「ライフデザイン」タグの記事一覧

個人の強みが活かされた、シンプルでしかも強力な仕組みを創造しよう。

キャッシュフローデザイン
ライフデザイン

大企業は後発でも、先行する中小企業を追い抜いて市場を牛耳るだけの力を備えています。 彼らは大概、小規模ビジネスを尻目に、そのお金を奪い取っていきます。 ですから、日本人が大好きな概念、共存共栄!そのような言葉は、この日本でも死語になりつつあります。 環境が大切・・・その出発点のほとんどは企業の反映と利益のためです。 今、あなたが暮らしているエリアを眺めてみても一目瞭然でしょう。 私もそのような光景をたくさん目にしてきましたし、自らも体験してきました。 活気に溢れていた商店街は、シャッター通りへと様変わりし、庶民の憩いの場であった個人経営の喫茶店もどんどんなくなり、大半のガソリンスタンドも消えてしまいました。 実のない政治家ばかり増加し、グローバル化は益々加速し、日本経済は衰退し続けています。

ライフサイクルと人的資本を考え合わせて資産運用を考える必用がある

ライフデザイン
ライフサイクル

ライフデザイン研究:人的資本と資産運用 個人の資産運用において、そのライフサイクルに即した組み立てを心がけていくことはとても重要です。 個人の資産運用は、機関投資家の場合と異なり、その運用期間が有限であるという点にあります。 機関投資家の場合は、例えば年金基金に代表されように、その制度が存続する限り永続するため、時間的な制約を受けることはまずありません。 一方、個人投資家の場合、 ライフサイクルに沿って消費と貯蓄行動が行われ その過程において資産が形成され 中高年を経て仕事から引退した後は、形成した資産を取り崩しながら生涯を終える というのが一般的なスタイルとなります。 そして残った資産は遺産相続というかたちで相続人に引き継がれます。 したがって、個人の運用期間は個人の寿命ということになり、その運用期間は有限ということになるのです。

シングルマザー(母子家庭)というスタイルは、今や女性の1つの「生き方」

ライフデザイン
シングルマザー

シングルマザー(母子家庭)の支援について 現在、シングルマザー人口は120万人を超え、シングルマザーというスタイルは、今や女性の1つの「生き方」になったと言っても過言ではないでしょう。 ですが、シングルマザーを1つのライ・・・

FPとライフデザインのあわせ技で人生を謳歌する

FPについて
fpサポート

FPとは、多様な個人の環境にマッチするようなファイナンスをプランニングしていくことです。 もし、あなたが企業経営者や個人事業者であるなら、個人的なファイナンスと共に、コーポレートファイナンスに関するプランニングも「FP」の領域ということになります。 そして、FPにはもう1つ、ファイナンシャル・プランナーという意味もあります。 ファイナンシャル・プランナーとは、ファイナンシャル・プランニングを行う専門家のことです。 具体的に云えば、FP(ファイナンシャルプランナー)は、 必要に応じて、他のエキスパートたちの協力を得ながら 個人のライフデザインに基づくライフプランに沿って ファイナンスに関する包括的なプランを立て 実行・見直しを援助し続ける 専門家のことです。

ライフデザインの方程式:ハイクオリティな「縁」をプランニングする

ライフデザイン方程式
キャッシュフロー

今回もセルフイメージトレーニングについてだが、今回は番外編というカタチで、自己啓発系のビジネスなどで頻繁に用いられている◯◯法則や◯◯原則などについて、パーソナルデザイン塾で行っている内容も一部交えながら紹介しよう。 原則・法則を疑う 法則という言葉の解釈として「守らなければならない決まり。規則。おきて。」 「一定の条件下で、事物の間に成立する普遍的、必然的関係。」と辞書には書かれている。 また原則という言葉に関しては「多くの場合に共通に適用される基本的なきまり・法則。 」と辞書に書かれている。 辞書に書かれている解釈を鵜呑みにして、そのような類のものが本当にあると思い込んでいると、セルフイメージを改善する際に邪魔になる。 また、ライフプラン(人生設計)に支障をきたし、キャッシュフローを生み出す上で大変厄介な問題を作り出す。

ライフデザインの方程式:セルフイメージトレーニングを侮ってはいけない

ライフデザイン方程式
キャッシュ・フロー

プランニングには、キャッシュフローを始めとして、タイム、プライオリティー、KAIZENなどマネジメントに関するプランニングやファイナンシャルなどの資産形成向けのプランニングもある。 まず最初は、マインドセット(思考)にも大きく影響するセルフイメージトレーニングのプランニングについてだ。 セルフイメージによって、パフォーマンスに大きな違いが生じることは古くから言われていることで、業績や成績の70%以上はこのセルフイメージによるところが大きいという説もあるくらいだ。 クリエイティブで成功する自分が投影されている状態をつくる。 あなたは、セルフイメージというとどのようなことが思い浮かぶだろうか。 ネガティブ、ポジティブといった表現だろうか、あるいは性善説、性悪説などといった解釈だろうか。

お金の流れを自動化するために、単なる目標を◯◯に変える必要がある

ライフデザイン方程式

ライフデザインの方程式:目標をシフトする 前回の「セルフコントロールとゾーン設定」では、完璧なセルフコントロールという嘘のロジックについての話しから始まり、アチーバブルゾーン設定の重要性について話した。 優れた起業家は、最初からこうしたゾーンを嗅ぎ分けている。 だからこそ、自分のアチーバブルゾーンを意図的に構築していく必要があるということも伝えた。 そしてファイナンシャルについても、このゾーン設定のやり方を応用することで、同時に資産も増やせることを説明した。 今回は、なぜ単なる目標が測定基準に変わると富が最大化するのかについてから解説しよう。

お金の流量が激変するセルフコントロールとゾーン設定の方法とは?

ライフデザイン方程式
ライフデザインとキャッシュフロー

ライフスタイルの方程式:コントロール 前回の「障害を認識できない方が問題」では、私たちを悩ます多くのことは、下位概念の解釈に絡め取られることによって起きているにすぎない。 したがって、その上位概念を知って、そこから見渡してみたなら何もないことがわかる。 ということを極簡単に解説した。 今回は、下位概念で行われていることを少し解説していくので、これまでの考え方を踏まえた上で、それを俯瞰していってもらいたい。 そこで、前回登場した自己啓発系などで障害とされている代表的なものを再度掲載しておく。 セルフコントロールができていない 自己概念が低い 欲求充足の方法がわかってない 意思決定能力の不足 問題解決能力の不足 パートナー(協力者)が少ない 言い訳の癖 勉強不足 エネルギー不足 怠惰・ルーズ 上記の10種類だった。

ページの先頭へ