気楽に快適に無理をせず「自然」に調和して生きるために。

私たちの体のどこを捉えても、持って生まれた傾向に導かれ、外界の環境とユニークに関わっている。

そして、その傾向に従うことも、それを修復することも選択できる。

これは私が人生設計について考える際の指針にもなっている。

クライアントの今後について、どのような選択をすればいいのか。

どのようなことに気をつければいいのか。などなど・・・

統計学の一部である占に頼っている人はたくさんいるが、体質に目を向けている人は稀だ。

彼らはこう言っている。

「持って生まれた傾向に無謀に逆らって生きるのは不自然だ。気楽に快適に無理をせず「自然」に調和して生きるためには、自分のユニークさを尊重する必用があるのだ」と。

だから、彼らの視点は、今患者がどのような「病気」にかかっているか?

ではなく「患者はどんな人か?」ということに注力している。

つまり、その人が、どんな体質をもって生まれてきたのかということだ。

また、体質に関する彼らの定義は、通常のそれとは異なる。

彼らはそれを「プラクリティ」と表現する。

プラクリティとはサンスクリット語で、直訳すると「自然」。

彼らはそれを「心理・生理的な体質」と考えているようだ。

彼らが最初に知ろうとすることは、患者の訴えや症状ではなく、患者の自然(心理・生理的な体質)だ。

それは、私たちの体に組み込まれている傾向を示すブルーシート(青写真)のようなものだろう。

例えば、コップ一杯(200㌘)の牛乳(普通)には134キロカロリーが含まれている。

このカロリーを主に脂肪を蓄えるために使う人もいれば、その大部分をエネルギーに変換する人もいる。

子どもはミルクからカルシュウムを吸収して新しい骨を形成する。

しかし、大人は同じカルシュウムを腎臓を通して排泄する。

この過程において上手く処理することができない人は、腎臓結石を形成し、それが例の激痛の原因にもなる。

つまり、こうしたプロセスが体質によって大きく変容する。

だから、、、、

  • その人にとってどんな食事や運動や治療が助けとなるのか
  • どんな方法が役に立たないのか
  • あるいは害になるのか

などを知る必用があるというわけだ。

例えば、チーズをたっぷり使ったピザは私の大好物だが、動脈の病気が進行している人にとっては命取りになる。

摂取した脂肪が、血管を狭める血栓に加わって、取り返しのつかない事態を引き起こしかねないからだ。

逆に体重を増やさなければならない人にとって強い味方になる。

自分がどのような体質をもっているのかを知る。

それは、何を食べたらいいのか?

その回答にもなる。

つまり、自分の体質を知ることが、「完全なる健康」への第一段階になるのだ。

それではまた。

お試しカウンセリング
初回カウンセリング

適切な方法が分からない、わかっていてもなかなか実戦出来ないでいる方・・・

あなたの所得増・資産形成プロセスを確りサポート!

私があなたに提供できること、それは・・・・

  • 支出を最適化する。
  • わずかな時間で収入を増やす。
  • 10%にも満たない小さな改善を10倍以上の成果につなげる。
  • FIREFinancial Independence, Retire Early)実現。

まだまだありますが、それらを実現するための方法と経験です。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします