起業
masa

こんにちは、MSインテグラル・デザイン研究所の斉木です。 今回は、起業して成功した人の基本ステップについて解説しましょう。

キャリアデザイン研究:起業

なぜ、起業で失敗してしまうのか?

実は私のことです。

3度も起業してますからね。

失敗の原因を知る前に、まず成功者といわれている人達と何が違うのか?

成功者の行動を7つのステップに分割して解説します。

それにあたって、まずそのベースとなっている基本的なルールからお話します。

イノベーション⇒数値化する⇒マニュアル化する

ビジネスの基本なルールはこの順番だ!ということです。

イノベーション(革新)

  • 新しいことや物を生み出すという意味ではなく、既にあるものを焼きなおす。
  • システム化する、モデル化する、やり方を変える。

といったところが無難でスピーディーな方法です。

数値化する(測定基準)

  • 漠然としていて再現性のない偶然発生した現象ではなくなる。
  • 測定基準があるので改善しやすくなる。

行っている事が数値化されていないとしたら、生産性は向上しません。

マニュアル化する

  • 誰が行っても同じクオリティーが実現できるようになる。
  • クオリティーが安定すれば売上も安定する。

売上を安定させたいのであれば、クオリティーを一定に保っておく必要がある。

売上を増やしたいのであれば、クロリティーを改善する必用があるということです。

それでは、これから起業を成功させるための7つのステップを見ていくことにしましょう。

まず始めに事業の目標を考える時に一番大切なことを明確にしましょう。

いちばん大切なことは何か?

一番大切なことは、「あなたがどんなことに一番価値をおき、どんな人生を望んでいるのか?

その答えではなく、「この問そのもの」です。

  • あなたは、あなたの人生にどんな望みを持ってますか?
  • そして何に一番価値をおいているのでしょうか?

売上、利益、仕事、人、仕組み、どれも必要なことですが、

それらは、一番大切なことではありません。

実績を残す人は、明確な人生の目標を持ち、それを実現するために毎日努力、精進しています。

私は途中でこれらを怠ったため2度も窮地に追いやられました。

例えば、

  • 優良企業は確りとしたビジョンを持ち続けている。
  • 常にそれを尺度として事業のあり方を修正し、改善し続けている。

変化に上手に対応し続けているのです。そうしなければ生き残れないからです。

一方、失敗してしまう人は、

  • 安定志向のため変化に対する対応力はとても低い。
  • その根底には、組織や環境に依存せざるを得ず、自立した生き方がなかなかできないという事情がある。

グローバル化が加速している今日、優秀な人材が世界中から日本に集結してきています。

そのため、大手はアウトソーシングの比率を益々増加させていく事でしょう。

なぜなら、プロはプロ同士共生させた環境の方が圧倒的に生産性が高いからです。

優秀な人材は社内で雇用するべきだという時代は終焉に近づいています。

ですから、クライアントが組織に所属している場合は次のような質問をすることがあります。

今から6ヵ月後にあなたの勤めている会社がなくなったらどうしますか?

そのようなことを私は一度経験しています。

既に起業している人には、明日あなたの主要取引先が倒産したらどうしますか?

と質問します。あなたならどう対処しますか?

こちらも2度ほど経験したことがあります。

もう一度言います。

あなたにとって一番大切なことは何か?

それは「この問い」そのものです。

ビジネスを成功に導くための重要な質問

これから起業する方も、既に起業している方も是非、今日から自分に問いかけていただきたいことがあります。

それは、、

  • 私はどんな人生を望んでいるのだろうか?
  • 私はこれから毎日どんな生活を送りたいのだろうか?
  • 人生において大切にしているものはなんだろうか?
  • 周囲の人達とどのように関わっていきたいのだろうか?
  • 他の人達からどのように思われたいのか?
  • 1年後、3年後、10年後、そして臨終のとき何をしていたいのか?
  • 人生の中でなにを追求したいのか?
  • 目的や夢を果たすためにいくら必要だろうか?
  • それはいつまでに必要なのか?

これらの質問は事業の目標を考えるための一部の質問に過ぎません。

これらの質問からあなたは何を感じ取ったでしょうか?

そう、事業の目標は、人生の目標と切り離せない関係にあるのです。

今日からは、答えを探す旅はやめて、自分に「これらの問を立てる」ことを実践してください。

  • 旅に出る前に自分の持ち物をもう一度確認してほしい。
  • 外的環境というのは、内的環境が反映されたもの。
  • 客観といのは、主体が積み重なってできた解釈にしかすぎない。
  • ビジネスというのはノウハウやツールではなく、あなたの強みからスタートする。

そして、あなたの強みとは、人生の目的から始まります。

あなたが、自分の人生において成し遂げたいことは何でしょうか?

それは同時に、あなたがどんな人なのか、ということでもあります。

あなただからこそ成しえること、それは何でしょうか?

HAVE→DO→BEではなく、DO→HAVE→BEでもない。

つまり、BE→DO→HAVEの順番だということ。

 

ビジネスの測定基準を設定する

起業するために人生があるのではなく、人生のために起業する。

ですから、起業は人生をより豊かにするチャンスと考えるべきです。

つまり、目標設定はを設ける場合には、、、

あなたの人生における目標を達成するために、事業がどんな役割を果たすのか?

という視点から考えていく必要があります。

そして、この上位概念の目標は、一緒に仕事をする人達や取引先へのメッセージの役割も果たすのです。

ですから、”分かりやすい”ということが重要です。

この上位概念目標は、人生や事業における基準を集めたものであり、なおかつ達成度を計れるものでなければなりません。

それでは実際に目標基準を設定して行きましょう。

お金の基準

お金と云っても金勘定のことではありません。

売上でもまだ的を得ていません。

重要度の高いほうから並べるとすると、税引き後利益、経営利益、売上総利益ということになります。

  • お金の基準とはつまり利益目標のこと。
  • 露骨に表現すれば、そのビジネスから自分がいくらお金をもらえるかだ。
  • 従業員に払うお金でもなければ、取引先に支払うお金でもない。

ですから、お金の量のことではないのです。

質の高いお金をどれだけ自分がもらえるか。

要約すれば、「自分の生き方を全うするには、どれくらいのお金が必要か

つまり、そういうことです。

事業価値の基準

その事業が第一の基準、「人生の目標を全うするだけの十分なお金を稼ぐことができるか」

を満たすことができるかどうかです。

もし、そうでないならば、いくら面白そうな事業内容でも諦めなければなりません。

なぜなら、事業は人生の目標を達成するためのツールであって、あなたの欲求を満たすためのものではないからです。

したがって、第一の基準が満たされそうにないのであれば、違う事業を探す必要があります。

例えば・・・・「その事業は多くの人が抱えている不満を解消できるものか?

つまり、どのような事業を目指すべきか?

顧客は誰なのか?

ということになります。

あなたの仕事はなんですか?

  • この質問に対して商品内容やサービス内容、職種を答える人が95%。
  • その価値について明確に回答できる人は、ほとんどいない。

この問いに対してあなたが提供するものの価値を明確に回答できないとしたら、業績は今一パッとしないはずです。

私の場合、

  • 個人分野では「所得と余暇を短期間で3倍以上にする仕組みづくりのサポート」
  • スモールビジネス分野なら「高契約率化、高継続率化によって、集客が不要になるビジネスを180日で構築」

ということになります。

「あなたの顧客は誰ですか?」

に対してこれまでは、顧客の属性分析、ペルソナ等がセオリーでした。

しかし、これらはあくまでも顧客意識下へのアプローチとしては有効ということです。

実は購買時に顧客が意識できているのは全体の5%以下でしかありません。

今よりももっと脳化学は発達してきたら0コンマの領域になるかもしれませんが・・・・・

つまり、95%以上の顧客は自覚のないまま購買を判断しているということになります。

購買理由は後付けされた理論に過ぎないということが最近の脳化学(アメリカ、日本の予算の20倍の研究費)研究で明確になってきています。

ちょっと脱線しました。話を戻します。

上記の他に管理基準、営業基準、業務基準、顧客基準などの設定も必要になる場合もあるでしょう。

次回は「たった一人の個人事業主だったとしても、仕事の役割を明確にした組織図が必要」です。

ではまた。

ご相談・お問合せ

ライフデザイン、キャリアデザイン、キャッシュフローの改善、創造に関するご相談を承ります。
お気軽にお問合せください。

MSID研究所