たったひと粒の血栓が人生設計を狂わせることもある

昨年3人の友人が続けざまに心筋梗塞(しんきんこうそく)で倒れ、3人共バイパス手術を受けている。

こうしたことが人生設計を狂わせる切っ掛けになりやすい。

一昨年は心筋梗塞で倒れた友人が54歳という若さで亡くなってしまった。

大抵の場合は、心臓に酸素を運ぶ冠動脈が血栓で塞がれて心臓病になる。

そして、その経過や症状には著しい個人差がある。

個人差とは、体質のみではなく、その体質が基礎となって選択していく環境や心理も含む。

参考事例▼

ある人はたったひと粒の小さな血栓によって狭心症、つまり冠動脈疾患に特有のしめつけられるような胸の痛みの原因となるが、流れがほとんど止まっている状態でも何にも感じない人もいる。
冠動脈の内径の85%が塞がれた状態の人がマラソンで完走したという例もある。一方で、何の支障もないきれいな血管の人が、心臓発作によって急死してしまったという例もある。

経験は、病気に対する私たちの身体の抵抗力は実に様々だということを教えてくれる。

同時に、同じ症状に同じ調合の薬剤を投与し同じ治療を施してもいいのか、という疑問も生じてくる。

また、免疫力に大きく影響する情動の存在も忘れてはならないだろう。

社会環境が情動に作用して起こる病気もある。

たとえば、うつ病、強迫神経症、心身症、拒食症などなど。。

そして校内暴力や登校拒否、過労死もその一部と考えられるだろう。

本質的な痛みを受け入れられるのか!?

心理学の本には、よく下記のようなことが書かれている。

病気になること、年をとること、死ぬことをうけいれられるようになると、生きるということに対して障害が軽減でき、うまく適応できるようになる。

本当にそのようなことが可能なのだろうか?

本能をダイレクトに刺激するような痛みを心底受け入れ、適応できている人間がいるのだろうか?

という疑問を私は抱かずにはいられない。

なぜなら何千人という人たちと接してきた中で、それが出来ていると感じた人は私も含め一人もいなかったからだ。

私が単に鈍感なだけなのかもしれないが、師匠筋に当たる何人かの高僧の方からもそれを感じとることはできなかった。

一説によると、病気についてあれこれ気にしている人の方が病気になりやすいそうだ。

参考事例▼

因みに父は、健康であることに常に気を配り、あらゆることに真面目に取り組む人だったが、2度の大病の後、72歳で他界した。

母は全くそうしたことに気を配る人ではないが、病気になることもなく、私と一緒にモンサンミッシェルに行った時(母84歳)にこわしてしまったひざまで蘇生(そせい)させ、今も太極拳の教室に通い、毎日元気に家事をこなしている。

お試しカウンセリング
初回カウンセリング

適切な方法が分からない、わかっていてもなかなか実戦出来ないでいる方・・・

あなたの所得増・資産形成プロセスを確りサポート!

私があなたに提供できること、それは・・・・

  • 支出を最適化する。
  • わずかな時間で収入を増やす。
  • 10%にも満たない小さな改善を10倍以上の成果につなげる。
  • FIREFinancial Independence, Retire Early)実現。

まだまだありますが、それらを実現するための方法と経験です。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします