「インテグラルデザイン」タグの記事一覧

インテグラルデザイン研究:タイプ、その成長プロセスと違い

インテグラルデザイン研究
インテグラルデザイン

インテグラル・デザイン研究:タイプ 2つのタイプとは男性性と女性性のことだ。 そして、そこには二つの基本的な概念がある。 タイブそれ自体にかかわるもの。 タイプの一例としての男性性や女性性にかかわるもの。 そして、タイプとはどのような段階や状態にも実際に現前し得るものだ。 MBTIという考え方 たとえば、よく使われる類型論にMBTI という理論がある。

インテグラルな視点から発達を監督し、自分の可能性の中で何が最大値なのかを知る。

インテグラルデザイン研究
インテグラルデザイン研究

インテグラル・デザイン研究:発達ライン 私たちは偏った発達の仕方をしている。 そのことに気づいている人は少ないだろうが実際そうなのだ。 たとえば、論理的な思考力は非常に発達しているが、感情面は未発達だったりする。 そう感じさせるような人に、あなたも出会ったことがあるだろう。 非常に勉強はできるが、それ以外のことは幼い、といったことだ。 逆に感情面は非常にアダルトだが、勉強が苦手だという人もあるだろう。 極端な例を云えば、まともに足し算ができないということもある。 このようなことは、ハーバード大学の心理学者ハワード・ガードナーが1983年に提唱したMI(多重知性)理論などによって広く知られるようになった。

インテグラル・デザイン最適化! 発達レベル~体・心・霊という捉え方

インテグラルデザイン研究
インテグラル・デザイン最適化研究

ンテグラル・デザイン最適化の研究 私たちの意識というものは、起こってはまた消えていくものだ。 例えば、それが至高体験や変性状態てあったとしても、刺激的な体験であったとしても、それは起こり、しばしば留まり、そしてやがて消えてゆくものだ。 どのような素晴らしい意識でも、それは一時期のものだということだ。 しかし、ケン・ウィルバーが言うように、 意識が一時的なものであるのに対して、意識のステートは永続的だ。 ステートは成長と発達の道程における目印のようなものだからだ。 一度ある段階に到達すると、それは永続的なものとなる。 発達のレベル 例えば、ある子供が一度言語の発達段階に至ると、それ以降はずっとその領域へアクセス可能になる。

総体設計図最適化の研究!IDO(Integral Design Optimization )

インテグラルデザイン研究
インテグラルデザイン

パーソナル、キャリア、ライフ、キャッシュフロー4つの領域の全てを包括的にデザインし、最適化する方法、それがインテグラル・デザイン最適化、それがIDO式だ! 【オリエンテーション】 ここ40年間、私たちは歴史上今までに体験したことがないことを目撃してきた。 私たちが望めば、瞬時にして世界中の文化を知ることができるようになったのだ。 わざわざ現地へ行かなくても、ネットを経由して世界中の様子をある程度まで認識することも可能になった。 それ以前は、一定の領域内で学び、悩み、争い、愛を育み、一生を終えるというパターンが大方の慣習だった。 しかし、今では地理的な移動が短時間で可能であるばかりか、地球上のほぼすべての様子を一瞬で知ることができる。 また、その恩恵によって色々なスタイルや時間帯で学習することもできるようになった。

キャリアデザインの80%は偶然の出来事によって決まるって本当ですか?

キャリアデザイン
ミッドライフ・クライシス

「キャリアデザインの80%は偶然の出来事によって決まる」これは、スタンフォード大学のジョン・D・クルンボルツという教授が、多くの事例から導き出した結論。 彼は、キャリアを形成していくための努力のほとんどが、偶然の出来事によって台無しになってしまう、ということを言っているのだろうか? 安心して欲しい、決してそのようなことはならないからだ。 では、偶然に起こる80%をコントロールすることは不可能なのか? 大丈夫!100%ではないが、コントロールすることは十分可能だ。 では、キャリアデザインとは何か? キャリアデザインと聞いて、あなたはどのようなことを想い浮かべるだろうか?

ページの先頭へ