2つの重要な気づき、「仕事量とお金は全く関係がない」ことと、「起業家であることと、起業家思考であることは異なる」こと、これらは私の人生において、大きなターニングポイントとなりました。

これらの気づきが、これまでのセルフイメージとコンフォートゾーンに与えた影響は計り知れません。

それでは、これらの要素がどのように組み合わさって、ビジネスとライフスタイルに進化をもたらしたのか、具体的なエビデンスを交えながらさらに深掘りしてみましょう。

お金と時間に対する新しい概念

これらの気づきは、「お金」と「時間」、人生の2大テーマに対する私の概念を変えました。

時間に対する概念が変わったことで、以前は忙しさに追われる日々だったのが、時間管理のテクニックを学び、飛躍的に時間を自由にコントロールできるようになりました。

具体的には、パレートの法則やプライオリティーマネジメントなどを活用して、最も重要なタスクに80%の努力を集中させるようにしたり、タイムブロッキングを用いて集中力を高めたりしました。

お金に関しても、消費行動が激減し、その分を投資へシフトすることができるようになりました。

このシフトは私の資産運用に大きな変化をもたらしました。

具体的には、時間に余裕ができたため、分析手法をテクニカル重視からファンダメンタル注視へとシフトすることができ、パフォーマンスが30%以上もアップしました。

複数の収入源とリスク分散

それから、複数の収入源を持つことによって、リスクを分散し、安定したキャッシュフローも実現しました。

私が選んだ収入源は、給与、コンサルティング、物販、塾、資金運用など多岐にわたります。

これらは安定した収入をもたらすだけでなく、ある収入源が減少した場合でも他の収入源で補えるというメリットがあります。

さらに、税制上の利点も活用しています。

例えば、事業収入に対しては経費を適切に計上し、税金を最適化。

給与所得に関しては、ご存知の通り給与所得控除の恩恵を受けております。

これにより、可処分所得が増加し、キャッシュフローがさらに安定し、長期的なビジネス戦略を考える余裕が生まれました。

起業家としての真の姿勢は、ビジネスにおける「ストック」に囚われることなく、「お金の流れを生み出す仕組み」を構築することです。

私の失敗と経験が示す通り、起業家として成功するためには、ビジネスのサステナビリティとキャッシュフローの安定性を確保することが不可欠です。

まとめ

私の人生とビジネスは、これらの気づきと実践によって、劇的に変化しました。

お金と時間に対する新しい概念、複数の収入源の活用、そして真の起業家としての姿勢。

これらが組み合わさった時、私の銀行口座は安定し、精神的な余裕も生まれました。

この一連のプロセスが、「お金の悩みから解放される」ということだと思います。

そして、このプロセスは、あなたにとっても、同様に適用可能です。

次回は、このパラダイムシフトをどのようにして実現するか、さらに具体的な方法を共有します。

お問合せ・ご相談
初回カウンセリング

資産形成について一緒に考えてみませんか?

ライフデザイン、起業、ビジネス、仕事の効率化など、資産形成に関することお気軽にご相談ください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします