「キャッシュフロー」タグの記事一覧

個人の強みが活かされた、シンプルでしかも強力な仕組みを創造しよう。

キャッシュフローデザイン
ライフデザイン

大企業は後発でも、先行する中小企業を追い抜いて市場を牛耳るだけの力を備えています。 彼らは大概、小規模ビジネスを尻目に、そのお金を奪い取っていきます。 ですから、日本人が大好きな概念、共存共栄!そのような言葉は、この日本でも死語になりつつあります。 環境が大切・・・その出発点のほとんどは企業の反映と利益のためです。 今、あなたが暮らしているエリアを眺めてみても一目瞭然でしょう。 私もそのような光景をたくさん目にしてきましたし、自らも体験してきました。 活気に溢れていた商店街は、シャッター通りへと様変わりし、庶民の憩いの場であった個人経営の喫茶店もどんどんなくなり、大半のガソリンスタンドも消えてしまいました。 実のない政治家ばかり増加し、グローバル化は益々加速し、日本経済は衰退し続けています。

自由な時間を増やしながら、確実に潤沢な資産形成ができる秘訣

キャッシュフローデザイン
コーチング

あなたがこれからご覧になろうとしているものは、現在のトップクラスのキャッシュフロー・クリエイターたちによるテストと研究成果の一部です。 またこれは、私がこれまで限られたクライアントのみに明かしてきた秘密でもあります。 限られたクライアントとは、起業して成功したり、資産を10億円増やしたり、ビジネを大きく発展させた人たちのことです。 彼らは、自らのライフデザインを再構築するために投資を行い、成功した人たちです。 ですから、これをあなたの人生を充実させるためのガイダンスとしてください。 非常に価値のあるアイデアの数々が書かれています。

ライフサイクルと人的資本を考え合わせて資産運用を考える必用がある

ライフデザイン
ライフサイクル

ライフデザイン研究:人的資本と資産運用 個人の資産運用において、そのライフサイクルに即した組み立てを心がけていくことはとても重要です。 個人の資産運用は、機関投資家の場合と異なり、その運用期間が有限であるという点にあります。 機関投資家の場合は、例えば年金基金に代表されように、その制度が存続する限り永続するため、時間的な制約を受けることはまずありません。 一方、個人投資家の場合、 ライフサイクルに沿って消費と貯蓄行動が行われ その過程において資産が形成され 中高年を経て仕事から引退した後は、形成した資産を取り崩しながら生涯を終える というのが一般的なスタイルとなります。 そして残った資産は遺産相続というかたちで相続人に引き継がれます。 したがって、個人の運用期間は個人の寿命ということになり、その運用期間は有限ということになるのです。

投資信託が浪費信託にならないように運用設計を修正する

マネープラン
投資信託

投資信託の仕組: さて、資産運用の中でよく知られている商品といえば、なんといっても投資信託でしょう。 では、投資信託とはいったどのようなものなのでしょうか? 今回は投資信託の基本的な仕組みについて、解説していくことにしましょう。 金融資産運用研究:投資信託の仕組み 投資信託には、少額で多くの銘柄に投資できるという特徴があります。 ではなぜ少額で多くの銘柄に投資できるのでしょうか? まず最初に投資信託の商品が「投資信託運用会社」で作られます。 それを主に証券会社、銀行、郵便局などの「販売会社」を通じて販売します。 多くの投資家から集めたお金は、一旦ひとつにまとめられ、資産管理を専門とする、「信託銀行」に保管されます。 投資信託運用会社は、信託銀行に集めたお金をどう投資するのかを考え、その実行を信託銀行に指図します。 そして、運用会社の指図を受けた信託銀行が株や債券の売買を行なう という流れになっています。

私たちは2つの世界に挟まれ、もがきながら生きている。

キャッシュフローデザイン
デザインがカギ

人間の本質を知る 嘘の使える世界は、言葉によって誰かが作り上げた論理構造。 それによって支配されていると先ほど申し上げましたが、私たちは言葉以外からも支配を受けています。 その存在とは「本能」です。 そう、私たちは本能からの支配もうけています 言葉(論理)と本能(欲望・感情の源)とに挟まれ、私たちは生きています。 私たちは、この2つの間でバランスを取りながら暮らしています。 無意識という概念をkill そして、フロイトが無意識という概念を作り上げた瞬間から私たちの悩みは激増しました。 コントロールしようのない、善も悪もないその本能を論理構造の世界に引っ張りだしてしまったからです。

浪費をやめて浮いたお金を1年後に2倍に、さらに4倍にするにはどうしたらいいのか?

キャッシュフローデザイン
ファイナンシャル

「キャッシュフローを生みだす」と聞くと会計、お金の流れの改善、節税等、直接お金に関して何かプランニングするイメージが強いのではないでしょうか? いわゆる公認会計士さん、税理士さんと言った専門職を思い浮かべる方も多いことでしょう。 しかし、私が考える「キャッシュフローを生みだす」行為は、それらとは似て非なるものなんです。 もちろんキャッシュフローバランスの改善やファイナンシャルプランも1つの手法ですが、私が考えるキャッシュフローを生みだす行為とは「売れる力の創造」を意味します。

私たちは自分の特性を生かせない、虚の世界で游がされている

パーソナルデザイン
パーソナルデザイン方程式

本来のお金の流れを取り戻し、人生を充実したものにするためのには、収益性(生産性)を向上させる構造の中にいることががとても重要です。 例えば同じ進学塾や学校から優秀な生徒が続出するように、その環境におけるその”場の力”というものがあります。 ですから、あなたが自身の望みを叶えていくためには、目的を達成するという意志を持続させられる環境に身を置くことが大切です。 依存しないで場の力を活かす しかし、ここで大切なことは、場の力に頼りきってもいけないということです。 場の力を借りて、自分自身が努力していくという姿勢を決して忘れてはいけないのです。 なぜなら、成功者たちは基本的に他に依存しない傾向が強いからです。

成功者はネガティブ思考でありながら、セルフイメージが高い人

パーソナルデザイン
ネガティブ思考

結局、高かろうが低か ろうが、ネガティブであろうがポジティブであろうが、その人にとってシックリきているのであれば、何の問題ないはずです。 何処かの誰かさんが勝手に作り上げた固定点(定義)や基準に従う必要などないのです。 例えば、私はネガティブに思考する傾向がとても強いと他者から言われたことがあります。 今では、それが仕事をしていく上での特色にさえなっているのです。 「あなたはネガティブですね。」そう言われたことを、自分の強みだと解釈できたからです。 私たちの世界は、言葉と本能によって支配されている また、私の知る成功者のほとんどは、ネガティブ思考です。 ネガティブだと言われた私を基準にしているわけですから、彼らは相当なものです。

行動するか、行動しないかだ!そもそもその「問い」が間違っている

パーソナルデザイン
行動力

本を読んだりセミナーに参加して、いざ実行しようとしても具体的に何から始めたらいいのかがわからない。 自信が持てず、なかなか行動に移せないという経験はないでしょうか? 何かのプランを作成したものの、ほとんど実行しなかったという話はよくあることです。 私は今でも、時折そうした状態に陥ることがあります。 しかし、その対処方法がわかっているので、ながくても20分程度で元に戻ります。 でも、そうしたスキルのない人がほとんどなので、一般的には実行に移さないままお蔵入りするパターンが多いでしょう。 それはなぜでしょうか? なぜ、行動しようと思っても、直ぐに行動することができないのでしょうか?

ページの先頭へ