障に重点を置いた保険

死亡保障を重視した生命保険を大きく括ると下記の7種類になります。

  1. 定期保険
  2. 終身保険
  3. 利率変動型積立終身保険
  4. 定期保険特約付き終身保険
  5. 収入保障保険
  6. 条件体保険
  7. 無選択型保険

1,定期保険

定期保険とは5年や10年など保険期間を決めて契約し、その期間内に死亡または高度障害状態になったときにのみ死亡保険金や高度障害保険を受け取れる保険です。

  • 期間と保証内容を限定しているため保険料が安い。
  • 終身保険や養老保険などの特約として付加できる。
  • インターネット上で契約を完結できるものもある。

保険期間は5年、10年、20年など年数で満期を設定する場合と60歳、70歳など年齢で設定する場合がありますが、年満期設定のものは、健康状態にかかわらず自動更新によって継続できるものが多いです。

また、期間の経過に応じて保険金額が減っていく逓減定期保険や逆に経過に応じて保険金額が増えていく逓増定期保険や保険金を一時金ではなく、年金として受け取るスタイルの収入保障保険(生活保障保険)など、定期保険にはいくつかのバリエーションがあります。

そして、病気になるリスクが小さい健康体の人ほど保険料が割り引かれるリスク細分型の定期保険もあります。

注意点▼

※解約した時点で責任準備金がある場合は返戻されます。(長期契約の場合)

2,終身保険

死亡保障・高度障害保障を目的とした保険であり、解約しない限り一生涯その保障が得られます。

  • 保険料は高い。
  • 一生涯保障が続く。(必ず保険金が受け取れる)
  • 年金や介護保障に移行できるケースもある。
  • 解約返戻金を受け取ることができる。

保険料の払込み方法には、有期払込と終身払込、一時払いがあります。

終身払込を利用するケースとしては毎回の保険料の負担を軽減できるというメリットはありますが、払込総額は増えます。

また、契約当初の一定期間、保険料を低く設定し、期間経過後の保険料を高く設定するステップ払込方式もあります。

終身保険は養老保険などのように満期がありませんので、満期保険金を受け取ることは出来ません。

しかし、保険料のうち積立部分に充当される金額が多いので、途中で解約すると加入期間に応じた解約返戻金を受け取ることが出来ます。

有期払込の場合、保険料の払込終了後も当然に保障が継続しますが、それを年金や介護保障に移行するなど、いくつかのコースを選択できる場合もあります。

3,利率変動型積立終身保険

利率変動型積立終身保険は保障設計が自由であり、保障内容を見直す必要が生じた場合、転換や増減によるのではなく、契約の内容そのものを必要に応じて見直していくタイプのものです。

なで

なぜそうしたことが可能なのかというと、この保険は利率変動型積立終身保険と定期保険特約などの保険部分からなっているからです。

したがって、保険料の払込期間中は、定期保険特約や医療保障特約などの保障のみで終身の保障はありませんが、保険料の払込が終了した時点で積立部分にプールされていたお金を元にして終身保険などに移行する仕組みになっています。

また、予定利率が固定されていた従来の保険とは異なり、所定期間ごとに見直されます。

注意点▼

※設計の自由度が高い商品だけに、ライフプランとの整合性が特に問われる商品。

4,定期保険特約付き終身保険

一生涯の保障に定期保険を特約として付加したものが、定期保険特約付き終身保険です。

  • 定期保険特約の付加期間中は高額な保障が得られる
  • 定期保険特約の期間終了後も一定の終身保障がえられる

定期保険特約付き終身保険には満期時に定期保険部分を自動更新する更新型と払込期間を保険期間とする前期型があります。

加入当初の保険料は前期型の方が高い。

更新型は更新時に更新時の年齢に従って保険料を再計算するので保険料がその都度アップする。

注意点▼

※主力商品を利率変動型積立終身保険に切り替え、販売を中止にする保険会社が増えている。

5,収入保障保険

収入保障保険とは保険金を一時金ではなく、年金というかたちで受け取るタイプの保険のことです。

保険会社によっては生活保障保険、あるいは家族収入保険などと呼んでいます。

この保険は単独のものと、利率変動型積立終身保険の特約として付加されているものがあります。

保険金の受け取り方には、5年、10年、15年、20年などのほか、年齢が設定されている場合がありますが、いずれも受け取りには、最低保障年数が設けられています。

したがって、もし仮に年金の受取り回数が満期までに満たされなかったとしても、最低保証年数分の年金は受け取れることになっています。

例えば、最低保証年数を10年で設定した契約において被保険者が満期までの期間を5年残して死亡した場合には、最低保証年数分である10年分(残り5年分がプラス)の年金を受け取ることができるということです。

参考▼

なお、保険金を年金というかたちではなく、一時金で受け取る選択もできますが、その場合は、年金で受け取る合計額よりも保険金は減額されます。

6,条件体保険

条件体保険とは、健康状態に問題があり通常の条件では加入できない人のためのものです。

生命保険会社によっては、限定告知型・条件緩和型などとも呼ばれています。

なお、通常の生命保険で条件体とされた場合には、特別条件付保険特約を付保することで対応がなされます。

主な特徴としては、以下のことが挙げられます。

  • 告知書だけで危険選択が行われるので、医師による審査は必要ない。
  • 条件体であるため通常の保険に比べて保険料が高い。

終身保険

契約後一定期間内に死亡すると、経過年数に応じて一定割合しか死亡保険金が支払われない。

医療保険

契約後一定期間内に支払い事由に該当した場合、給付金が削減される。

そして、終身保険の場合は、ケースによっては受け取れる死亡保険金よりも、支払う保険料総額のほうが多くなることもあります。

しかし、契約を条件体に限定しているため、同じ条件の人であれば、無選択保険(健康状態のいかんを問わない)よりは安くなります。

7,無選択型保険

無選択保険とは、健康状態のいかんを問わず加入できるタイプのものです。

生命保険会社が危機選択を行う保険で、終身保険や医療保険に多く用いられています。

  • 危険選択を行わないので、医師診査も告知書も不要。
  • 無選択型であるため、保険料は高い。
  • 終身保険:契約後一定期間内に死亡すると、既払込保険料相当額しか保険金が支払われない。
  • 医療保険:既に発生している病気などに関しては不担保になるケースもある。

通常の保険に加入することができる人からしてみれば、割高になるなどの問題がありますが、生命保険会社からすると、健康な人も一定程度加入することを前提としています。

健康な人がまったく加入しなくなると、収支相当の原則が成り立たなくなる恐れがあるからです。

契約者サイドからしてみれば、まったく納得の行かない話です。

保障性と貯蓄性を兼ね備えた保険

保障性と貯蓄性を組み合わせた保険には以下の3種類があります。

  1. 養老保険
  2. 定期保険特約付養老保険
  3. 生存給付金付定期保険

1,養老保険

契約満期までの保険期間中に死亡または高度障害になった場合には保険金として支払われ、満期の時点で生存していた場合には、死亡保険金額と同額の満期保険金を受け取れるものが養老保険です。

つまり、養老保険とは、同一保険期間で、死亡保険金と生存保険金が同額である定期保障と生存保障を組み合わせたものです。

保険料の大部分が積立に充当される貯蓄性の高い保険商品です。

しかしながら、長引く低金利の影響もあって養老保険の貯蓄性は低下しており、以前のように貯蓄を目的に加入するケースは少なくなっています。

2,定期保険特約付養老保険

養老保険に定期保険特約を付加したものです。

保険期間中は高額な死亡保障が得られ、満期時には満期保険金が受け取れる仕組みになっています。

3,生存給付金付定期保険

定期保険の一種で、2年、3年、5年などの一定期間ごとに祝い金やボーナスなどの給付を受け取るタイプの保険商品です。

保険契約が継続している限り、生存給付金が支払われますが、定期保険のみの場合よりも保険料が高い。

貯蓄性の保険

貯蓄性に重点をおいた保険商品は以下の2種類です。

  1. こども保険(学資保険)
  2. 貯蓄保険

1,こども保険(学資保険)

子どもの教育資金の準備を目的にした保険商品です。

契約者は親、被保険者は子どもといった形になりますが、親も被保険者としての性質を持つ連生保険でもあります。

15歳、17歳といった一定年齢に満期を定め契約、満期になるとまとまった保険金額を受け取ることができる仕組みになっています。

その他、子どもの入学時毎に生存給付金(祝い金)を受け取ることができるものや大学時代に保険金を分割して受け取ることができる商品もあります。

契約者である親が死亡した時は、それ以降の保険料の払込は免除となり、契約内容はそのまま継続されます。

また育英年金や養育年金と呼ばれている特約を付帯できる商品もあります。

貯蓄性の高さに重点を置いた保険会社では、子どもが死亡した場合は、既払込保険料相当額が支払われるのが一般的です。

2,投資性の強い保険(変額保険)

変額保険とは、加入後の運用状況によって保険金額が変動するタイプの生命保険です。

変額保険以外の保険は一般勘定で運用されていますが、変額保険の場合は他の保険商品とは区分して特別勘定で運用されています。

注意点▼

※特別勘定とは、生命保険会社の資産・負債を経理するための勘定のうち、変額保険等にかかわる資産・負債を経理するために区分された勘定のこと。

変額保険は運用がうまくいけば加入当初を上回る保険金を受け取れ、逆にうまくいかなければ運用積には契約者が負うことになりますが、その場合でも死亡保険金には最低保障があるので、それを下回ることはありません。

変額保険には満期のある有期型と満期のない終身型と2つのタイプがあります。

有期型の場合には運用の良し悪しには関係なく満期が到来しますので、タイミングによっては損失を被ることもあります。

終身型の場合、運用状況が悪い場合でも、基本保険金額だけは最低保障されています。

次回はライフデザインと個人年金保険商品のミスマッチについてです。

ではまた。

日本FP協会 CFP®教育カリキュラムに基づき作成しています。

ご相談・お問合せ

ライフデザイン、キャリアデザイン、キャッシュフローの改善・創造、ビジネスに関するご相談を承ります。
お気軽にお問合せください。

MSID研究所