ファイナンシャル
masa

こんにちは、MSインテグラル・デザイン研究所の斉木です。 今回は、リソース0からでも大きなキャッシュフローを生み出す方法について解説しましょう。

「キャッシュフローを生みだす」と聞くと会計、お金の流れの改善、節税等、直接お金に関して何かプランニングするイメージが強いのではないでしょうか?

いわゆる公認会計士さん、税理士さんと言った専門職を思い浮かべる方も多いことでしょう。

しかし、私が考える「キャッシュフローを生みだす」行為は、それらとは似て非なるものなんです。

もちろんキャッシュフローバランスの改善やファイナンシャルプランも1つの手法ですが、私が考えるキャッシュフローを生みだす行為とは「売れる力の創造」を意味します。

売れる力を創造する

では、「売れる力」とは何でしょうか?

私は売れる力を「セールスとマーケティングをコントロールして縁を作り出し、そこで利益を生みだし続けること」と定義しています。

ですから、私が行なうキャッシュフローデザインは、単にキャッシュフロー改善や節税対策あるいはファイナンシャルプランといった一般的な方法に留まらず、その真意は新たなキャッシュフローを生み出し続けることにあります。

売る力(セールス)

売れる要素のなかでも「セールス(売る力)」は特に重要です。

  1. 「売る力」があれば、どこでもいけるようになる。
  2. 「売る力」があれば、自由な時間が増える。
  3. 「売る力」さえあれば、あなたが思い描いているほとんどの望みがかなう。

なぜなら、セールスはあらゆるビジネスの最上位概念だからです。

マーケティングもセールスの何たるかがわからなければうまく機能しません。

「売る力」が弱い状態では、大きなキャッシュフローを生み出すことは出来ないのです。

なぜなら、売る力がないと、あらゆる効率が悪くなるからです。

もっとまずいのは、生産性が向上しなために情熱を失ってしまうことです。

特にビジネスにおいては、「売る力」が弱いとマネジメントの効果も薄れます。

つまり、他に優れた要素があっても、「売る力」が弱かったら採算の悪いビジネスになるということです。

例えば、ビジネスを成功させるために必要な要素を階層的に捉えると、、、

  1. セールス
  2. マーケティング
  3. キャッシュフロー
  4. マネジメント

という順序になるでしょうか。

売る力さえあれば、他のことはほぼ無用

ですから、極端な話「売る力」さえ強ければ、他のことはほぼ無用になります。

「売る力」がとても強かったとしたら、例えばそれがビジネスの場合は、、

  • マーケティングがシンプル化する
  • 自由な時間が激増する
  • 高い再現性が得られる
  • 出会う人のクオリテーが向上する
  • 数への依存度が激減して、ビジネスが高収益化する

という効果があります。

参考事例その1

当時28歳の彼は、国内大手の証券会社のサラリーマンでした。

大学、大学院とファイナンス分野を専攻し、その知識を基に証券会社でもそこそこ活躍していた様子でした。

その証券会社を1年後に退職し、一時的にアメリカに留学して物理学を学び直し、再度就職するというのが彼の当初の目論見でした。

その彼に私は、優先順位を変える提案をしました。

なぜなら、彼の才能に気づいてしまったからです。

つい衝動に駆られ、彼に起業することを勧めてしまったのです。

当然彼は当惑し、私との関係をその段階で打ち切りました。

しかし、その提案がどこかにひっかかっていたのでしょう。

再度コーチングしてほしいということになり半年後に再開しました。

才能は自分ではわからないもの。

私には、その人が見えてしまうと、つい勝手にストーリーを描いてしまうくせがあります。

当人にしてみれば、自分が描いていたシナリオと違う方向性の話をされたら興味が湧かなくなるのは当然でしょう。

したがって、中には断ち切られたままになっている関係もあります。

具現化できる可能性が薄いストーリーにそのまま付き合っていかなければならない。

私にとってこれほど苦痛に感じるものはありません。

逆にプライベートでは、無駄なことやパラノイアの世界観がとても好きです。

自分の欲望に従ってしか世の中を見ていない

人は自分の欲望に従ってしかシナリオを描こうとしないのが普通です。

そして、そのシナリの大方は「失敗の方程式」で埋め尽くされています。

ということで、彼のために描いたストーリーに沿ってシナリオを描き、それを実行してもらうことにしました。

一般的にコーチングというと伴奏するだけのイメージが強いと思いますが、私の場合はプランニングも行います。

時間がもったいないからです。

起業した直後に彼の労働時間は10分の1になり、その2ヶ月後には月換算で収入が1.5倍になりました。

またその2年後に彼の資産は10億円を超え、年収も10倍になりました。

私が彼にアドバイスしたのは「ビジネスのやり方」だけです。

その肝となるのが「売る力」ということになります。

「売る力」の本質とはなにか?

それでは、売る力の本質とは何でしょうか?

スキルを使って相手の望んでいないサービスや商品を強引にねじ込むことではありません。

買ってもらえるまで根性で通いいつづけたり、懸命に説得し続けたり、勢いに乗って高いテンションで売り切ることでもありません。

情熱的に語って相手の感情を動かすことでもありません。

ベネフィットを伝え商品メリットを押し出し、相手を煽ることでもありません。

あたりまえですが、自分都合の視点では何も売れません。

売る力の本質とは、顧客の類似性をいち早く見抜き、顧客の類似性に沿った言語で、これまで常識だと思っていたことが間違いであることを相手に気づかせ、相手とは違った階層の視点で、相手がまだ知らない世界の説明を行い、それによってまだ見えていない新しい未来を見せ、サービスや商品を通して、未知の世界(目的達成)へ相手を導いてあげることです。

コーチングやコンサルティング、或いはスピリチュアル系で言えば、相手がまだ気づいていない才能にいち早く気づき、それを自覚させ、その才能を開花させ、その発達度に応じてサービスや商品を淡々粛々と提供してあげることでしょう。

そうするためには、私たちの世界の構造を俯瞰する力が必要になってきます。

では、私たちの世界の構造を俯瞰し、より高い視点からアプローチしていくには、どうしたらいいでしょうか?

ズバリ・・・・「メタ認知力」を磨くことです。

この世界と人間の本質を知る

では、メタ認知力を磨くためにはどうしたらいいのでしょうか?

この世界と人間の本質を知り、その領域に切り込んでいくことです。

では、この世界とはどんな世界でしょうか?

あなたが今見ている世界とはどんな構造をしているでしょうか?

あなたが「確かにある」と存在を確信している、疑いもしないその世界とはどんな世界でしょうか?

「確かにある」と確信しているその世界は事実でしょうか?

結論から言えば、事実ではありません。

事実の外側にある言葉の世界

私たちが「確かにある」と確信している世界は事実ではなく、嘘の世界です。

「嘘の使える世界」です。

私たちが事実だと思い込まされているものは、実は論理構造に支配された言葉の世界です。

私たち以外の誰かが言葉で作り上げたルールの世界です。

あなたが常識だと思い込まされてきたものごとは、あなたのオリジナルの世界観ではなく、誰かが勝手に作り上げた言葉のルールに基づく世界です。

今はまだそのことを理解できないかもしれません。

信じられないかもしれませんが、私の主催する塾なり、それらの知識に触れているうちに、それが本当であると深く理解できる様になります。

なぜなら、あなたは、もうそのことに気付き始めているからです。

人間の本質を知る

嘘の使える世界は、言葉によって誰かが作り上げた論理構造。

それによって支配されていると先ほど申し上げましたが、私たちは言葉以外からも支配を受けています。

その存在とは「本能」です。

そう、私たちは本能からの支配もうけています

言葉(論理)と本能(欲望・感情の源)とに挟まれ、私たちは生きています。

私たちは、この2つの間でバランスを取りながら暮らしています。

無意識という概念をkill

そして、フロイトが無意識という概念を作り上げた瞬間から私たちの悩みは激増しました。

コントロールしようのない、善も悪もないその本能を論理構造の世界に引っ張りだしてしまったからです。

そのことによって、いろいろな心理面の研究が進んだことも確かです。

しかし、その一方で、返って悩みが増えたり、現実世界とは乖離した幻想の世界観に絡め取られる人達が激増したことも見逃せません。

眼力を養う

またそれにともなって、多くの分野とビジネスが生まれ、それらの商材に絡め取られる人達も驚くほど激増しました。

特にインターネットが普及してからというもの、その勢いはいよいよ加速し、デリバティブ(派生)の世界に投資する人が激増し、それ故に情報弱者と言われる人達が未曾有に広がりました。

これほど情報リテラシーの乏しい国が他にあるのかと思うくらい、情報弱者と言われる人達が激増しました。

情報、つまり言葉によって欲望をコントロールしようとする試みに絡め取られ、それに魅了された人達が溢れてきたわけです。

自己啓発という言葉に絡め取られた人たち

その代表的な存在が、自己啓発もどき商材に絡め取られた人たちです。

誤解しないでください、自己啓発を否定しているわけではありません。

自己啓発そのものは個人が成長していくためには欠かせないものです。

参考▼

そのことについては、(自己啓発とは「やがて緊急になるであろうこと」を見つけ出し、今からそれを実行すること)でも紹介しています。

私がビジネスを始めた頃、今から約29年(1987年)ほど前になりますが、その頃はこれほど複雑な世の中ではありませんでした。

皆、もっとゆったりと呼吸できていたような記憶があります。

平成に年号が変わり、バブルというものが露呈し始めた途端に、世の中が急に息苦しくなり始めました。

これはあくまでも私の個人的な考えですが・・・・

上手くいっている人との違い。

なによりも所得格差が広がりました。

ご存知のように、これは日本だけではなく世界中の現象です。

ジニ係数に見られるように、経済的に成功している人と、そうでない人の差がますますひろがってきたわけです。

このような複雑で矛盾に満ちた環境下にも関わらず、なぜ成功し続けている人達がいるのでしょうか?

なぜそうなれない人達がゴチャマンといるのでしょうか?

彼らは違う世界に生きている

見えている景色が違うからです。

彼らに見えているものと、そうでない人が見ようとしているものが違うからです。

したがって、同じ世界を見ていながら、彼らは別の世界を生きているのです。

では、彼らには見えていて、うまくいってない人達には見えていないものとは何でしょうか?

たくさんお金が流れているゾーンです。

うまくいってない人は、お金を得るために懸命に労働します。

そのように学校で教育されてきたからです。

エリートと言われる人達も例外ではありません。

決まった時間拘束され、与えられたノルマを達成するまでは、組織に認めてもらえないというきゅうくつな構造の中で働いています。

一方、彼らはお金がたくさん流れているゾーンがどこかを見極め、その流れを自分のところへ引き寄せる仕組みを作り出す方法を見つけ出し、その流れの中に身を置こうと努力しています。

年収より時給を意識する

最大の特徴は時間に対する考え方でしょう。

彼らは「時間」を非常に貴重なものだと解釈しているのです。

したがって、彼らは、労働時間やノルマよりも生産性を重視します。

その結果、時給が非常に高いのです。

想像してみてください。

例えば時給290万円を稼いでいる人のことを・・・・

年俸に換算すると軽く50億円を超えます。

従業員にそれだけの時給を払える組織は、私の知る限り今の日本には現存していません。

仕事の量は、完成のために与えられた時間をすべて満たすまで膨張する。

シリル・ノースコート・パーキンソン(政治学者)

ほとんど労働しない

その人は、月に5日ほど仕事をしています。

かといって他の日を遊んで暮らしているわけではありません。

ビジネスを創りだすことに時間を投資し、高額フィーを獲得しています。

彼にとってはあまり高額とはいえないのですが・・・

彼は、ネガティブ思考で四六時中ビジネスのことを考えています。

この人は、私の師匠のなので行動をよく知っているわけです。

そして、これは彼に限った話ではなく、このクラスの人は、みな同じような考え方を持っています。

もちろんすべて日本人の方たちです。

年齢も27歳~43歳と、私よりもお若い方たちです。

バリュー(価値)のある仕事をする

フェルミは数学にも長けていた。必要とあれば複雑な数学を駆使することもできたが、まずその必要があるかどうか確かめようとした。最小限の努力と数学的道具で結果へたどり着く達人だった。

とハンス・ベーテ(ノーベル物理学者)がエンリコ・フェルミを評してそういったことはあまりにも有名な話です。

これと同じことが彼らにも言えるわけです。

優れた道具で、しかも、いつでも引っ張り出せる道具をいくつか持っているからこそ最小限の努力で、最小限の時間で、高いパフォーマンスを生み出すことができるのです。

道具が錆び付いていたり、生産性の悪い旧式のものだったりすれば、質の高い成果は望めません。

そして、先ほどのベーテの言葉に、実はもうひつつのヒントが隠されています。

彼らは、捨てるもののほうが圧倒的に多い

ある意味そちらの方が道具より重要です。

今それをやる必要があるかどうか見極めることです。

何か事を起こすときには、はじめる前に不要なものを極力そぎ落としてからはじめることが鉄則です。

何をやるか、ではなく「何をやらないか」です。

これはドラッカーやスティーブ・ジョブズの考え方として、そしてまた、利根川進先生の名言としてもクローズアップされました。

それは、今本当にやるべきことなのか?

それは今ほんとうに必要なことなのか?

一度ご自身に問いただしてみてください。

答えよりも「問い」を磨いている

この時の注意事項としては、解の質を上げることにフォーカスせず、「問いの質」を上げることにフォーカスしてください。

優れた「問い」に良い解答はつきものです。

ですから、解の質より問の質を上げることが先決です。

問いそのものがズレていたら、そこから導き出された答えは正当ではないからです。

全体の2%未満が80%の利益を生み出すことを知っている

80対20の法則というのをあなたもお聞きになったことがあると思います。

きっちりと80対20と割り切れるものでもありませんが、、、、

また、80%は不要だから切り捨てろなんて考えがちですが、そういうものでもないです。

概ね80対20という数値はどの業種でもあてはまる確率だといわれています。

スモールビジネスに至っては、20%どころか全体の1%~2%が、利益の80%を占めているということがよく起こります。

私のビジネスで云えば、通販などはこの典型的な例と言えます。

2%ではありませんが、4%の人たちが全体の利益の80%以上を占めてます。

断っておきますが、売上ではなく利益です。

無理せずフローに従っている

フローに従っていただくと効用が最大化します。

フローと言ってもストックとフロー(流れ)のフローではなく、今やっていることに完全に浸り、精力的に集中している感覚

完全にのめり込んでいて、その過程が効率よく活動できている精神的な状態をここでは意味します。

ZONEとかピークエクスペリエンスなどとも呼ばれることもあります。

  1. それはお互いにとって有益なことなのか?
  2. それを自分でやる必要があるか?
  3. 削ぎ落とすことは出来ないか?
  4. 自動化出来ないか?
  5. 任せることはできないか?
  6. それを後回しすることはできないか?

以上のすべてをアウトソーシングすることは可能か?

これらのプロセスを習慣化しているのが彼らです。

そしてもう一つ重要な事があります。

それは、ファイナンシャルの仕組みをしることです。

彼らのような成功者であっても、実はその大半がファイナンシャルの知識に乏しいのです。

それは、ビジネス経験が豊富なキャッシュフローマネジメントの専門家が少ないからです。

金には繁殖力と多産力があることを忘れてはならない。

金は金を生む。

子が子を生み、さらにその子が子を産むというように、続くのである。

五シリングが六シリングになり、さらに七シリングが三ペンスになり、ついには一ポンドになる。

金は多ければ多いほど増えるし、利益は益々早く増大する。

一頭の雌豚を殺す者は、数千頭の子豚たちを殺すのである。

五シリング硬化を殺す者は、そこから生まれたはずのすべての硬化を殺すことになる。

すべてのポンド硬化を殺してしまうのだ。-ベンジャミン・フランクリン

ファイナンシャルの本質を知る

ファイナンシャルというと株や債券といった金融資産の運用、或いは不動産投資を思い浮かべる人が大半でしょう。

後者は不動産ですが、前者をペーパーアセットといいます。

ペーパーアセットは簡単に誰でも始められるという特徴がはありますが、それだけに収益率の悪い投資対象です。

中でも投資信託は収益性がとても低い金融商品です。

しかし、一般的には広く知られ、多く購入されている金融商品です。

つまり、一番収益性の低い商品に人気が集中しているのです。

では、なぜ、そのような間違った選択をする人が後を絶たないのでしょうか?

FPの構造を知る必用がある

これらの原因は、販売サイドがより多く儲かる仕組みになっているというところにあります。

参考▼

そのことについては、「投資信託が浪費信託にならないように気をつけよう。」や「お金の知識不足が原因で、ビジネスや人生に損失を招いていませんか?」で紹介していますので、ここでは詳述しません。

また、金持ち父さん、貧乏父さんの著者でファイナンシャル・リテラシーでよく知られているロバートキヨサキ氏は、彼の著書の中で「投資信託はポンジ・スキームだ」と言い切っていました。

因みにポジスキームとは詐欺商法のことです。

詐欺商法と断定してしまうのはちょっと乱暴な気もしますが、完全に否定もできないわけです。

それでは、投資対象で収益率が一番高く、しかも成功確率も高いものは何でしょうか?

不動産投資?先物取引?裁定取引?

いいえ、違います。

それは、ビジネスを所有することです。

さいごに▼

世界の富豪は例外なくビジネスを所有している

世界の富豪たちは例外なくビジネスを所有しています。

しかも、そのビジネスを所有している限りキャッシュフローが生み出され続けています。

そして、彼らはファイナンスの知識が半端ではありませんし、その筋の専門家を多く抱えています。

彼らは、ビジネスを所有することを大前提とし、お金そのものを回すことにも長けているので、富豪になったわけです。

赤字のビジネスもあるじゃないか!

赤字経営の会社も世の中にはたくさん存在しています。

では、なぜ赤字なのでしょうか?

それは、ビジネスを知っていても、ビジネスそのものが理解できていないからです。

参考▼

ビジネスについては、「ブレイクスルーLab」の方で詳しく解説していますので、興味のある方はご覧になってください。

ビジネスで時間とお金を浪費しないためにもビジネスそのものを理解することが必要です。

そして、バリューのある仕事をするためには、高い視点からビジネスを俯瞰していく必要があります。

ではまた。

インテグラル・デザイン最適化についてはこちらをクリック!

パーソナルデザイン塾についてはこちらをクリック!

※パーソナルデザイン塾入会権利:各コンサルテーション参加者またはP塾講義受講経験者に限ります。

P塾講義は毎月2回開催されています。受講を希望される場合はFacebook(ブレイクスルーClab)経由でお申し込みください。

メンバーから紹介がある場合、割引料金にて受講できます。詳しくはP塾メンバーにお尋ねください。

初回カウンセリング

何も準備していただく必要はありません。

お気軽にお申し込みください。

※即日のご対応はいたしかねますので、ご予約の際は7日程の余裕をもってご予約くださいますようお願い申し上げます。